2016年09月18日

ユーカリが丘線に乗ってきました!!

今回は鉄道模型ネタではありません。
千葉のユーカリが丘を走っているユーカリが丘線に乗ってきました。
不動産会社が運行している珍しい新交通システム?です。


料金は一律200円。駅の間は1.5分から2分という短さ。

DSC_8413.JPG


ユーカリが丘駅は起点駅なので車止めがあります。「σ」の字のような路線ですね。

DSC_8414.JPG


起点となるユーカリが丘駅はそこそこ広いですが、人が殆どおらずちょっと寂しい。

DSC_8423.JPG


DSC_8415.JPG


1時間に3本くらいです。いよいよ入線〜。

DSC_8417.JPG


DSC_8420.JPG


運転席はワンハンドルマスコンでした。
新交通システムっぽいですが、有人運転なんですね。


DSC_8422.JPG


駅前はショッピングセンターなどが並んでいますが、少し行くと住宅街、さらにいくと緑地が広がっています。
スピードもあんまり出さないので、のんびりのどかな感じ。

DSC_8428.JPG

乗っているとアップダウンもあり、モノレールみたいな感覚です。

DSC_8430.JPG

基本的に反時計回りで始発駅に帰ってくるので左カーブが多いです。

DSC_8431.JPG


始発駅の次のセンター駅ですが、駅は無人で結構幅が狭い。でもホームの柵は完備されています。

DSC_8433.JPG

高架線の上を走る区間は外から見るとモノレール。

DSC_8435.JPG


DSC_8436.JPG


お昼頃に乗りましたが乗客は数名、正直、バスでも良いのではと思えます。
路線が短いので、若者は自転車、買い物はマイカーを利用してしまうのかもしれません。

このままだと、かなり運営は厳しそうですが、不動産会社経営という事で街作りで得た利益で解消できているのかも
しれませんが、若干、行き先不安な感じでした。

珍しいし、面白いので、このままずっと走り続けて欲しいと思います。

DSC_8438.JPG











posted by もひょ at 13:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいています。瀬戸電と申します。
 家の中で広げられるようにユニットレイアウトを作ろうと思い立ち、参考になりそうなページを探していて、このページにたどり着きました。とっても素敵で、自分がやりたいと思っていたことが網羅されていて、大変勉強になります。ユニットで、少しずつ作成されているところや、そのユニットのイメージが大変魅力的でずっと見ていて飽きません。ちなみに、レールに錆び色は着けておられるのでしょうか。㍶上では、錆びたように見えるのですが、よろしかったら教えていただけませんでしょうか。
 ほんとにありがとうございました。また、伺わせていただきます。
Posted by 瀬戸電 at 2016年09月22日 18:14
コメントありがとうございます。

レールの錆は塗装しています。
タミヤから「墨入れ塗料(ブラウン)」というのが売っていて、
それを、そのまま使っています。
本来は墨入れ用なのですが、色合いがちょうど良い感じでしたので
そのまま筆でぺたぺた塗っています。


Posted by もひょ at 2016年09月22日 21:00
早速のご返答ありがとうございます。
購入して使ってみます。自分は、ジオラマを作り出す前に、規格をどうしようとか、カントを付けるにはどうしようとか、いろいろ感がてしまって結局何も前に進まなくなってしまうのですが、作品を確実に作っていかれている経過を見てなるほどなと感心しています。ページを拝見させてもらって、今大カーブのジオラマを作成し始めました。私も、カーブでのBトレのしなやかな曲がり方が大好きで、そういった意味でも本当に参考させてもらっています。また、いろいろお聞きすると思いますが宜しくお願い致します。
Posted by 瀬戸電 at 2016年09月24日 23:09
参考になり幸いです。
自分も、今になって思うと、ああした方が良かったかな〜ということもありますが、それでも作って遊べるようにはなっているので、満足です。そろそろ、これ以上増やすことも出来ないので、既存のユニットの気になるところを手直ししようかなとも考えています。そういうことが出来るのも良いところかもしれませんね。
Posted by もひょ at 2016年09月25日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442034957

この記事へのトラックバック