2018年11月22日

久しぶりの自宅のジオラマモジュール改修

最近、すっかり広げるのが面倒になり動かさなくなってしまった
モジュール型レイアウトですが、一つのモジュールを改修したので紹介します。

↓このモジュールを、ほんの少し手直ししたいと思います。

DSC_9573.JPG

このモジュールは、何年も前に作成して、そのままの状態だったものです。
今回、3Dプリンターを使える機会が出来たので、
どうせだったらNゲージジオラマに使える部品でも作って模様かなと思い、やってみました。

車体そのものが作れると格好いいんですけどね。
3DのCADは慣れておらず良く分からないので、単純な部品でも四苦八苦でした。。。

印刷した部品はこんな感じ。
サポートと言われる部材に支えられて出てくるので、独特な形状。

DSC_9560.JPG


DSC_9561.JPG

サポートから部品を切り離しますが、細いので壊れそうで結構怖い。

DSC_9565.JPG

そして色塗り。面倒くさがり屋なので細かい部品を出し手も、塗りでイマイチになってしまう。

DSC_9570.JPG

左のトンネル。。というか、高架橋的な部分の入り口です。元は黄色と黒のシールだけです。

DSC_9574.JPG

立体交差の場所に良くある「頭上注意」の標識です。

DSC_9581.JPG

右端も同じく、元は黄色と黒のシールだけでした。

DSC_9575.JPG

こちらも、標識が出来ました。

DSC_9584.JPG

全体として、こんな感じです。
まぁ、小さい追加なので、だからどうしたって所もあるんですが、
最近はやりの3Dプリンタで出したぞ〜という満足感はあります。

DSC_9580.JPG





posted by もひょ at 15:19 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする