2018年07月21日

自作パワーパックの紹介

今回は自作したパワーパックの紹介です。



以前の卓上レイアウトを作る為に、レイアウトに組み込んだ自作パワーパックを組み込んだのですが、
                           ↓これ
pp1.jpg

このパワーパック(部分)が以外に良くて、小さなケースに入れて持ち出し用として使っていました。



これが、周りの人に以外と評判が良かったので、追加で作ったり、
調子に乗って追加で作ってオークションで売ったら、結構買ってくれる人がいましたので、
こちらのブログでも紹介しちゃいます。

外見はこんな感じ。

pp2.JPG


pp3.JPG


中身は秋月電子のPWMキットを組み込んでいますので常点灯にも対応します。

電源は付属していないので別途必要です。

標準のアダプタージャックを設けているので1A程度のアダプターを接続すれば使用可能です。
また、下記のように内部でアダプター入力をプッシュ端子に繋げているので、
アダプター電源を別の目的でそのまま利用可能ですし、本パワーパックを数珠つなぎに接続することも可能です。
逆にプッシュ端子に9V電池を接続して動作させることも出来ます。

a.jpg


9V電池でも7両の583系(全車両LED室内灯装備)は楽々走行可能です。

pp5.JPG

9V電池でパワーパックを数珠つなぎしてみました。
8両のスカイライナーと7両の583系(両方とも全車両LED室内灯)の走行がギリギリ。
少し遅い。。

pp6.JPG


1Aのアダプターを接続すると、7両+8両も楽々余裕で走行できます。

pp7.JPG

秋月のキットを加工してケースに組み込んだだけなのですが、一つ作るのに数時間
かかるので、手間賃を少し加えてオークション価格を決めました。

まぁぁ、鉄道模型が出来る人は、このくらいは出来ると思いますが、
時間をお金で買うという事で。。。









posted by もひょ at 18:15 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]