2017年09月20日

SL大樹&リバティー&スペーシアに乗ってきました

東武鉄道が運行するSL大樹に乗ってきました!!

SL大樹はもちろん、リバティー、スペーシアにも乗ってきました。
しかも、自分は全て初めての乗車です。

まずは旅のスタート、東武浅草駅。

DSC_3106.JPG

駅構内はSL大樹のポスターやテレビでメイキング動画を流すなど、なかなかの力の入れよう。

DSC_3110.JPG

プラレールで作成されたSL大樹のジオラマっぽい物もありました。笑

DSC_3112.JPG

SL大樹は下今市から出ているので、そこまではリバティーに乗車します。
早めに着いたら、「りょうもう」がいらっしゃいました。

DSC_3123.JPG


DSC_3126.JPG

浅草駅の先頭からパチリ。これが名物?の急カーブですね。
駅のホームも右側へ、かなりカーブしていました。

DSC_3151.JPG

発車時間が近づきリバティーが入線。ボディーがピカピカだ。

DSC_3128.JPG


DSC_3129.JPG


DSC_3148.JPG

ここは運転席同士の連結部分。かなり長い廊下。。。
特急車両の連結部分の通路って必要なのかな。。。とも思ってしまう。

DSC_3156.JPG

最新斜里卯なので綺麗。天井の間接照明の部分は曲線だったり、オシャレ。
左右のどちらの席にもコンセントがあり携帯の充電やパソコンにも便利。
ビジネス用途、座れる通勤電車の用途を考えているのかもしれませんね。

DSC_3189.JPG

途中にちらっと見えたのが、台湾鉄路管理局の自強号『普悠瑪(プユマ)』のデザインを施した
車両ではないかと思います。

DSC_3168.JPG

リバティーは車内販売や、車内売店はありませんので自分で買ってきたお弁当でお昼ご飯です。

DSC_3179.JPG

こちらも途中でちらっと見えた整備用の車両。
ちゃんと「大樹」のマークが入っていました。

DSC_3190.JPG


DSC_3191.JPG

お弁当を食べ終えたら下今市に到着。

SL大樹の運行に会わせて駅舎もリニューアルされたはずなので
外から見たかったのですが、残念ながら出来ませんでした。

というのも、今回はツアーでの旅行なので、乗車券が鬼怒川温泉駅まで
ということと、乗り換え時間が20分ほどしか無いのです。

でも、頑張って下今市駅を走って見学しました。

まずは、駅の中に作成されたSL展示館。

DSC_3205.JPG


DSC_3204.JPG

Nゲージで作成された鉄道模型ジオラマもありました。
ぶっちゃけ、ジオラマを見慣れている人から見ると、そんなに「おおっ」と
言うところは無い。(失礼ですいません)
机にあるボタンを押すと走るのでお子様には人気でした。

DSC_3210.JPG

軌道は楕円、線路はKATOベース、建物も市販製品のようですね。
もう少しよく見たかったのですが、何しろ時間が無かったので。。。
車両が、SL大樹として改造された物かC11既製品そのままかも。。。調査できず。。

DSC_3198.JPG


DSC_3209.JPG

JR四国から譲渡された客車はEF65で輸送したとのこと。
ヘッドマークには甲種輸送と書かれています。

DSC_3217.JPG

なぜか車掌車は2両あるらしい。。なんでだろ。

DSC_3216.JPG

こちらも駅構内になりますが、転車台や機関庫を見学できる広場があります。

DSC_3211.JPG


DSC_3214.JPG

中央の遠くにSL大樹が写っています。
一度後ろにバックして、下今市駅のホームに入線します。

DSC_3199.JPG


DSC_3196.JPG

いよいよホームに入線。凄い人人人。

DSC_3233.JPG

時間も無いので直ぐに乗車。
中は14系客車。確かに歴史ある客車ですがSL的では無い。
もちろん、床下の発電機により冷房ばっちり。(個人的にはうれしい)

DSC_3237.JPG

SLは外から見ると楽しいけど乗ってしまうと、何に牽引されているかよく分からないし、
意外と残念なんですよね。

しかも、この客車は窓を開けることはもちろん出来ず、煙を直に感じたりも出来ない。
カーブで先頭を見ると、かろうじてSLに乗っているんだなぁと思えます。

と、思っていたら、少し時間がたつと、どこからか煤っぽい煙の臭いが入ってきてちょっとうれしかった。

DSC_3247.JPG

乗車時間は35分と短いのですが、
車内では、記念品の配布、写真撮影、グッズの販売など、盛りだくさんです。

DSC_3241.JPG

SLのスピードはかなりゆっくりですが、鬼怒川温泉駅まではあっというまです。
ここでも写真撮影。笑

まずは、補機となるDE10です。
SLだけで頑張る姿を見たいですが、この区間は勾配も有り小型のC11だけでは難しいとのこと。

DSC_3254.JPG


DSC_3259.JPG

次は客車。

DSC_3261.JPG


DSC_3262.JPG

後方幕はSL大樹専用ですね。

DSC_3263.JPG

鬼怒川温泉駅にあるグッズ紹介コーナー。

DSC_3266.JPG

SL大樹の運行にあわせて綺麗になった鬼怒川温泉駅。

DSC_3332.JPG

次は、一大イベントの転車台による方向転換。
鬼怒川温泉駅の前に新設された転車台の前には、既に人が盛りだくさん。

DSC_3268.JPG

SL大樹さん登場。

DSC_3274.JPG

DSC_3277.JPG


DSC_3281.JPG


DSC_3289.JPG


DSC_3299.JPG

方向転換が完了した後、少しの間、この待避線?でお休みしていました。
DE10の機回しと本線が空くのを待っているんですかね。
ちなみに、ここの線路は架線がありませんでした。SL大樹専用ですね。


DSC_3302.JPG


DSC_3307.JPG

ATSが積まれている車掌車 床下には24Vのバッテリーが。
車軸発電機で発電するのか、走行前に充電を済ませておくのか。。。
SLでも蒸気発電機を追加して機関車にATSを搭載しているものもあったと思うけど。。。
SL大樹は何で、なんであえて車掌車に入れたんでしょう。謎です。

DSC_3308.JPG

ようやく下今市川へ出発できる体制になりました。

DSC_3321.JPG


SLの機回し、方向転換を見ていましたが、かなり大変そう。
こんな感じ。
列車到着→SL客車から切り離し→SL前進→ポイント切り替えて機回し線に→SL後進→
転車台へのポイントを切り替え→SL前進転車台へ→転車台で回転→機回し線まで前進して待機→
本線が空いたら前進して本線に進入→て後進して客車と連結。
しかも、その間にDE10も機回しして列車の進行方向後方に連結。

まぁ、この一連の流れがショーみたいな物で、見学の対象だから良いと思いますが、
普通にやっていた昔は、ターミナル駅は大変だったんだろうなと。

ショーが終わり誰も居なくなった転車台。。。

DSC_3329.JPG


ここからは、鬼怒川の観光旅行記。
駅前はSL大樹歓迎ムードたっぷり。

DSC_3327.JPG


DSC_3336.JPG

鬼怒川と言えば温泉。

DSC_3369.JPG

そして温泉街。

DSC_3389.JPG

もちろん鬼怒川。

DSC_3394.JPG

町には無料の足湯もあります。

DSC_3410.JPG

ロープウェイもあります。

DSC_3414.JPG


DSC_3421.JPG

山頂から鬼怒川の温泉街を一望。
山に囲まれた谷に鬼怒川が出来て、その川を中心に町が出来ていますね。

DSC_3440.JPG

山頂には、なぜかお猿さんが。でも間近で見れて可愛い。

DSC_3449.JPG


DSC_3429.JPG

最後の楽しみスペーシア。
帰りは鬼怒川温泉駅から浅草までスペーシアです。
そろそろ、新型スペーシアが発表されるのではと言う噂もあるので
早めに乗っておかないと。。

鬼怒川温泉発という感じですきです。

DSC_3486.JPG


DSC_3492.JPG

スカイツリーにより変更されたロゴですが、良いですよね。

DSC_3498.JPG

中は、特筆するところはありませんが。。。
観光特急らしく、ワゴン販売と、売店があるのがうれしいです。
リバティーは、悪くありませんが楽しい旅の始まりというウキウキ感が出ませんよね。

DSC_3505.JPG

途中の下今市では機関庫に入っているSL大樹がいました。

DSC_3516.JPG

浅草到着。観光タワーが出来たんですね。

DSC_3523.JPG

こちらが夕食。SL大樹弁当です。
このスコップ風のスプーンが気に入ったので購入しました。

DSC_3531.JPG


今回も、長くなってしまいました。
アクセスして頂いた皆様、ありがとうございました。




posted by もひょ at 18:10 | Comment(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]