2016年09月30日

いすみ鉄道&小湊鐵道&房総中央鉄道館を巡って来ました

千葉県の大多喜にある「房総中央鉄道館」に行ってきました。
鉄道グッズやレイアウトがあるとHPにあったので以前から機会があったら寄ってみたいなと思っていました。

ルートは時計回りで、東京〜大原〜大多喜〜上総中野〜五井〜東京といった感じです。

まずは、外房線のわかしお号に乗り大原まで行きます。京葉線ホームから出発なので地下です。
ちなみに、自由席でしたがガラガラ。。。

DSC_8429.JPG

大原駅でいすみ鉄道ムーミン列車とご対面。

DSC_8460.JPG

地方鉄道なので乗る人は少ないのかなと思ったら、いすみ鉄道はかなりの混雑具合。
立っている人も居ました。車両も内装はとても綺麗です。
トイレも完備していました。いすみ鉄道はレストランキハというレストラン列車もあるからですかね。

先頭車から前面を撮った写真です。天気も良いし絶好の乗り鉄日より。

DSC_8462.JPG

ムーミン列車は社内にもムーミンのイラストがありました。

DSC_8464.JPG

この写真の中央付近にムーミンが居るらしいのですが。。。
肉眼ではスナフキンらしきものしか確認出来ませんでした。
列車はゆっくり走ってくれるのですが、車窓から見える範囲が広いので「どこだどこだ」で大変でした。

DSC_8469.JPG

風景は自然たっぷりです。
一口に自然と行っても色々な表情があるので車窓も開きません。

DSC_8471.JPG


DSC_8476.JPG

駅にもムーミンが。

DSC_8483.JPG

車窓に見とれていると大多喜駅に到着。

DSC_8486.JPG

こちらはレストランキハですかね。ムーミンではない列車もいらっしゃいました。

DSC_8490.JPG

駅舎外観。

DSC_8539.JPG


DSC_8548.JPG

房総中央鉄道館の外観は中々風情がある建物です。
大多喜は、このような風情のある建物が多く残っていて観光の一つになっているようです。

DSC_8497.JPG

房総中央鉄道館の中は、思った通りな感じで(^_^)、鉄道好きな方が趣味でやっているような所です。
鉄道グッズの販売と、レイアウトがあり、レイアウトは手前にNゲージ、奥にHOゲージでした。
ただ、奥は販売していないグッズの展示も有り写真は撮れないので見たい方は実際行ってみてください。




おぉ。TOMIXの初期のパワーパックがこんなにたくさん。。。

DSC_8500.JPG

メインのレイアウトのコースは長〜い楕円です。模型好きの人が趣味で遊んでいる感じ。(^_^)

DSC_8510.JPG


DSC_8509.JPG


DSC_8517.JPG


DSC_8501.JPG


DSC_8514.JPG


DSC_8502.JPG


DSC_8505.JPG


DSC_8503.JPG


DSC_8508.JPG

一通り楽しんだので小湊鐵道との乗換駅、上総中野に向かいます。今度はムーミンではない列車です。

DSC_8576.JPG

中は綺麗で新しいです。

DSC_8555.JPG


DSC_8556.JPG

相変わらず車窓は素晴らしい。大多喜から上総中野までは最後尾を陣取ることが出来たので後方展望がとれました。

DSC_8566.JPG


DSC_8562.JPG


DSC_8570.JPG


DSC_8565.JPG




上総中野駅に到着。この駅も良い駅ですね。ヤクルトの自動販売機がちょっと邪魔。(;.;)

DSC_8581.JPG


DSC_8583.JPG

ここで小湊鐵道に乗り換えです。
小湊鐵道は、車両の中は以前のままで扇風機+窓開け、綺麗とはいえませんが味はあります。

DSC_8578.JPG

DSC_8585.JPG

いすみ鉄道も、小湊鐵道も気動車なのでエンジン音が良い感じです。
両方とも揺れますね。鉄道に乗っているいう感じたっぷりです。
さらに、ガタンゴトンとちゃんと音がします。

小湊鐵道は扇風機なので少し熱いのですが、トンネルに入ると窓から涼しい風が入り込んで気持ちよいです。

DSC_8588.JPG

途中で小湊鐵道のトロッコ列車を発見。

DSC_8593.JPG

五井駅に到着。小湊鐵道の列車基地もあります。

DSC_8608.JPG

五井駅からは横須賀線直通・総武快速線に乗車。しかもグリーン。
最近の首都圏を走る通勤電車はロングレール化もあり、ガタンゴトンとは音がせずシューという音だけです。
でも、それはそれで気持ちいい。

DSC_8612.JPG


今日も一日、お疲れ様でした〜





posted by もひょ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック