2017年09月20日

SL大樹&リバティー&スペーシアに乗ってきました

東武鉄道が運行するSL大樹に乗ってきました!!

SL大樹はもちろん、リバティー、スペーシアにも乗ってきました。
しかも、自分は全て初めての乗車です。

まずは旅のスタート、東武浅草駅。

DSC_3106.JPG

駅構内はSL大樹のポスターやテレビでメイキング動画を流すなど、なかなかの力の入れよう。

DSC_3110.JPG

プラレールで作成されたSL大樹のジオラマっぽい物もありました。笑

DSC_3112.JPG

SL大樹は下今市から出ているので、そこまではリバティーに乗車します。
早めに着いたら、「りょうもう」がいらっしゃいました。

DSC_3123.JPG


DSC_3126.JPG

浅草駅の先頭からパチリ。これが名物?の急カーブですね。
駅のホームも右側へ、かなりカーブしていました。

DSC_3151.JPG

発車時間が近づきリバティーが入線。ボディーがピカピカだ。

DSC_3128.JPG


DSC_3129.JPG


DSC_3148.JPG

ここは運転席同士の連結部分。かなり長い廊下。。。
特急車両の連結部分の通路って必要なのかな。。。とも思ってしまう。

DSC_3156.JPG

最新斜里卯なので綺麗。天井の間接照明の部分は曲線だったり、オシャレ。
左右のどちらの席にもコンセントがあり携帯の充電やパソコンにも便利。
ビジネス用途、座れる通勤電車の用途を考えているのかもしれませんね。

DSC_3189.JPG

途中にちらっと見えたのが、台湾鉄路管理局の自強号『普悠瑪(プユマ)』のデザインを施した
車両ではないかと思います。

DSC_3168.JPG

リバティーは車内販売や、車内売店はありませんので自分で買ってきたお弁当でお昼ご飯です。

DSC_3179.JPG

こちらも途中でちらっと見えた整備用の車両。
ちゃんと「大樹」のマークが入っていました。

DSC_3190.JPG


DSC_3191.JPG

お弁当を食べ終えたら下今市に到着。

SL大樹の運行に会わせて駅舎もリニューアルされたはずなので
外から見たかったのですが、残念ながら出来ませんでした。

というのも、今回はツアーでの旅行なので、乗車券が鬼怒川温泉駅まで
ということと、乗り換え時間が20分ほどしか無いのです。

でも、頑張って下今市駅を走って見学しました。

まずは、駅の中に作成されたSL展示館。

DSC_3205.JPG


DSC_3204.JPG

Nゲージで作成された鉄道模型ジオラマもありました。
ぶっちゃけ、ジオラマを見慣れている人から見ると、そんなに「おおっ」と
言うところは無い。(失礼ですいません)
机にあるボタンを押すと走るのでお子様には人気でした。

DSC_3210.JPG

軌道は楕円、線路はKATOベース、建物も市販製品のようですね。
もう少しよく見たかったのですが、何しろ時間が無かったので。。。
車両が、SL大樹として改造された物かC11既製品そのままかも。。。調査できず。。

DSC_3198.JPG


DSC_3209.JPG

JR四国から譲渡された客車はEF65で輸送したとのこと。
ヘッドマークには甲種輸送と書かれています。

DSC_3217.JPG

なぜか車掌車は2両あるらしい。。なんでだろ。

DSC_3216.JPG

こちらも駅構内になりますが、転車台や機関庫を見学できる広場があります。

DSC_3211.JPG


DSC_3214.JPG

中央の遠くにSL大樹が写っています。
一度後ろにバックして、下今市駅のホームに入線します。

DSC_3199.JPG


DSC_3196.JPG

いよいよホームに入線。凄い人人人。

DSC_3233.JPG

時間も無いので直ぐに乗車。
中は14系客車。確かに歴史ある客車ですがSL的では無い。
もちろん、床下の発電機により冷房ばっちり。(個人的にはうれしい)

DSC_3237.JPG

SLは外から見ると楽しいけど乗ってしまうと、何に牽引されているかよく分からないし、
意外と残念なんですよね。

しかも、この客車は窓を開けることはもちろん出来ず、煙を直に感じたりも出来ない。
カーブで先頭を見ると、かろうじてSLに乗っているんだなぁと思えます。

と、思っていたら、少し時間がたつと、どこからか煤っぽい煙の臭いが入ってきてちょっとうれしかった。

DSC_3247.JPG

乗車時間は35分と短いのですが、
車内では、記念品の配布、写真撮影、グッズの販売など、盛りだくさんです。

DSC_3241.JPG

SLのスピードはかなりゆっくりですが、鬼怒川温泉駅まではあっというまです。
ここでも写真撮影。笑

まずは、補機となるDE10です。
SLだけで頑張る姿を見たいですが、この区間は勾配も有り小型のC11だけでは難しいとのこと。

DSC_3254.JPG


DSC_3259.JPG

次は客車。

DSC_3261.JPG


DSC_3262.JPG

後方幕はSL大樹専用ですね。

DSC_3263.JPG

鬼怒川温泉駅にあるグッズ紹介コーナー。

DSC_3266.JPG

SL大樹の運行にあわせて綺麗になった鬼怒川温泉駅。

DSC_3332.JPG

次は、一大イベントの転車台による方向転換。
鬼怒川温泉駅の前に新設された転車台の前には、既に人が盛りだくさん。

DSC_3268.JPG

SL大樹さん登場。

DSC_3274.JPG

DSC_3277.JPG


DSC_3281.JPG


DSC_3289.JPG


DSC_3299.JPG

方向転換が完了した後、少しの間、この待避線?でお休みしていました。
DE10の機回しと本線が空くのを待っているんですかね。
ちなみに、ここの線路は架線がありませんでした。SL大樹専用ですね。


DSC_3302.JPG


DSC_3307.JPG

ATSが積まれている車掌車 床下には24Vのバッテリーが。
車軸発電機で発電するのか、走行前に充電を済ませておくのか。。。
SLでも蒸気発電機を追加して機関車にATSを搭載しているものもあったと思うけど。。。
SL大樹は何で、なんであえて車掌車に入れたんでしょう。謎です。

DSC_3308.JPG

ようやく下今市川へ出発できる体制になりました。

DSC_3321.JPG


SLの機回し、方向転換を見ていましたが、かなり大変そう。
こんな感じ。
列車到着→SL客車から切り離し→SL前進→ポイント切り替えて機回し線に→SL後進→
転車台へのポイントを切り替え→SL前進転車台へ→転車台で回転→機回し線まで前進して待機→
本線が空いたら前進して本線に進入→て後進して客車と連結。
しかも、その間にDE10も機回しして列車の進行方向後方に連結。

まぁ、この一連の流れがショーみたいな物で、見学の対象だから良いと思いますが、
普通にやっていた昔は、ターミナル駅は大変だったんだろうなと。

ショーが終わり誰も居なくなった転車台。。。

DSC_3329.JPG


ここからは、鬼怒川の観光旅行記。
駅前はSL大樹歓迎ムードたっぷり。

DSC_3327.JPG


DSC_3336.JPG

鬼怒川と言えば温泉。

DSC_3369.JPG

そして温泉街。

DSC_3389.JPG

もちろん鬼怒川。

DSC_3394.JPG

町には無料の足湯もあります。

DSC_3410.JPG

ロープウェイもあります。

DSC_3414.JPG


DSC_3421.JPG

山頂から鬼怒川の温泉街を一望。
山に囲まれた谷に鬼怒川が出来て、その川を中心に町が出来ていますね。

DSC_3440.JPG

山頂には、なぜかお猿さんが。でも間近で見れて可愛い。

DSC_3449.JPG


DSC_3429.JPG

最後の楽しみスペーシア。
帰りは鬼怒川温泉駅から浅草までスペーシアです。
そろそろ、新型スペーシアが発表されるのではと言う噂もあるので
早めに乗っておかないと。。

鬼怒川温泉発という感じですきです。

DSC_3486.JPG


DSC_3492.JPG

スカイツリーにより変更されたロゴですが、良いですよね。

DSC_3498.JPG

中は、特筆するところはありませんが。。。
観光特急らしく、ワゴン販売と、売店があるのがうれしいです。
リバティーは、悪くありませんが楽しい旅の始まりというウキウキ感が出ませんよね。

DSC_3505.JPG

途中の下今市では機関庫に入っているSL大樹がいました。

DSC_3516.JPG

浅草到着。観光タワーが出来たんですね。

DSC_3523.JPG

こちらが夕食。SL大樹弁当です。
このスコップ風のスプーンが気に入ったので購入しました。

DSC_3531.JPG


今回も、長くなってしまいました。
アクセスして頂いた皆様、ありがとうございました。




posted by もひょ at 18:10 | Comment(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

アオシマのプラモデル DD51 完成しました! (T_T)


約2ヶ月掛かって、ついに完成させましたので報告します。

ただ、同じくDD51を作成されている方々と比べると。。。
かなり酷いもんでして。笑

その辺りは、素人が作るとこんなモンかという感じで見て頂ければと思います。

真横から見るとこんな感じ。
塗装、デカールがボロボロなのでアップには耐えませんが。。引きで見るとそこそこ。

DSC_3118.JPG

このプラモデルは内部構造も再現されています。
本物のメンテナンス時と同様にカバーが外れます。

DSC_3199.JPG


DSC_3098.JPG


DSC_3201.JPG


DSC_3120.JPG


DSC_3203.JPG

ちなみに、スケールは1/45のOJゲージとなっており、
Nケージと比べると大きさの差が凄い!!

DSC_3207.JPG


DSC_3206.JPG


ここらかはメイキング画像。
エンジンや台車も殆ど実車通りの構造。

DSC_2174.JPG

台車はブレーキロッドを動かして緩急させることが出来ます。
実車もバネの所はバネで再現。

DSC_2168.JPG

このプラモを組み立てて良かったことは、実車の構造が本当によく分かったこと。

DSC_2188.JPG

黒色のパーツもあるのに、なぜか台車は青色パーツやグレーパーツなので自分で塗る必要が。

DSC_2215.JPG

台枠もパーツの組み立て、色塗りが必要でした。

DSC_2210.JPG

この冷却の羽根はDD51らしい部分ですね。

DSC_2334.JPG

ここまで来ると別に作成した部品をのっけて、それらしくなってきます。
ちょっとうれしい。

DSC_2373.JPG


DSC_2337.JPG


DSC_2352.JPG

液体変速機、エンジン、油圧ポンプ、空気圧縮などが縦に綺麗に並んでいたんですね。
特に一番先頭部分って何が入っているのかと思いましたが、油圧や冷却系などだったんですね。
このプラモで初めて分かりました。

DSC_2358.JPG

エプロン部分は金属のパーツも使用します。

DSC_2403.JPG


DSC_2452.JPG

次は運転台。ここはへたくそには大変。
デカールは破けるし、塗り分けも難しいし。というか、細かいところは諦めたし。

DSC_2821.JPG

運転台の真ん中にあるのはスチームジェネレーターとのことでした。
夏は暑くて大変では?

DSC_2839.JPG


DSC_2842.JPG


DSC_2835~01.JPG

運転台や、今まで作成したパーツを取り付けて、ほぼ完成。

DSC_2455.JPG


DSC_2453~01.JPG

デカール張る前ですね。ここくらいが一番よかったのかも。。。

DSC_3011.JPG


DSC_3024.JPG


DSC_3023.JPG

最後にデカールを張ります。
破れるし、ちぎれるし、ずれるし、細かい部品(特に手すり)がポロポロ取れ出すし、も〜大変。
近くで見るとかなり、酷い状況。でも、遠目で見ればまぁまぁかな。笑


DSC_3099.JPG


DSC_3101.JPG


DSC_3108.JPG


DSC_3205.JPG


DSC_3110.JPG

DSC_3122.JPG

そこそこ大変でしたし、出来は「自分なりの出来」ですが、、完成させることが出来て良かったです。
なんといっても、内部の構造や仕組みが知れた事が良かったです。







posted by もひょ at 15:35 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

第18回 国際鉄道模型コンベンションに行ってきました

今年も東京ビックサイトで行われた国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。

夏の鉄道模型好きイベントとして、松屋銀座の鉄道模型ショウ(今年は会場の都合で中止)、
鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンションがありますが、いよいよ最後のイベントです。

2016年の第17回鉄道模型コンベンションはこちら。
2015年の第16回鉄道模型コンベンションはこちら。
2014年の第15回鉄道模型コンベンションはこちら。
2013年の第14回鉄道模型コンベンションはこちら。


今年も写真を撮りまくりで大量になってしまったのですが、どれもこれも素晴らしいです。
特に動画冒頭のモノレールは感動しました。



入って直ぐは企画展示の「宮下洋一ジオラマワールド」の作品が並んでいました。
HOゲージのジオラマで、どれもこれも素晴らしい。細部まで凄い丁寧です。

DSC_2488.JPG


DSC_2489.JPG


DSC_2497.JPG


DSC_2484.JPG


DSC_2486.JPG

次は、今回一番凄いなと思ったジオラマ。
なんとNゲージスケールのモノレールです。スムーズにすいすいと気持ちよく走っていました。
動画も撮影したので見てみてください。3Dプリンターで出したと説明がありました。
モノレールの桁もリアルです。

DSC_2600.JPG


DSC_2602.JPG

走る様子は動画にもしっかり納めていますので良かったら見てください。

DSC_2599.JPG


DSC_2597.JPG

このマンションも丁寧に作られていて見ごたえ十分。

DSC_2603.JPG


DSC_2605.JPG


DSC_2606.JPG


DSC_2810.JPG

次は多階層のレイアウト。
こっちにもある、あっちにもある。。。といった感じで見ていて楽しいです。
持っている車両の展示も出来るし、アイディアが良いですよね。

DSC_2675.JPG


DSC_2679.JPG


DSC_2680.JPG


DSC_2682.JPG


DSC_2676.JPG


DSC_2677.JPG


お次は鎌倉をベースとしたNゲージのジオラマです。
何年か前のJAMで見たような。。最近見ていなかったのでお久しぶりな感じでした。

凄いのが、サイズもそこそこ大きいですが、ギュッと鎌倉・藤沢・江ノ島の風景が
納められています。

あ〜これこれという風景を、よくぞ、ここまで詰め込んだなと、
さらに線路のコースが秀逸で、このレイアウトをチョコチョコと
縦横無尽に走って行きます。

DSC_2551.JPG


DSC_2553.JPG


DSC_2550.JPG

写真ではわかりにくいですが、本物の江ノ電もびっくり、グニョングニョンにレールがひかれています。

DSC_2549.JPG


DSC_2552.JPG


DSC_2556.JPG


DSC_2555.JPG

次は、昨年も絶賛した、木こり鉄道のしまなみラインさん。Nゲージです。
鑑賞していた皆さんも話していましたがセンスが素晴らしい。
ストラクチャなどは市販の物も多く見られるのですが、ここまで統一感をだしたレイアウトは作れません。

DSC_2523.JPG

青いLEDで海の下から照らすという演出もすばらしいです。

DSC_2525.JPG


DSC_2531.JPG


DSC_2532.JPG


DSC_2530.JPG


DSC_2528.JPG


DSC_2534.JPG


DSC_2535.JPG


DSC_2766.JPG


DSC_2536.JPG

次は温泉街のような街並みのレイアウト。
高低差もあり、渓谷やトンネルなど見どころも沢山ありました。

DSC_2726.JPG


DSC_2724.JPG


DSC_2786.JPG


DSC_2729.JPG


DSC_2783.JPG

こちらは、確か去年のJAMでは普通に明るい展示でしたが、
今年は囲って暗くした夜景での展示となっていました。

明かりの色も商店街は白っぽく、まわりは黄色い色のように見えました。
とっても綺麗です。

DSC_2737.JPG


DSC_2735.JPG


DSC_2734.JPG

お次は、こぢんまりとしたレイアウトですが建物や木々の小物などがうまいです。
また、列車が通り過ぎると、線路に人が出てくるギミックなど、良く出来ていました。
ギミックについては動画にも撮っています。

DSC_2641.JPG


DSC_2806.JPG


DSC_2805.JPG


DSC_2801.JPG


DSC_2803.JPG


ここからは、「おっ、これは」と思った作品を紹介していきます。

こちらはTケージです。写真ではわかりにくいですが、めちゃめちゃ小さい。。。

DSC_2542.JPG

こちらはでかい。ゲージは3.5インチくらいかな。木と紙で作成しているそうです。
こういうのが見られるところもJAMの面白いところですね。
ただ、ゲージとしては年々Nゲージが多くなっている気がします。

DSC_2521.JPG

額縁の中に作成されたジオラマを車両が通っていきます。

DSC_2546.JPG


DSC_2559.JPG


DSC_2558.JPG

お堀のような水路が綺麗です。

DSC_2560.JPG


DSC_2562.JPG

この山はでかい。会場に持ち込む苦労が忍ばれます。迫力満点。

DSC_2580.JPG

例年通りプラレールも元気よく走っていました。

DSC_2566.JPG

レゴで作成されたLゲージもあります。

DSC_2714.JPG


自然と人工の造形物がとても綺麗。

DSC_2585.JPG

駅の中の細かいところまで作り込まれています。

DSC_2614.JPG


DSC_2613.JPG


DSC_2615.JPG


DSC_2617.JPG

実際にある風景をベースにすると人工物の作成が難しいんですよね。
木々や緑は、何となくそれっぽく見えるけど。

DSC_2620.JPG


DSC_2621.JPG

HOゲージのジオラマです。
このクロス、大変だったんじゃ無いでしょうか。
もちろん、ちゃんとカタカタ良い音を立ててスムーズに車両が通過していきます。

DSC_2624.JPG


DSC_2628.JPG

ほんわかした昭和の情景と、照明が素敵です。

DSC_2632.JPG


DSC_2634.JPG


DSC_2630.JPG

こちらは去年も見させて頂きましたが、今年見てもやっぱり好きです。
コースとしては1本道の行ったり来たり何ですよね。自動運転されていました。

DSC_2646.JPG

日本以外の風景を統一感を出して、纏めるって凄いですよね。
確かストラクチャはスクラッチだったんじゃないかと。去年説明聞いたのに。。。すいません。

DSC_2647.JPG

こちらは日本の田園の風景ですが、細かいところまで作り込まれているのでじっくり見てしまう作品です。

DSC_2650.JPG


DSC_2651.JPG


DSC_2653.JPG

ここまでアップで撮っても全く問題ない。
逆に細かさが引き立ちます。

DSC_2652.JPG

碓氷峠かな。めがね橋っぽいジオラマです。

DSC_2659.JPG

通信用?のケーブルとか芸が細かいですね。

DSC_2663.JPG


DSC_2662.JPG

ジブリ映画「風立ちぬ」の関東大震災のシーン。

DSC_2669.JPG

このフィギュア凄い。しかも震災から逃れる為に、皆さん荷物を担いでいて。。。
市販品のフィギュアでは無いですよね。。。

DSC_2670.JPG


DSC_2684.JPG


DSC_2688.JPG

この作品も好きです。
この色彩で統一されていて、少し寂しい感じというか。。。乾いた感じというか。
やはり、上手な人は塗装がうまいですよね。まねできないです。(;.;)
もちろん、架線もはっているし細かいところまでの作り込みも凄いです。

DSC_2773.JPG

こちらはHOナロー、軽便でしょうか。
最近は池袋鉄道模型芸術祭が出来たので、JAMでは、こういう作品は減ってしまった感じがします。

DSC_2689.JPG


DSC_2690.JPG


DSC_2691.JPG


DSC_2695.JPG


DSC_2696.JPG

そういえば海外型の模型も少なくなったような。。。

DSC_2716.JPG


DSC_2717.JPG


DSC_2795.JPG

少し前にJAMパンフの表紙となったレイアウトですね。
こちらも独特の世界観です。特に草木はパウダーでは無く、ちゃんと生えていますね。
その昔、パウダーで誤魔化せるのはNまでという話をされたことを思い出してしまいました。。。

DSC_2746.JPG


DSC_2747.JPG

こちらは去年初めて見て感動したジオラマ。複線×2つが上下にぐるぐる走っています。

DSC_2704.JPG


DSC_2705.JPG

こちらは写真ではわかりにくいですが、煙突から煙を吐いていました。

DSC_2761.JPG


DSC_2654.JPG


DSC_2673.JPG


DSC_2666.JPG


DSC_2668.JPG


DSC_2672.JPG


DSC_2658.JPG



DSC_2698.JPG


DSC_2700.JPG


DSC_2720.JPG


DSC_2699.JPG


DSC_2674.JPG


DSC_2710.JPG


DSC_2796.JPG


DSC_2740.JPG


DSC_2741.JPG


DSC_2745.JPG


DSC_2722.JPG


DSC_2721.JPG


DSC_2798.JPG


次はメーカのブースの紹介です。

まずはTOMIXの新製品。
GENBI新幹線です。自宅のレイアウトでは設計ミスにより新幹線が走れないという情けない状況ですが、
コレクションとしてちょっと欲しいです。

DSC_2571.JPG

TOMIXからHOゲージの115系。自分にとっては懐かしい車両です。

DSC_2570.JPG

ストラクチャの自作が出来ない自分としては建物のバリエーションが増えてくれるのはとってもありがたい。

DSC_2569.JPG

TOMIXが力を入れている新制御システム。
ギャップにより閉塞区間を作り、それぞれの区間を制御することにより何両もの車両を
走らせるシステムです。

DSC_2573.JPG

ただですねぇ〜
このシステムは大量の閉塞区間を作成する必要があることと、
ポイントも自動制御となる為、どうしてもフィーダー、ポイント、センサーの結線が大量になるという欠点が。。。
TOMIXの人も、2日目の朝最初は少なからず、あれ〜おかしいな〜といった感じで苦労されていたように見えました。

さらに、線路に細工をするので既に作成したレイアウトを、このシステム用に組み替えるのはかなり大変かと。
逆に、お座敷レイアウトでは運転しようと思ってから走らせるまでに今まで以上に時間がかかってしまいます。

さらにさらに、個人的な意見ですがTOMIXのセンサーは今ひとつ信頼が無くて。。。
過去に自分のレイアウトに踏切を組み込みましたが、センサーが反応しない状況が多く泣かされました。
反応しなくて踏切が閉まらないのは、まだ良いのですが、踏切が閉まったまま開かないことも有り、
延々と「カンカンカン音」が鳴り響くという寂しい状況でした。

ただ、国際鉄道模型コンベンションのような展示会、見せる為のレイアウトでは
人がレイアウトに張り付きで運転することも出来ませんし、良いのかもしれません。

DSC_2574.JPG


ミニチュア人形やさん。凄い人です。

DSC_2575.JPG

Zゲージで、さらにショーティーって。。
Zゲージ自体が小さいので、どうしてもディティールが弱いイメージがあるので、
さらにショーティーにすると、消しゴムみたい。失礼(_ _) 

DSC_2750.JPG


DSC_2751.JPG

DDFさんからソニーのアクションカムをのせる車両と、その車両を制御できるキット。
Android端末からブルートゥースでパワーパックを制御、映像はwifiでスマホに飛ばします。

DSC_2754.JPG

今回の展示で気になったのは、Wifiなりブルートゥースで制御するパワーパックが
そこそこ目に付いたこと。少なくとも4製品の企画が動いていそう。

@先日の鉄道模型コンテストで紹介したKATOさんのスマホから無線で制御するパワーパックの参考出展。
A先ほど紹介したDDFさん(こちらはパワーパック機能もありますが映像の方がメインか)のジオラマエクスプローラー。
B下の写真の中央、ロクハンさんから「e−コントローラー」。こちらはDCC、アナログ両方に対応。
C下の写真の一番右、ZAIZENさんから「トレインテック」。こちらはアナログ専用、運転画面を色々変えられるらしい。


DSC_2812.JPG

細かい仕様は違いますが、どの製品が来るのか、ユーザとしては楽しみです。









posted by もひょ at 14:18 | Comment(2) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

鉄道模型コンテスト2017に行ってきました。

今年も東京ビックサイトで開催された鉄道模型コンテストに行ってきました。

参考までに過去の様子はこちらです。

鉄道模型コンベンション(JAM)や松屋銀座で行われる(今年はスキップだったけど)
鉄道模型ショウは、例年、同じようなジオラマになりますが、
こちらは毎年違ったジオラマが出展されるので、毎年行っても飽きません。




DSC_2382.JPG

今年はT-trackという規格で作成されたジオラマのコンテストも同時に行われましたので、
まずはそちらから。

確かこちらがグランプリの作品。作り込みの精度がとても高くドアップで見たくなる作品です。

DSC_2419.JPG


DSC_2528.JPG


DSC_2529.JPG


DSC_2420.JPG


DSC_2531.JPG

こちらも非常に細かく見入ってしまいました。
人工物を高い粒度で作成するのって大変だと思います。照明も良い感じ。

DSC_2532.JPG


DSC_2399.JPG


DSC_2533.JPG

今年は999を3つくらい見かけました。笑
宇宙に登る角度が好き。

DSC_2386.JPG


DSC_2501.JPG


DSC_2387.JPG


DSC_2390.JPG

ガード下の古びた感じが良いですねぇ。汚しや、朽ち果てた感じがなんともいいです。

DSC_2391.JPG


DSC_2388.JPG

こちらの雪景色も受賞されていました。
線路は手前に3本あるのですが、一番手前は未だ列車が透っていない為、
往きがかぶっているママなど、細かいこだわりでストーリーが見えてくる作品です。

DSC_2397.JPG


DSC_2523.JPG

こちらの作者は女性かもしれませんね。おっさんでは中々イメージできない作品です。

DSC_2401.JPG

999の2つめ。イメージできても実際に作成してしまう腕が凄い。

DSC_2402.JPG

大写しにしても見ごたえがある線路沿線の小物たち。

DSC_2508.JPG


DSC_2414.JPG


DSC_2415.JPG


DSC_2410.JPG

こちらのヨーロッパ調のジオラマも受賞されていました。
「コ」の形で囲まれていて世界が完結していますね。
写真では中々見にくいのですが、石段など丁寧に作成されていました。

DSC_2524.JPG


DSC_2422.JPG


DSC_2417.JPG

こういう覗く感じ好きです。

DSC_2428.JPG

次は高校生の一畳レイアウトです。
こちらは子供さんに運転させてあげるなど来場者を楽しませていました。
作品としては面白い作品もあったのですが、今年は自分の感性とマッチして「おぉ〜」という作品は無かったかな。
レイアウトが大きくなるので、どうしても「大味」になってしまうし細部を作り込んでいたら時間が足りないですよね。

DSC_2434.JPG

こちらはアイディア勝負。

DSC_2432.JPG


DSC_2436.JPG

去年も出展していたと思います。紙で作成したレイアウト。
これだけ高いと一畳のサイズでも迫力が出ますね。

DSC_2549.JPG


ここからが、高校生のコンテスト作品部門です。
こちらは賞をとっていましたね。自分としても一番かなと思いました。

ただ、写真が良く撮れてない。。。全景はボケボケでした。(;.;)
出来が良くて終始、沢山の人がいたので中々良いアングルで撮れなかったのが残念です。

コーナーのレイアウトですが中心を流れる川が済みに向かって広くなっており
済みから見ると、より奥行きが感じられる工夫がされています。
また、温泉街の旅館は部屋の中や障子までまで作成されており、近くから見ても見ごたえ十分です。

DSC_2446.JPG

おぉ〜良い感じです。
写真では見にくいのですが、右奥の温泉宿の煙突からは煙が出ています。
HOの蒸気機関車でよく使う発煙装置のようでしたが、このギミックが無くても自分の中では一番です。

DSC_2539.JPG

遊び心もあります。

DSC_2450.JPG

旅館は部屋の中や外との仕切りの障子なども作り込まれています。
この精度でプラバンを加工して独自のストラクチャを作成できる技量に感服です。
塗装も素晴らしい。
自分も荘ですが、多くの高校生は人工の構造物をフルスクラッチで作ると
ふにゃふにゃ、角が出ない、直線が出ない、他の構造物との色合いの統一感が出ない。。。
となってしまうのですが、この作品は素晴らしいです。

DSC_2538.JPG

次は自分的には第二位。
伊香保のような階段状の温泉街。坂の上には神社が、ダムとトンネルと盛り込みましたが
不自然さはなく、このサイズにうまいこと纏めていました。

DSC_2452.JPG


DSC_2453.JPG

こちらが、自分的には第三位かな。
やはり直線コースはストラクチャの配置等、限られてしまうのかもしれませんが、
直線的にならないように配置されていたり、一つ一つのストラクチャが丁寧に作成されていました。

木と草は意外と簡単なんですよね。適当にくっつけても「それっぽく」見ちゃいますし。

DSC_2542.JPG

電線もちゃんと張っています。別の写真で確認出来ますが架線もちゃんと張っています。

DSC_2541.JPG

お店の中のカウンターまでしっかり作り込まれています。

DSC_2488.JPG

アパートも布団とLED照明、駐輪場や、直ぐ横のお墓など面白いです。
線路との境界線の塀も草?をよけて「くの字」にするなど、あえて、か分かりませんが
真っ平らの直線にしていません。

DSC_2543.JPG

地下も一工夫されています。

DSC_2545.JPG



ここからは、気に入ったジオラマを載せていきます。
ドームの駅は自作ですよね。駅の中も作成されています。

DSC_2444.JPG

銀河鉄道999の3つめ。
夜景のイメージという事で、お家なども黒く塗っていました。
これここれで、面白いアイディア。

DSC_2440.JPG

ちょっと工事中の鉄骨が太いかなぁ〜とも思いますが、頑張った感じがあります。

DSC_2442.JPG


DSC_2458.JPG

駅のウエザリングが良い感じだったので。

DSC_2460.JPG

こちらのコーナーのレイアウトも気に入りました。
じゃっかん荒削りの所もありますが、カーブの駅の照明も良い感じでした。
駅の下のガードも良い雰囲気でした。

DSC_2457.JPG


DSC_2464.JPG


DSC_2540.JPG


写真が切れちゃっているのですが上にはリニアが走っていました。
ギミックがすごいです。

DSC_2477.JPG

青函連絡船。もちろんレールは車両が走れるとのこと。
船の下もちゃんと作成されていてスクリュー等ありました。写真撮っとけば良かった。。。

DSC_2494.JPG


DSC_2476.JPG

こちらもコーナーのレイアウト。遠近法で道路は手前に来るほど大きくなっています。

DSC_2484.JPG

高校生コンテストなので、こういうネタがあるところも面白いです。

DSC_2481.JPG


DSC_2478.JPG


DSC_2487.JPG


DSC_2511.JPG


DSC_2514.JPG


DSC_2522.JPG


DSC_2504.JPG


DSC_2537.JPG


DSC_2505.JPG


DSC_2546.JPG



ここからは企業ブースの製品です。
KATOさんのブースで気になったのがスマホからコントロールできるパワーパックです。
スマホにアプリを入れ無線で電圧を制御できる模様。

DSC_2473.JPG


DSC_2499.JPG


DSC_2498.JPG

じおらまの素材商品が展示されていました。
水の表現などが素晴らしいので使ってはみたいですが。。。腕がついて行くかどうか。

DSC_2469.JPG


DSC_2465.JPG

透明感が素晴らしい。このように作れたらうれしい。

DSC_2468.JPG


DSC_2471.JPG

DDFではNゲージやHOゲージにカメラを乗せることが出来るカメラカーを展示していました。
こちらも映像はスマホに飛ばしていたように見えました。

DSC_2493.JPG


ポポンデッタなどの、お店屋さんもありましたが今年は何も買わずじまいでした。
下の左上にあるKATOのコンテナは入場者プレゼントのようで、入場券と一緒に渡されました。
ちょっとうれしい。

DSC_2550.JPG







posted by もひょ at 13:06 | Comment(0) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

御徒町に出来た「バーガー&パブ ChouChou POPON」に行ってきました

御徒町に出来た「バーガー&パブ ChouChou POPON」に行ってきました。




バー銀座パノラマ等のジオラマバーの系列のようで、
店内にはNゲージのジオラマがあると聞いてやってきました。

店の前からもジオラマが見えるので人が少したかっていました。

DSC_1993.JPG


DSC_2073.JPG

店は、そこそこ広く、バーのようなカウンター、外に向かって景色が見れるカウンター、
4人用のボックス席があります。

DSC_1996.JPG

カウンターの向こうには長ーい直線のレイアウト。
その外には、京浜東北線、山手線など実際の列車が楽しめます。

DSC_2007.JPG


DSC_2012.JPG

店の一番奥にはステージのような作りになっており、
イベントも出来そうです。

DSC_2018.JPG

夜はバーですが、昼間はハンバーガーが楽しめます。
1000円程度と値段は張りますが、かなりしっかりした、
ボリューミーなハンバーガーで食べ応えがあります。

DSC_2020.JPG

店の奥には鉄道グッズが売っているお土産屋さんもありました。

DSC_2052.JPG

窓際の席から見下ろすと御徒町の駅が丸見えです。

DSC_2072.JPG


店の中で目を惹くものが、この透明のループ。
レイアウトは基本的にはフィッシュボーンとなっており、
その端っこの折り返し部分が、この透明のループとなりますが、
LEDの装飾も有りかなり近未来的な雰囲気に仕上がっています。

DSC_2006.JPG


DSC_1998.JPG


DSC_2027.JPG


DSC_1997.JPG


店内のレイアウトは基本的にはKATOの線路とストラクチャ、ジオコレで構成されているようです。

東京タワーや、スカイツリー、浅草のような雰囲気の場所もあり、土地柄を考慮した構成になっています。
これだけの大きなレイアウトなので見ごたえもあります。
直線部分も長いですが、長い編成で走らせると結構良い感じです。

DSC_2038.JPG


DSC_2051.JPG


DSC_2031.JPG


DSC_2029.JPG


DSC_2015.JPG


DSC_2005.JPG


DSC_2014.JPG


DSC_2011.JPG


DSC_2013.JPG


DSC_2055.JPG




DSC_2036.JPG


DSC_2058.JPG

この直線が結構気持ちよいです。

DSC_2062.JPG


DSC_2057.JPG


DSC_2059.JPG

御徒町駅付近と地下鉄の浅草線ですね。

DSC_2060.JPG

ビックサイトとゆりかもめでしょうか。

DSC_2079.JPG


Nゲージのジオラマほどではありませんが、バーカウンターの方にはHOのジオラマもありました。
こちらは、昼間だった為か運転はしていませんでした。
夜はバーとなるので、その時にはHOゲージの運転がされるのかもしれません。

DSC_2046.JPG


DSC_2040.JPG


DSC_2042.JPG


DSC_2041.JPG



お値段は少し張りますが、Nゲージのジオラマと、ハンバーガーに満足です。
今回は、お昼に行ったのですが次回は夜に行ってみたいお店です。







posted by もひょ at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする