2017年11月08日

青函連絡船を訪問 青森の八甲田丸&函館摩周丸

かつて、青森と函館の間を走っていた青函連絡船を見学してきました。
この連絡船は船の中に線路が敷設されていて、そのまま貨車を搭載できる鉄道連絡船です。

鉄道模型コンテストなどで鉄道模型の題材としても人気があり、
自分としても子どもの頃に毎年乗船していたので思い入れが深い船です。

まずは、飛行機で青森まで。関東圏からだと新幹線より安いですからね。笑

DSC_3585.JPG

青森駅前。少し寂しい。。。

DSC_3594.JPG

偶然にも青森駅内に過去の青森駅の写真が展示されていたのですが、
あまり変わらないので逆に微笑ましい。

DSC_3673.JPG

青森川のメモリアルシップは八甲田丸です。青森駅から徒歩五分くらい。

連絡線が運行していた時には青森駅のホームから跨線橋&桟橋?を経由して、
直接船に乗れたので、このアングルから見ることは無かったんですよね。

改めてみると、かっこいいし大きい。

DSC_3767.JPG


DSC_3769.JPG

青函連絡船は後部のハッチが開いて、陸側の線路と接続するのですが、
このアングルが、後部の線路と接続する可動橋からの眺めです。
船とは3線の線路で接続されます。
線路の下はクッションの為か木材で、かなり朽ちていて廃線感たっぷりです。

DSC_3608.JPG

船内には当時の船内案内図がありました。いるかのマークも懐かしい。。

DSC_3623.JPG

この辺りは、座席ではなくカーペットが敷かれて「ごろん」と正座なり、あぐらなりで乗船する区画だったかと。。
今は、当時の文化等を紹介する展示コーナーになっていました。

DSC_3627.JPG

青函連絡船の歴史紹介など、船の模型を使った展示は多いです。
模型好きにはうれしい。

DSC_3634.JPG

台風で転覆した洞爺丸ですね。洞爺丸に関連した安全に関する展示もありました。

DSC_3643.JPG


DSC_3641.JPG

鉄道連絡船ですし、連絡船の運用は国鉄&JRなので、
鉄道に関する展示や模型もあります。こちらはHOゲージですね。

DSC_3663.JPG

写真のアングルがイマイチですが、鉄道模型を使用した連絡線との鉄道接続のジオラマです。

DSC_3696.JPG

当時は座れなかったグリーン座席。

DSC_3666.JPG

機械好きにはうれしい、操舵室の見学。
前に人が居るように見えますが、人形さんです。

DSC_3705.JPG

これだけの船としては意外とスイッチ類は少ない感じ。


DSC_3711.JPG

船内モニター、警告ランプ等。

DSC_3713.JPG


DSC_3708.JPG

貨車が積まれる車両甲板も見学できます。
中は4線あるんですね。

DSC_3729.JPG

貨車も積まれた状態で展示されています。これはうれしい。

DSC_3727.JPG

貨車は1両ずつ船に固定します。1時間程度で全貨車の入れ替えをするという事なので、かなり大変そうです。

DSC_3734.JPG

DSC_3736.JPG

船の頭側には連結器がありました。
なるほど、貨車の先頭車両は船に連結されるんですね。

DSC_3731.JPG

貨車の積み替えに使用されていたディーゼル機関車。
実際には船の外で押し引きしていたと思うので、船の中に入ることは無かったのかも知れませんが。

DSC_3744.JPG


DSC_3740.JPG

船の中側から後尾部分に向けてはこんな感じです。
このハッチが開いて、線路が陸側と接続するんですね。

DSC_3745.JPG

最後にエンジンルーム。メカ萌え。

DSC_3750.JPG

エンジンルームの直ぐ隣にあるエンジンの制御室。

DSC_3760.JPG

これで八甲田丸見学は終了。青森市内でお食事。

DSC_3773.JPG

函館に行く為に青森駅に。
今となっては不必要に長いホーム。以前は長編成の夜行列車や特急が止まって活気があったんだろうな。
一番奥に見える(みえにくいけど)跨線橋が昔は青函連絡船まで伸びて列車を乗り換えるの同様に乗船できました。

DSC_3800.JPG

青い森鉄道がいらっしゃいましたのでパチリ。

DSC_3791.JPG


DSC_3802.JPG

新青森から在来線で新青森、北海道新幹線に乗り換えて新函館、そこから函館ライナーで函館に。
青森駅から函館駅は意外と面倒。。。

DSC_3825.JPG


DSC_3822.JPG


DSC_3851.JPG


DSC_3853.JPG

函館駅に到着。
函館駅も、古き良き歴史を感じる長〜いホーム。

DSC_3854.JPG

おー。函館本線のゼロキロポスト発見。

DSC_3857.JPG



DSC_3859.JPG

この色とデザイン好きです。

DSC_3862.JPG

函館といえば、函館市電。

DSC_3925.JPG


DSC_3921.JPG


DSC_3876.JPG


DSC_4063.JPG


DSC_3878.JPG

夜ご飯を頂いて本日終了。

DSC_3895.JPG

翌日は、函館側のメモリアルシップ摩周丸見学。
こちらも船の後部と陸の線路を接続する可動橋跡が残っています。

DSC_3933.JPG


DSC_3947.JPG


DSC_3954.JPG

こちらも船の模型など盛りだくさんでうれしいです。

DSC_3958.JPG


DSC_3994.JPG


DSC_3966.JPG


DSC_3967.JPG

青函連絡船って特殊な構造なのにカットモデルは少なかったんですよね。残念。

DSC_4002.JPG

青森側の八甲田丸と違って、車両甲板には入れません。
変わりに、遠隔カメラがあり、自分で色々動かしてモニター越しに見学できます。

DSC_4055.JPG

こちらはカーペット席がそのまま残っていました。
ここで、ごろんとしながら函館〜青森間の約4時間を過ごしていました。

DSC_4053.JPG

ブリッジの見学ももちろん可能。
あたり前ですが、青森側で見た八甲田丸と同じですね。笑

DSC_4023.JPG

ブリッジから見る函館山。

DSC_4022.JPG


DSC_4031.JPG

船側から見た陸との可動橋。
船側は潮の満ち引き&船の積載重量で上下しますから、陸と船で線路をあわせるのは中々大変だったと思います。

DSC_4057.JPG

これで摩周丸の見学は終了。函館市内で塩ラーメンのお昼ご飯。

DSC_4075.JPG

函館に来たので湯の川温泉へ。といっても無料の足湯につかるだけですけどね。

DSC_4081.JPG


DSC_4078.JPG

湯の川温泉の近くの函館市電の車両基地。

DSC_4128.JPG


DSC_4116.JPG


DSC_4117.JPG


DSC_4112.JPG

線路萌です。

DSC_4120.JPG


DSC_4104.JPG


DSC_4109.JPG

これで旅は終了。
今回の戦利品は青函連絡船のシャツとメモ帳でした。

DSC_4149.JPG





posted by もひょ at 12:56 | Comment(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]