2017年08月20日

第18回 国際鉄道模型コンベンションに行ってきました

今年も東京ビックサイトで行われた国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。

夏の鉄道模型好きイベントとして、松屋銀座の鉄道模型ショウ(今年は会場の都合で中止)、
鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンションがありますが、いよいよ最後のイベントです。

2016年の第17回鉄道模型コンベンションはこちら。
2015年の第16回鉄道模型コンベンションはこちら。
2014年の第15回鉄道模型コンベンションはこちら。
2013年の第14回鉄道模型コンベンションはこちら。


今年も写真を撮りまくりで大量になってしまったのですが、どれもこれも素晴らしいです。
特に動画冒頭のモノレールは感動しました。



入って直ぐは企画展示の「宮下洋一ジオラマワールド」の作品が並んでいました。
HOゲージのジオラマで、どれもこれも素晴らしい。細部まで凄い丁寧です。

DSC_2488.JPG


DSC_2489.JPG


DSC_2497.JPG


DSC_2484.JPG


DSC_2486.JPG

次は、今回一番凄いなと思ったジオラマ。
なんとNゲージスケールのモノレールです。スムーズにすいすいと気持ちよく走っていました。
動画も撮影したので見てみてください。3Dプリンターで出したと説明がありました。
モノレールの桁もリアルです。

DSC_2600.JPG


DSC_2602.JPG

走る様子は動画にもしっかり納めていますので良かったら見てください。

DSC_2599.JPG


DSC_2597.JPG

このマンションも丁寧に作られていて見ごたえ十分。

DSC_2603.JPG


DSC_2605.JPG


DSC_2606.JPG


DSC_2810.JPG

次は多階層のレイアウト。
こっちにもある、あっちにもある。。。といった感じで見ていて楽しいです。
持っている車両の展示も出来るし、アイディアが良いですよね。

DSC_2675.JPG


DSC_2679.JPG


DSC_2680.JPG


DSC_2682.JPG


DSC_2676.JPG


DSC_2677.JPG


お次は鎌倉をベースとしたNゲージのジオラマです。
何年か前のJAMで見たような。。最近見ていなかったのでお久しぶりな感じでした。

凄いのが、サイズもそこそこ大きいですが、ギュッと鎌倉・藤沢・江ノ島の風景が
納められています。

あ〜これこれという風景を、よくぞ、ここまで詰め込んだなと、
さらに線路のコースが秀逸で、このレイアウトをチョコチョコと
縦横無尽に走って行きます。

DSC_2551.JPG


DSC_2553.JPG


DSC_2550.JPG

写真ではわかりにくいですが、本物の江ノ電もびっくり、グニョングニョンにレールがひかれています。

DSC_2549.JPG


DSC_2552.JPG


DSC_2556.JPG


DSC_2555.JPG

次は、昨年も絶賛した、木こり鉄道のしまなみラインさん。Nゲージです。
鑑賞していた皆さんも話していましたがセンスが素晴らしい。
ストラクチャなどは市販の物も多く見られるのですが、ここまで統一感をだしたレイアウトは作れません。

DSC_2523.JPG

青いLEDで海の下から照らすという演出もすばらしいです。

DSC_2525.JPG


DSC_2531.JPG


DSC_2532.JPG


DSC_2530.JPG


DSC_2528.JPG


DSC_2534.JPG


DSC_2535.JPG


DSC_2766.JPG


DSC_2536.JPG

次は温泉街のような街並みのレイアウト。
高低差もあり、渓谷やトンネルなど見どころも沢山ありました。

DSC_2726.JPG


DSC_2724.JPG


DSC_2786.JPG


DSC_2729.JPG


DSC_2783.JPG

こちらは、確か去年のJAMでは普通に明るい展示でしたが、
今年は囲って暗くした夜景での展示となっていました。

明かりの色も商店街は白っぽく、まわりは黄色い色のように見えました。
とっても綺麗です。

DSC_2737.JPG


DSC_2735.JPG


DSC_2734.JPG

お次は、こぢんまりとしたレイアウトですが建物や木々の小物などがうまいです。
また、列車が通り過ぎると、線路に人が出てくるギミックなど、良く出来ていました。
ギミックについては動画にも撮っています。

DSC_2641.JPG


DSC_2806.JPG


DSC_2805.JPG


DSC_2801.JPG


DSC_2803.JPG


ここからは、「おっ、これは」と思った作品を紹介していきます。

こちらはTケージです。写真ではわかりにくいですが、めちゃめちゃ小さい。。。

DSC_2542.JPG

こちらはでかい。ゲージは3.5インチくらいかな。木と紙で作成しているそうです。
こういうのが見られるところもJAMの面白いところですね。
ただ、ゲージとしては年々Nゲージが多くなっている気がします。

DSC_2521.JPG

額縁の中に作成されたジオラマを車両が通っていきます。

DSC_2546.JPG


DSC_2559.JPG


DSC_2558.JPG

お堀のような水路が綺麗です。

DSC_2560.JPG


DSC_2562.JPG

この山はでかい。会場に持ち込む苦労が忍ばれます。迫力満点。

DSC_2580.JPG

例年通りプラレールも元気よく走っていました。

DSC_2566.JPG

レゴで作成されたLゲージもあります。

DSC_2714.JPG


自然と人工の造形物がとても綺麗。

DSC_2585.JPG

駅の中の細かいところまで作り込まれています。

DSC_2614.JPG


DSC_2613.JPG


DSC_2615.JPG


DSC_2617.JPG

実際にある風景をベースにすると人工物の作成が難しいんですよね。
木々や緑は、何となくそれっぽく見えるけど。

DSC_2620.JPG


DSC_2621.JPG

HOゲージのジオラマです。
このクロス、大変だったんじゃ無いでしょうか。
もちろん、ちゃんとカタカタ良い音を立ててスムーズに車両が通過していきます。

DSC_2624.JPG


DSC_2628.JPG

ほんわかした昭和の情景と、照明が素敵です。

DSC_2632.JPG


DSC_2634.JPG


DSC_2630.JPG

こちらは去年も見させて頂きましたが、今年見てもやっぱり好きです。
コースとしては1本道の行ったり来たり何ですよね。自動運転されていました。

DSC_2646.JPG

日本以外の風景を統一感を出して、纏めるって凄いですよね。
確かストラクチャはスクラッチだったんじゃないかと。去年説明聞いたのに。。。すいません。

DSC_2647.JPG

こちらは日本の田園の風景ですが、細かいところまで作り込まれているのでじっくり見てしまう作品です。

DSC_2650.JPG


DSC_2651.JPG


DSC_2653.JPG

ここまでアップで撮っても全く問題ない。
逆に細かさが引き立ちます。

DSC_2652.JPG

碓氷峠かな。めがね橋っぽいジオラマです。

DSC_2659.JPG

通信用?のケーブルとか芸が細かいですね。

DSC_2663.JPG


DSC_2662.JPG

ジブリ映画「風立ちぬ」の関東大震災のシーン。

DSC_2669.JPG

このフィギュア凄い。しかも震災から逃れる為に、皆さん荷物を担いでいて。。。
市販品のフィギュアでは無いですよね。。。

DSC_2670.JPG


DSC_2684.JPG


DSC_2688.JPG

この作品も好きです。
この色彩で統一されていて、少し寂しい感じというか。。。乾いた感じというか。
やはり、上手な人は塗装がうまいですよね。まねできないです。(;.;)
もちろん、架線もはっているし細かいところまでの作り込みも凄いです。

DSC_2773.JPG

こちらはHOナロー、軽便でしょうか。
最近は池袋鉄道模型芸術祭が出来たので、JAMでは、こういう作品は減ってしまった感じがします。

DSC_2689.JPG


DSC_2690.JPG


DSC_2691.JPG


DSC_2695.JPG


DSC_2696.JPG

そういえば海外型の模型も少なくなったような。。。

DSC_2716.JPG


DSC_2717.JPG


DSC_2795.JPG

少し前にJAMパンフの表紙となったレイアウトですね。
こちらも独特の世界観です。特に草木はパウダーでは無く、ちゃんと生えていますね。
その昔、パウダーで誤魔化せるのはNまでという話をされたことを思い出してしまいました。。。

DSC_2746.JPG


DSC_2747.JPG

こちらは去年初めて見て感動したジオラマ。複線×2つが上下にぐるぐる走っています。

DSC_2704.JPG


DSC_2705.JPG

こちらは写真ではわかりにくいですが、煙突から煙を吐いていました。

DSC_2761.JPG


DSC_2654.JPG


DSC_2673.JPG


DSC_2666.JPG


DSC_2668.JPG


DSC_2672.JPG


DSC_2658.JPG



DSC_2698.JPG


DSC_2700.JPG


DSC_2720.JPG


DSC_2699.JPG


DSC_2674.JPG


DSC_2710.JPG


DSC_2796.JPG


DSC_2740.JPG


DSC_2741.JPG


DSC_2745.JPG


DSC_2722.JPG


DSC_2721.JPG


DSC_2798.JPG


次はメーカのブースの紹介です。

まずはTOMIXの新製品。
GENBI新幹線です。自宅のレイアウトでは設計ミスにより新幹線が走れないという情けない状況ですが、
コレクションとしてちょっと欲しいです。

DSC_2571.JPG

TOMIXからHOゲージの115系。自分にとっては懐かしい車両です。

DSC_2570.JPG

ストラクチャの自作が出来ない自分としては建物のバリエーションが増えてくれるのはとってもありがたい。

DSC_2569.JPG

TOMIXが力を入れている新制御システム。
ギャップにより閉塞区間を作り、それぞれの区間を制御することにより何両もの車両を
走らせるシステムです。

DSC_2573.JPG

ただですねぇ〜
このシステムは大量の閉塞区間を作成する必要があることと、
ポイントも自動制御となる為、どうしてもフィーダー、ポイント、センサーの結線が大量になるという欠点が。。。
TOMIXの人も、2日目の朝最初は少なからず、あれ〜おかしいな〜といった感じで苦労されていたように見えました。

さらに、線路に細工をするので既に作成したレイアウトを、このシステム用に組み替えるのはかなり大変かと。
逆に、お座敷レイアウトでは運転しようと思ってから走らせるまでに今まで以上に時間がかかってしまいます。

さらにさらに、個人的な意見ですがTOMIXのセンサーは今ひとつ信頼が無くて。。。
過去に自分のレイアウトに踏切を組み込みましたが、センサーが反応しない状況が多く泣かされました。
反応しなくて踏切が閉まらないのは、まだ良いのですが、踏切が閉まったまま開かないことも有り、
延々と「カンカンカン音」が鳴り響くという寂しい状況でした。

ただ、国際鉄道模型コンベンションのような展示会、見せる為のレイアウトでは
人がレイアウトに張り付きで運転することも出来ませんし、良いのかもしれません。

DSC_2574.JPG


ミニチュア人形やさん。凄い人です。

DSC_2575.JPG

Zゲージで、さらにショーティーって。。
Zゲージ自体が小さいので、どうしてもディティールが弱いイメージがあるので、
さらにショーティーにすると、消しゴムみたい。失礼(_ _) 

DSC_2750.JPG


DSC_2751.JPG

DDFさんからソニーのアクションカムをのせる車両と、その車両を制御できるキット。
Android端末からブルートゥースでパワーパックを制御、映像はwifiでスマホに飛ばします。

DSC_2754.JPG

今回の展示で気になったのは、Wifiなりブルートゥースで制御するパワーパックが
そこそこ目に付いたこと。少なくとも4製品の企画が動いていそう。

@先日の鉄道模型コンテストで紹介したKATOさんのスマホから無線で制御するパワーパックの参考出展。
A先ほど紹介したDDFさん(こちらはパワーパック機能もありますが映像の方がメインか)のジオラマエクスプローラー。
B下の写真の中央、ロクハンさんから「e−コントローラー」。こちらはDCC、アナログ両方に対応。
C下の写真の一番右、ZAIZENさんから「トレインテック」。こちらはアナログ専用、運転画面を色々変えられるらしい。


DSC_2812.JPG

細かい仕様は違いますが、どの製品が来るのか、ユーザとしては楽しみです。









posted by もひょ at 14:18 | Comment(2) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロ級の写真とグッドコメント有難うございました。おかげでまた頑張れます老体にむちうって。
Posted by m8エムハチのpaulofransisco at 2017年08月23日 15:42
サイト訪問ありがとうございます。勝手に紹介してしまってすいません。

JAMでは毎回、可愛く楽しい作品を見せて頂きありがとうございます。これからも頑張ってください。楽しみにしています。



>m8エムハチのpaulofransiscoさん
>
>プロ級の写真とグッドコメント有難うございました。おかげでまた頑張れます老体にむちうって。
Posted by もひょ at 2017年08月23日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]