2017年06月26日

御徒町に出来た「バーガー&パブ ChouChou POPON」に行ってきました

御徒町に出来た「バーガー&パブ ChouChou POPON」に行ってきました。




バー銀座パノラマ等のジオラマバーの系列のようで、
店内にはNゲージのジオラマがあると聞いてやってきました。

店の前からもジオラマが見えるので人が少したかっていました。

DSC_1993.JPG


DSC_2073.JPG

店は、そこそこ広く、バーのようなカウンター、外に向かって景色が見れるカウンター、
4人用のボックス席があります。

DSC_1996.JPG

カウンターの向こうには長ーい直線のレイアウト。
その外には、京浜東北線、山手線など実際の列車が楽しめます。

DSC_2007.JPG


DSC_2012.JPG

店の一番奥にはステージのような作りになっており、
イベントも出来そうです。

DSC_2018.JPG

夜はバーですが、昼間はハンバーガーが楽しめます。
1000円程度と値段は張りますが、かなりしっかりした、
ボリューミーなハンバーガーで食べ応えがあります。

DSC_2020.JPG

店の奥には鉄道グッズが売っているお土産屋さんもありました。

DSC_2052.JPG

窓際の席から見下ろすと御徒町の駅が丸見えです。

DSC_2072.JPG


店の中で目を惹くものが、この透明のループ。
レイアウトは基本的にはフィッシュボーンとなっており、
その端っこの折り返し部分が、この透明のループとなりますが、
LEDの装飾も有りかなり近未来的な雰囲気に仕上がっています。

DSC_2006.JPG


DSC_1998.JPG


DSC_2027.JPG


DSC_1997.JPG


店内のレイアウトは基本的にはKATOの線路とストラクチャ、ジオコレで構成されているようです。

東京タワーや、スカイツリー、浅草のような雰囲気の場所もあり、土地柄を考慮した構成になっています。
これだけの大きなレイアウトなので見ごたえもあります。
直線部分も長いですが、長い編成で走らせると結構良い感じです。

DSC_2038.JPG


DSC_2051.JPG


DSC_2031.JPG


DSC_2029.JPG


DSC_2015.JPG


DSC_2005.JPG


DSC_2014.JPG


DSC_2011.JPG


DSC_2013.JPG


DSC_2055.JPG




DSC_2036.JPG


DSC_2058.JPG

この直線が結構気持ちよいです。

DSC_2062.JPG


DSC_2057.JPG


DSC_2059.JPG

御徒町駅付近と地下鉄の浅草線ですね。

DSC_2060.JPG

ビックサイトとゆりかもめでしょうか。

DSC_2079.JPG


Nゲージのジオラマほどではありませんが、バーカウンターの方にはHOのジオラマもありました。
こちらは、昼間だった為か運転はしていませんでした。
夜はバーとなるので、その時にはHOゲージの運転がされるのかもしれません。

DSC_2046.JPG


DSC_2040.JPG


DSC_2042.JPG


DSC_2041.JPG



お値段は少し張りますが、Nゲージのジオラマと、ハンバーガーに満足です。
今回は、お昼に行ったのですが次回は夜に行ってみたいお店です。







posted by もひょ at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

アオシマのプラモデルDD51北斗星色を頂きました

訳あって会社の皆様よりアオシマのプラモデル、DD51北斗星色を頂いてしまいました。

以前から欲しかったので超うれしいです。


DSC_1973.JPG

鉄道物プラモデルというとHOスケールが多いのですが、
こちらは1/45でOJスケールとなっています。

凄いのは、この大きさなので、内部構造まで正確に再現しているのです。

DSC_1977.JPG


DSC_1974.JPG


DSC_1976.JPG

パッケージもでかい。RM MODELSと比べると箱のでかさが分かります。

DSC_1951.JPG

中の様子はこんな感じです。

DSC_1952.JPG

パーツの量が半端ないです。これでも重ねていますから、きちんと並べると恐ろしいことになりそう。

DSC_1959.JPG

エッチングパーツまで付属しています。

DSC_1957.JPG

そして、マニュアルも素晴らしい。
これを読むだけで満足しそう。最初のページはDD51の説明となっています。

DSC_1953.JPG

DD51の背景。

DSC_1961.JPG
連結面の配置図と、それぞれの意味。

DSC_1963.JPG

運転席の計器の配置まで説明されています。

DSC_1962.JPG

組み立てのページも実機の説明がキチンとされています。

DSC_1967.JPG

ATSの部品取り付けの箇所では、ATSがなんぞやという説明が書いてあり、
エアータンクの取り付けの箇所では、空気の冷却の為に周囲が網で構成されているなど
プラモ作成には関係ない情報もふんだんに記載されています。

DSC_1965.JPG

台車の箇所では梁の構造にも触れられています。

DSC_1970.JPG


DSC_1968.JPG



その他、冷却水の温度センサーは電子式では無く、ワックスの収縮により行われるとか、
ラジエーターが高温になったときには直接、水を拭きかけて冷却効率を高める装置があるとか、
ハンドブレーキはチェーンで台車のシリンダーに直結していて(空気ブレーキのように)空気が無くても
使用することが可能とか、使用している最中は忘れないように「手ブレーキ使用中」の札をかけるとか、
模型の作製とは関係ない豆知識が盛りだくさんです。

最後のパーツ紹介のページでは、各パーツの名前がちゃんと記載されており、
実車通りの部品構成であることが分かります。

DSC_1972.JPG



DSC_1971.JPG


マニュアルは全60ページの大作。

DSC_1956.JPG


完成するまでどのくらいかかるか不安ですが、とりあえず本日はマニュアルを見て満足。






posted by もひょ at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

トレインミュージアム長野と特急ゆむけりに乗ってきました

平日に、お仕事をお休みできるチャンスが出来たので、
以前から行きたかった、トレインミュージアム長野の見学と、特急湯けむりに乗りに行ってきました。





東京から長野まではもちろん新幹線。

DSC_1703.JPG

長野に到着。向かう先のトレインギャラリー長野は東口からバスに乗ります。

DSC_1711.JPG

バスで牛池まで来ました。

DSC_1712.JPG

周りは良い感じに自然たっぷり。山並みも綺麗です。

DSC_1827.JPG

1分くらい歩くとでかい看板が。。。

DSC_1715.JPG

入り口には、なんと踏切が!!

DSC_1821.JPG

駐車場の入り口には別の踏切が!、中には目印となる例の電車も見えます。

DSC_1822.JPG

長野電鉄の電車本物がお出迎え。

DSC_1717.JPG


建物は綺麗で立派。実は「トレインギャラリー長野」は、おそば屋さんと併設となっています。
看板には「ミニチュア鉄道模型館」の表示が。

DSC_1719.JPG

入り口を入ると、右と左で、おそば屋さんと博物館で別れています。

DSC_1800.JPG

博物館の方は有料ですが、おそば屋さんで食事をすると割り引かれるので、
食べる予定がある方は、お店の方に、そのことを言うと、先にオーダを取ってくれるので
割引料金では居ることが出来ます。

DSC_1801.JPG

中に入ると、そこそこ大きい。
お蕎麦屋さんの併設なので、オーナーの趣味が高じて開いたのかなと思いましたが、
そんなレベルでは無く、かなり気合いが入っています。
HOゲージのジオラマは、かなり大きくサイズは公表されていませんが九州鉄道記念館よりも大きいと思いました。

DSC_1757.JPG

観賞用の椅子も常備、ジオラマとの間はアクリル板かガラス板で仕切られています。

DSC_1724.JPG

定期的に運転ショーを行っていますが、それ以外の時間帯は、
お金を出せば運転することが出来ます。マスコンハンドルとスピードメーターが本物ぽくて凄いです。

DSC_1723.JPG

中央には制御盤がありました。天賞堂のサウンドシステムやパソコンなどが接続されており、
凄いシステムです。
但し、運転ショーの時には、ボタンをポチッと押すだけで全自動で、列車が次々と動き出しましたので、
この運転台はオーナが手動運転するときの物なのかもしれません。笑

DSC_1721.JPG

レイアウトは長野の街並みをイメージして作られています。
ストラクチャーはNスケールと、HOスケールが使われていました。

DSC_1725.JPG


DSC_1728.JPG

列車は、これでもかと言うほどに並べられています。
運転ショーでは、これらが順番に走行していきます。

DSC_1729.JPG


DSC_1727.JPG


DSC_1731.JPG


DSC_1754.JPG


DSC_1732.JPG


DSC_1749.JPG

もちろん、運転ショーの間は夜景も楽しめます。
また、ショーの間は自動なレーションとBGMも流れ、盛り上がります。

DSC_1776.JPG

照明も趣向が凝らされており、夜景も見ごたえありました。

DSC_1771.JPG


DSC_1770.JPG


DSC_1769.JPG

走っている列車は、新幹線やJRの列車、もちろん長野ゆかりの列車が沢山走っていました。
また、碓氷峠ゆかりの列車も走っていました。列車は、それぞれナレーションで説明してくれます。

DSC_1783.JPG

善光寺。

DSC_1782.JPG


DSC_1785.JPG


DSC_1780.JPG

ジオラマの後ろ側、背面はショーウインドウがあります。
こちらに展示されている車両ももの凄い。

DSC_1747.JPG

一瞬、IMONに来たような錯覚となるショーウインドウ。
かなり、密に展示されています。

DSC_1740.JPG


DSC_1735.JPG


DSC_1741.JPG

ショーウインドウの中を少しアップで写してみました。

DSC_1743.JPG


DSC_1742.JPG


DSC_1738.JPG


DSC_1793.JPG


DSC_1736.JPG


DSC_1794.JPG


DSC_1806.JPG


DSC_1748.JPG


DSC_1745.JPG


DSC_1807.JPG


DSC_1814.JPG


DSC_1819.JPG

なんと、電車の他にも沢山の展示品が。
もしかして、オーナーは収集マニア?

船の模型も沢山。

DSC_1791.JPG

写真では見えにくいですが、飛行機の模型も沢山。

DSC_1795.JPG

ミニカーも沢山。

DSC_1758.JPG


DSC_1751.JPG


DSC_1790.JPG


DSC_1796.JPG

戦艦のでっかい模型まで。

DSC_1797.JPG

ここまで見て満足。やっとお食事をとることにしました。
天ぷら蕎麦です。蕎麦は8割と10割があります。
もちろん、美味しい。ちゃんとした蕎麦屋さんなので、そば湯も頂けます。
ちなみに、食事をした人はコーヒーサービスです。

DSC_1809.JPG


DSC_1810.JPG

おそば屋さんから駐車場に置いてある長野電鉄の車両を見ることが出来ます。

DSC_1808.JPG


ここからは、トレインミュージアム長野を離れて、
長野電鉄の特急ゆけむりに乗りに行きます。
元々は、小田急ロマンスカーですが長野電鉄に譲渡され改造された車両です。
切符売り場の前にはグッズが。。。

DSC_1831.JPG

かなりピンぼけですがグッズも売っていました。

DSC_1833.JPG

長野電鉄の長野駅は地下駅。
一瞬小田急新宿か?・・・とは思わないか。。

DSC_1836.JPG

平日なので空いてます。

DSC_1837.JPG

前面展望席。前から3列目に座ることが出来ました。
この列車は特急ですが、座席指定では無いので早い者勝ちです。

DSC_1840.JPG

おー。素晴らしい展望。ビコム状態。笑

DSC_1845.JPG

山々の景色が綺麗。単線がまた風景に溶け込みますねぇ。

DSC_1843.JPG

特急スノーモンキー発見。元々は251系のNEXですね。

DSC_1848.JPG


DSC_1849.JPG

終点の湯田中駅に到着です。

DSC_1853.JPG


DSC_1856.JPG

湯田中は、温泉に入るニホンザルが居る地獄谷で有名なところみたいです。

DSC_1859.JPG


DSC_1865.JPG

駅の直ぐ横に立ち寄り湯があります。足湯は無料では入れます。

DSC_1867.JPG



DSC_1868.JPG

立ち寄り湯の楓の湯です。
長野〜湯田中の特急含めた乗車券と、こちらの楓の湯の入場券がセットになった切符を利用したので、
こちらにも立ち寄ってみました。

DSC_1871.JPG

楓の湯の中からも列車が見えるので、思わず写真を撮ってみました。

DSC_1869.JPG

帰りは一番乗り。笑

DSC_1876.JPG

前面展望の座席も誰も居ません。

DSC_1877.JPG

帰りは一番前の席を確保することが出来ました。\(^_^)/

DSC_1878.JPG

素晴らしい展望で長野満喫です。

DSC_1880.JPG







posted by もひょ at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

静岡グランシップトレインフェスタ2017に行ってきました!

今年も静岡のグランシップで行われたトレインフェスタに行ってきました。
4年連続になっちゃいました。(^_^;)


Nゲージ以外、HOゲージ、0番ゲージなどの、トレインフェスタに行った気になれる動画。



Nゲージをメインにした、グランシップトレインフェスタに行った気になれる動画。




それでは、まず東静岡駅を降りてワクワクしているところから。
毎年、似たような絵柄なので、去年と同じイラストかなと思ってしまいますが、ちゃんと毎年違います。

DSC_1595.JPG

何回見ても面白い形のグランシップです。

DSC_1406.JPG

建物前の広場では、例年通りライブスチームのSLが走っていました。
11時頃に到着しましたが乗車待ちのお子様たちの列が出来ており大人気でした。

DSC_1409.JPG

それでは、まずフロア一階に展示されているHOゲージ、0番ゲージなどのご紹介。
フロア一階は一番広い場所です。

DSC_1442.JPG

多くの倶楽部さんが来場者の子供が運転出来る様に配慮しているのですが、
ここの倶楽部さんでは、HOゲージの列車の中にモニターを入れて運転出来る趣向です。
運転台も本格的です。

DSC_1424.JPG

ここの倶楽部さんはZゲージ、Nゲージ、HOゲージと各ゲージが比較できるように展示していました。

DSC_1421.JPG

HOゲージは大きなレイアウトでノビノビ走らせていますので
シナリーまで作り込んだジオラマは少数派で殆どありません。
あっても、一部のモジュールのみジオラマ化していると行った感じが多いです。

DSC_1427.JPG


DSC_1435.JPG


DSC_1437.JPG


DSC_1436.JPG


DSC_1444.JPG

ここまで複々...線化するとかなりの迫力です。

DSC_1448.JPG


こちらの鉄道模型も毎年出展されています。
Gゲージですかね。このくらいの大きさだと凄い迫力です。

DSC_1446.JPG


DSC_1585.JPG

こちらはHOゲージですがストラクチャーがしっかり作り込まれており、
細かさを堪能できます。

DSC_1452.JPG


DSC_1451.JPG

次は3階ですが、こちらは鉄道会社のブースやお弁当屋さんのブースがあります。
朝も早かったので、こちらでお弁当を買って小休憩。

DSC_1458.JPG


DSC_1457.JPG


DSC_1459.JPG

こちらが三階から見た風景。お食事しながら下の階のレイアウトが楽しめます。
小さいのでよく見えないんですけどね。

DSC_1469.JPG


食事も終わり三階のレイアウトを見てみます。
ここから上はNゲージが殆どです。

デパートの上の屋上遊園地が秀逸です。

DSC_1473.JPG


DSC_1472.JPG

去年も沢山の写真を撮ってしまいましたが、今年も見入ってしまいました。

DSC_1468.JPG


DSC_1471.JPG


DSC_1461.JPG


DSC_1464.JPG

続いて六階。今年からだと思いますがJR貨物のオークションが行われていました。

DSC_1478.JPG

EF65のナンバープレートが20万円。欲しいけど。。。

DSC_1476.JPG

EF64は40万円なり。

DSC_1477.JPG

最後に十階。こちらはNゲージのジオラマが豊富に展示されています。

まずは、こちらのレイアウト。
毎年見ますが毎年見入ってしまう、もの凄く出来が良く作り込まれているレイアウトです。

DSC_1480.JPG


DSC_1481.JPG


DSC_1570.JPG


DSC_1571.JPG


DSC_1573.JPG

次は今年一番の着目、このレイアウトです。
去年もあったのかな〜ちょっと記憶に無いんですよね。

DSC_1502.JPG

架線が丁寧にひかれています。
手の込んだ構造物があると引き締まりますね。

DSC_1506.JPG


DSC_1504.JPG


DSC_1505.JPG

複線の架線、惚れますね〜。

DSC_1509.JPG


DSC_1507.JPG


DSC_1503.JPG

こちらも、今年始めてみました。
Zゲージを使用したジェットコースターです。実際に動くんです。

DSC_1544.JPG


DSC_1549.JPG

動きがスムーズなので動画でも撮影しちゃいました。



横には観覧車があるなど、遊園地の雰囲気が仕上げられています。

DSC_1542.JPG

こちらも自作のビルですが、かなり手間がかかっているはずです。
コレを作成しようと思った気持ちと、作成して実行力に脱帽ですね。

DSC_1541.JPG


続いては鉄ちゃんくらぶさん。
バックボードも良いんですよね。写真を撮ると角度によっては本物みたい〜。

DSC_1557.JPG


DSC_1558.JPG


DSC_1556.JPG


DSC_1555.JPG

その他、沢山の素晴らしいジオラマの作品たち。

DSC_1483.JPG


DSC_1486.JPG


DSC_1485.JPG


DSC_1487.JPG


DSC_1517.JPG


DSC_1499.JPG


DSC_1490.JPG


DSC_1511.JPG

このジオラマも何回も見ていますが滝や水の表現が良いんですよ。

DSC_1522.JPG


DSC_1523.JPG

DSC_1519.JPG


DSC_1529.JPG

こちらはKATOのGフェスにも展示されていました。
この坂をバスコレが登っていくんですよ。道路の作りや駅の下側など見どころも多いです。

DSC_1493.JPG


DSC_1528.JPG


DSC_1539.JPG


DSC_1527.JPG

十階には展望デッキ(というかガラス張りで外が見える)があり、見晴らしも最高です。

DSC_1479.JPG

そして、最後の十一階。
いつも、企画物の展示でしたが今年はプラレールでした。
お子様が大量に陣取っていました。

DSC_1560.JPG

トレインフェスタのイベントとして、南田さん、久野知美さんが来ていました。
写真を撮れるチャンスがあったので便乗して撮ってしまいました。

DSC_1591.JPG

これで、一応終わりなのですが、せっかくなので静鉄の長岡駅も見学してきました。

駅の反対側に行く時に東静岡駅から見える保線車両。

DSC_1596.JPG

長岡駅付近から見える静鉄の車両たち。

DSC_1597.JPG


DSC_1598.JPG


DSC_1602.JPG

そして帰り、偶然みかけた「トレインフェスタ号」
写真では難しいですがヘッドマークが「トレインフェスタ号」になっています。

DSC_1605.JPG

さらに、途中の熱海で気がついたのですが駅の標識が
伊豆クレイルに併せて花柄?になっている〜

DSC_1607.JPG







posted by もひょ at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

いすみ鉄道のレストラン・キハ 伊勢海老特急お刺身コースに乗ってきました

千葉県のローカル鉄道、いすみ鉄道の伊勢海老特急に乗ってきました。
今回は鉄道模型ネタはありません。

いすみ鉄道や房総中央鉄道館へは過去にも行ったことがありましたが
今回も東京駅から「わかしお号」で大原まで行きます。


DSC_1290.JPG


DSC_1283.JPG

あっというまに大原駅。いすみ鉄道と対面。

DSC_1293.JPG


DSC_1319.JPG

ムーミン列車らしく運転席にはムーミンがいらっしゃいました。

DSC_1309.JPG


DSC_1310.JPG

レストラン列車の出発の駅である大多喜駅に到着。
向こうに見える列車がレストラン列車で。急行のフラミンゴ号?の後ろに連結されています。

DSC_1318.JPG

席は指定席です。自分の席に着くと、お重箱やお手ふき、お品書きなどが用意されています。
これだけで、結構テンション上がりますね。
DSC_1337.JPG

列車の出発後、メインディッシュが配膳されます。
お飲み物は1人に2つずつ選べますので2人で参加すると4本つきます。
さすが、お刺身コースというなの通り、お造りは超豪華。伊勢海老も、お刺身とお焼きと2つあります。

DSC_1344.JPG

お造りは2人でこんな感じ。
1人一万五千円というかなり良い値段なのですが、内容には満足です。
正直、お造りが運ばれたときは「うぉー」という感じです。

DSC_1351.JPG

少し時間がたった後、たこ飯、伊勢海老の味噌汁、茶碗蒸しが配膳されます。
写真にはありませんが最後にはフルーツもありました。

DSC_1353.JPG

本日はあいにくの雨でしたが、車窓から、田んぼや、すれ違う列車などが楽しめます。
ただ、食べるのに夢中になるので、あまり外は見ていられませんが。。。

DSC_1342.JPG

途中途中の駅では、10分間程度停車する駅もあるので外に出て
周りを見たり、写真を撮ったりすることが出来ます。


DSC_1369.JPG


DSC_1373.JPG

レストランキハの列車は急行フラミンゴ号の後ろに連結されています。

DSC_1379.JPG

車窓からムーミンが見えます。ちょっと小さいですけど。

DSC_1395.JPG

最後は、袋に行ったお土産を頂きました。
お土産は最中、ハスカップのお菓子2種類です。また、飲みきれない日本酒についても持ち帰ることが出来ます。

DSC_1391.JPG

大原駅に引き返してきてレストラン列車は終了。
とても満足しました。

DSC_1396.JPG





posted by もひょ at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする