2018年08月04日

名古屋にあるレトロでんしゃ館に行ってきました

名古屋にある、レトロでんしゃ館に行ってきました。
名古屋市電、地下鉄保存館です。

入館料は無料ですが、場所がちょっとよくない、というか、分かりにくい所にありました。
「こんなところから入るんだ」というところにあります。

DSC_8385.JPG

中は、そんなに広くはありませんが、実車も展示されています。

DSC_8394.JPG


DSC_8392.JPG

今は地下鉄とバスになってしまいましたが、昔は市電が走っていたんですね。

DSC_8404.JPG

鉄道模型ネタとしては、Nゲージのジオラマがありました。

DSC_8416.JPG

この手のジオラマとしては、意外と柵がしっかりしている。笑

DSC_8400.JPG

中心部分は名古屋駅付近の建物が再現されています。
ぱっと見、TOMIX、KATOの既製品もありますが、ちゃんと、このために作成した建物もありますね。

DSC_8412.JPG

成田エクスプレスが名古屋に停まっているのは。。。でも、子どもに人気が高いのでしょぅ。

DSC_8411.JPG

名古屋市役所や名古屋城があります。

DSC_8396.JPG


DSC_8399.JPG

こちらにはテレビ塔、右下には、「レトロでんしゃ館」があります。

DSC_8413.JPG

ガイドウェイバス(半自動運転)の「ゆとりーとライン」も再現されています。
バスといいつつ無軌条電車でもあるらしい、珍しい乗り物ですね。

DSC_8410.JPG

手前に見えるのはミュースカイですよね。乗ってみたかった。。

DSC_8409.JPG


DSC_8415.JPG

九州新幹線も走っちゃう。

DSC_8429.JPG

なんと、地下もあります。
運転はTOMIXのパワーパックで、誰でも動かす事が出来ます。

DSC_8426.JPG

気になったのが、この不思議な配線。
TOMIXのファイントラックを使用しているようですが、線路間を繋ぐように
白い配線が。。。。でも、配線が無いところもある。
接続不良を懸念しているのかなぁ。でも、そこまで酷くないとおもうけど。

DSC_8414.JPG


DSC_8421.JPG


DSC_8401.JPG

よく見るとこんな物が。
列車の位置情報表示システムかな。

建物も名古屋をモチーフとして代表的なものが配置されているし、
列車位置が表示されるシステムが追加されているなど、
単なる市販のNゲージ製品を買ってきて作っただけのレイアウトと言うわけではありませんでした。恐るべし。

DSC_8427.JPG

ちなみに、もう一つ小さなジオラマが展示されていました。
こちらも動くみたいですが、自分が見学した時間帯は動いていませんでした。

DSC_8417.JPG

珍しい、モノレールのカットモデル。

DSC_8386.JPG

屋外でひときわ目立つシールドマシーン。

DSC_8431.JPG



あとは、おまけです。
せっかく名古屋に行ったので、港にある、南極観測船「ふじ」と、海洋博物館の紹介です。

DSC_8305.JPG

エンジン4機、南極観測船は前後に船をゆらゆらさせて、氷を割って進むので、
ディーゼルで発電して、スクリューはモータ駆動とのこと。なるほど。
一回の航海で6000回以上も前後にゆらゆさせた事もあるとのこと。エンジン+ギアなら壊れそうだ。。。

でも、そうするとエンジン+前進後退自由自在の可変ピッチプロペラでも良さそうだけど。。。
まぁ、難しいことは分かりません。

DSC_8316.JPG

模型マニアが喜ぶ?、歴代の南極観測船です。
宗谷→ふじ→しらせ→しらせ(二代目)

DSC_8317.JPG

DSC_8318.JPG


DSC_8319.JPG


DSC_8320.JPG

船内の見学も出来ます。
残念ながらエンジンルームは上から眺めるのみでした。
こちらはブリッジの様子。

DSC_8328.JPG

大好きなカットモデル。

DSC_8330.JPG


次は、海洋博物館です。
こちらも、船の模型盛りだくさんです。

DSC_8351.JPG


DSC_8342.JPG


DSC_8339.JPG


DSC_8338.JPG

港の歴史などはジオラマで再現されています。

DSC_8352.JPG

え〜桟橋の前でターンテーブルで直角に曲げてたんだ。。。効率悪くない?と思ってしまう。

DSC_8353.JPG

名古屋港は自動車や自動車部品の輸出がメインですが、
そういえば飛行機産業もありましたね。

DSC_8348.JPG

名古屋港全景のジオラマはでかい!

DSC_8347.JPG

最後に展望台からの眺め。

DSC_8367.JPG

名古屋という事で、お昼はきしめん。
さすが本場。麺が太ーい。

DSC_8379.JPG


さらに、おまけのおまけ。
最後に、笠寺駅近くの「湯〜とぴあ宝」という健康ランドのようなスーパー銭湯のような、
日帰り入浴施設に行きました。

で、この温泉、なんと線路の隣。
露天風呂からは、外の様子は全く見えないが、鉄道の音は良く聞こえる。
普通の人なら「うるせ〜」だとは思うけど、自分にとっては超楽しい。

 ・ヒューという風切り音なら新幹線(だと思う)
 ・リズム良くガタンゴトンなら通勤電車(に違いない)
 ・ブウォーという音(きっと電気機関車)の後にやたらうるさく重そうなガタンガタン、
  軽そうなカシャンカシャンという音なら貨物(たぶん)
 ・まれにブウォーだけが通る(単機か〜!!)

といった感じで、音の違いが分かって凄く楽しい。見えないから正解が確認出来ないのが残念だけど。
いっそのこと、男湯は一部の塀を取っちゃって、「鉄道が見れる湯」として売り出しちゃえば?と思うくらい。

静岡の大井川鐵道も途中で、温泉で入浴している人が見える(つまり温泉側からも大井川鐵道が見れる)ところもあり、
賑わっているので、その筋には一定の需要はありそうな気はする。
特に貨物が間近というのはうれしい。

後で、googleマップで見たら塀の向こうはすぐ線路じゃん。

aaaa.jpg

写真では見えにくいけど、左端が新幹線、貨物線、東海道線が走っているらしい。
写真中央の少し右にある緑屋根の建物が「湯〜らんど」。
どう考えても、この複々々々・・線を見る為にあるような立地。

DSC_8434.JPG

最後に「湯〜とぴあ」で食事して帰宅です。
名古屋の人が見たら笑うのかなぁ〜。
味噌カツ、土手煮、手羽先、ひつまぶしがセットになった「名古屋名物午前」を頂きました。
名古屋満喫。

DSC_8439.JPG








posted by もひょ at 18:43 | Comment(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]