2018年11月17日

えちごトキめき鉄道の雪月花とJR西日本の花嫁のれんに乗ってきました!

えちごトキめき鉄道の雪月花とJR西日本の花嫁のれんに乗ってきました!
どちらも食事を提供する観光レストラン列車です。


東京から北陸新幹線で上越妙高に行き、そこから、えちごトキめき鉄道の雪月花に乗車。
雪月花で糸魚川まで行き、またまた北陸新幹線で金沢まで、金沢から特急かがり火で和倉温泉まで行きます。
和倉温泉で一泊して翌日、和倉温泉から金沢までJR西日本の花嫁のれんに乗るという行程です。

まずは、いつもの東京駅から北陸新幹線で始まり。

DSC_9607.JPG

新幹線の中では堅いアイスを、削って食べるのが大好きです。

DSC_9616.JPG

そんなうちに、上越妙高駅に到着。ここで雪月花に乗ります。

DSC_9626.JPG

雪月花、入線。かっこいいです。

DSC_9649.JPG

外から見ても窓がでかい。フレームはあるものの横一列全面に窓で、天井まで広がっています。

DSC_9656.JPG

印象的なトレードマーク。

DSC_9658.JPG


DSC_9652.JPG

内装も超綺麗。明るいし開放感もあります。
窓が上まで広がっていることと網棚などが無いので、かなり広く感じます。

DSC_9659.JPG

自分達は、こちらの後ろの方の席でしたが
4人座れるところに2人の配置だったので、荷物などの置き場にも苦労せずラッキーでした。

DSC_9662.JPG

お客さんが入ってくる席には、既に食事の準備がされていますが、
食事自体はまだ、運ばれていません。昼食の時間近くに用意されるようです。
それでも、メニューや雪月花の小冊子が置かれていて、ワクワク感がアップします。

DSC_9676.JPG

こちらは無料で誰でも入れるラウンジ。
床が一段高くなっていて運転席&正面が見やすい特等席です。

DSC_9664.JPG

走り出すとこんな感じで、左右両方に景色が流れていきます。
この車両はディーゼルなので、走り出しや坂道だと、ウィーン、ブィーンというエンジンのうなり音が聞こえます。
その後、ウィーン、ブィーン、シュルシュルシュル。。。。 
と音は消えて蛇行運転になったかな〜といった感じが楽しめます。
これはこれで、ディーゼルだぜ!という感じが出るので自分としてはにっこりです。

ちなみに、うるさいかというと、そんな事はありません。
一緒に行った奥様に、エンジン音が良いねぇと言ったら、「えっなにが??」と言った感じで、
あえて、注力しないと気にはならないと思います。

DSC_9679.JPG

先頭のラウンジからは前面展望が楽しめます。

DSC_9684.JPG

運転士さんの操作も楽しめます。笑

DSC_9694.JPG

普通に座っても、正面には外の景色がドーンと広がっています。

DSC_9692.JPG


DSC_9688.JPG

車内の売店では、お土産などが販売されていました。

DSC_9741.JPG



スイッチバックがある二本木駅までは、車窓と車内を楽しんでいるとあっという間です。
スイッチバック運転も前面&後面?展望が楽しめます。

DSC_9697.JPG

スイッチバックのスノーシェルターに入っているところ。

DSC_9696.JPG


DSC_9702.JPG


DSC_9708.JPG

二本木駅で少しの休憩があります。
本来は二本木駅から妙高高原駅まで行くのですが、本日は「落ち葉が沢山ありすぎ」とのことで、
二本木駅で上越妙高側に折り返す運転でした。
この先は勾配はキツいのですが、落ち葉で行けないの〜と思いましたが、
落ち葉を車輪で踏みつぶすと油分が出てきて、それで滑ってしまうとのこと。

DSC_9714.JPG


DSC_9710.JPG


DSC_9723.JPG

二本木駅では、記念のスタンプや、昔の駅舎風景などが展示されていました。

DSC_9720.JPG

また、温かい、お雑煮?(味噌汁に小さな餅が入ったもの)を無料で振る舞っており、
とても美味しかったです。
車内では、この先で食事が出るので、どうしようかなぁと思いましたが、食べちゃいました。
そんなにボリュームもなく、ちょうど良かったです。

最近は観光列車も増えてきたので、こういう追加のおもてなしがとってもうれしいです。

DSC_9718.JPG

二本木駅の待合室には二本木駅周辺のジオラマが展示されていました。
TOIMXベースのNゲージですね。\(^_^)/
駅にはちゃんと「二本木」と書かれています。

DSC_9728.JPG

右手前が上越妙高側、下る路線です。

DSC_9729.JPG


DSC_9731.JPG


DSC_9734.JPG

二本木駅を堪能した後、車内に戻ると食事の準備がされていました。
お〜。三段重なっていると、中々の高さです。

DSC_9745.JPG

素晴らしい。もちろん出発前に雪月花のホームページで確認しましたけどね。
たくさんの種類のおかずが入っているのもうれしいです。

DSC_9748.JPG

全て美味しいです。
普段から、あまり良いものは食べないので、お品書きがないと、
自分が食べているものが何なのか分からないです。笑

あと、写真では少ないし、お腹いっぱいにならないかもな〜と思っていましたが、
意外とボリュームも有り満足です。まぁ、量については人それぞれだとは思いますが。。。

DSC_9678.JPG


お食事が一段落する頃に、直江津に到着します。
ここでも少し駅を見学でき、ゼロキロポストの説明がありました。
なぜ、信越本線の途中にある直江津にゼロキロポストがあるのじゃ?という話です。

DSC_9754.JPG


DSC_9761.JPG

直江津を出発すると、デザートが準備されました。
こちらも、おいしい〜! 
食事よりデザートの方が車窓を見ながらゆったり味わうことが出来る気がします。

ちなみに、直江津でも進行方向が変わるので、スイッチバックも含めて、
右に行ったり左に行ったりする感覚です。
(座席が進行方向ではなく窓に向かっているので、景色が右に流れたり左に流れたり。。。)

DSC_9781.JPG

車窓の方も、海岸線近くで海が見えたり、山の景色から変化があり楽しいです。

DSC_9773.JPG


DSC_9782.JPG

そして、トンネルも多い。雪月花では正面の景色も見えるので、さらに楽しい!
トンネルの出口が近づくとテンションが上がります。

DSC_9772.JPG

トンネルの中では少しムーディ〜 笑

DSC_9767.JPG

モグラ駅の筒石駅で少し停車してくれました。
本当は出たかったけど、まあ、元々停車する駅ではないですし、見れただけでも良かったです。

DSC_9785.JPG

DSC_9792.JPG

最後に、せっかくだからトイレを利用します。
列車のトイレは、少なからず規格化されているのかな。
新幹線で見る、ドアが円弧のタイプです。もちろん中は綺麗!!

DSC_9766.JPG


DSC_9765.JPG

あっという間に、糸魚川駅に到着。名残惜しいけどさよならです。
もちろん、糸魚川でもたくさん写真は撮りましたが、殆ど、同じような写真ばっかりでした。。。

DSC_9796.JPG

糸魚川駅には、糸魚川ジオパルという鉄道好きにはたまらない鉄道ジオラマがあるのですが、
そちらには既に行ったことがあるので(糸魚川ジオパルの紹介はこちら)今回は素通りで、新幹線で金沢に行きます。

DSC_9812.JPG

能登かがり火号で和倉温泉まで移動します。

DSC_9815.JPG


DSC_9817.JPG


DSC_9820.JPG

和倉温泉到着! はるばる能登半島まで来ましたよ〜
ちゃんと、花嫁のれんの垂れ幕もありました。明日の乗車が楽しみです。

DSC_9826.JPG


DSC_9964.JPG

せっかく温泉地に来たので、お宿に着く前に、足に湯つかりました。
ここは、「湯っ足りパーク」というところで海のすぐそばにあり、
海を見ながらゆったり足湯につかれます。さらに無料で利用可能というありがたさ。

DSC_9851.JPG


DSC_9844.JPG

そして、お宿でゆっくり。
観光列車に乗ることが目的なので、お宿は、その日に宿泊可能で一番安いところにしたのですが、
テレビがブラウン管の4:3テレビなので、写真に撮ってしまいました。まだ生き残ってたんですね。
コンバーターを介して、ちゃんと地デジが写ります。

もちろん、安いといってもお食事や、温泉など、全く問題ありませんでしたよ。

DSC_9870.JPG


2日目、花嫁のれんは和倉温泉駅を12時7分発なので、少し時間があります。
温泉街の中心には公園的なモノや、句碑があったりします、さらに七福神巡りもあるので廻ってみました。
七福神は粗品がもらえるのですが、本当に粗品です。笑 

DSC_9923.JPG


DSC_9949.JPG

そして、ついに2つめの目的、花嫁のれんへの乗車です。
赤と黒、そして花柄できらびやかです。

DSC_9968.JPG

側面の「金」のカラーリングが眩しい。

DSC_9973.JPG


DSC_9972.JPG

キハ40形ですよ。この列車!! 笑
この変身ぶりがすごいです。
JR九州の観光列車、指宿のたまてばこ、いさぶろうしんぺい、はやとの風も、キハ40形だったと思いますが、
それは、ドアの位置や窓の形に原型が残っていますが、こちらは外から見ると特に横からだと、中々分からないです。
或る列車ほどではないですが、かなりの魔改造状態。笑

DSC_9974.JPG

拡大しないと分からないですが、ちゃんと運転席上部にキハ48とあります。
ちなみに、運転席は、良い感じに昔っぽかったです。

DSC_9988.JPG

連結器は密着自動連結器。

密着自動連結器.JPG

前日に乗車した、雪月花もそうですが、花嫁のれんもアテンダントの方がお出迎えしてくれます。
乗り口には段差(ステップ)があります。のぜならベースがキハ40形だから。。。
決してディスっているわけではなく、愛おしいのです。

DSC_9989.JPG

中に入ると、花嫁のれんの、特徴である木の格子が、まず目に入ります。
さらに、通路が少し曲がりくねっています。これは中々ありません。

DSC_9992.JPG

座席は、4人席や3人席、2人席があります。
残念ながら座席の中央に窓が来るようにははなっていません。
これは、以前に乗ったしなの鉄道の「ろくもん」でもそうでした。
やはり改造列車の宿命で、窓をなくすことは出来ても、窓の位置自体の移動は難しいのでしょう。

DSC_9990.JPG

3人席は珍しいですね。

DSC_9993.JPG

こちらも窓に向かって3人の座席。テーブルが若干小さいようにも思えました。

DSC_9996.JPG

石畳のような床は、絨毯の柄で表現されていました。
さすがに、でこぼこしていたら危ないですからね。

DSC_0009.JPG


DSC_0010.JPG

通路と併せて、天井の照明もウネっています。面白いですよね。

DSC_0039.JPG

車両の中央部分には色々、素晴らしそうなモノも展示されていました。
但し、購入は車内ではなくスマホで申し込むスタイルのようです。

DSC_0011.JPG

車内に乗車スタンプがあるので忘れないように押しておきます。

DSC_0016.JPG


この列車は2両編成ですが、もう一車両は木の格子はなく、オープンな感じです。
こちらの床に描かれた通路?も直線ではなく小道のように少しカーブの部分があります。

DSC_0022.JPG

反対側面にはディスプレイが有り、ちょっとしたイベントが出来る
スペースになっています。

DSC_0017.JPG

この妻面は一面金色です。金箔でしょうかね。ゴージャスです。

DSC_0019.JPG

こういう所も金ぴかです。

DSC_0029.JPG

どこかの駅で、のと里山里海号とすれ違いました。
あちらも乗ってみたいです。

DSC_9997.JPG

七尾駅を過ぎた後頃から、お食事が配布されてきました。
こちらも、お重箱です!!
ちなみに、雪月花同様、こちらもディーゼルなのでエンジン音が楽しめます。

DSC_0052.JPG

名前は和軽食セットなので、量は少ないだろうなと思いましたが、
いがいと、こちらもお腹いっぱいになりました。

ご飯もみっしり、おかずも種類がたくさんです。
残念なのは時間が少ないことです。
和倉温泉から金沢まで1時間15分くらい。
車内も探検して楽しみたいですし、色々みたい、車窓も楽しみたい、
車窓を見ながらゆ〜っくりご飯を食べたいと考えると、ちょーっと時間が少ないですね。

DSC_0063.JPG


DSC_0046.JPG


走っている途中に羽咋(はくい)市の方達による、羽咋市のプロモーション?が行われ楽しかったです。
なんでも、羽咋市はUFOがたくさん見えるのだとか。
そもそも羽咋市というものを知らなかったし見ても漢字が読めなかった。。。今回の旅で初めて知りました。

DSC_0056.JPG

凄いことに、羽咋市の方から観光パンフと、ティッシュ、ぬれティッシュ、さらにお米を頂きました。
羽咋市のお米は有名なんだそうです。これは嬉しい!

DSC_0048.JPG

さらに、途中でサロンカーに遭遇。

DSC_0072.JPG

恒例のトイレチェック、もちろん綺麗です。

DSC_0034.JPG

金沢駅に到着。418とかかな。

DSC_0075.JPG

花嫁のれんも、あっという間でした。とっても名残惜しいです。
そもそも時間が短いですからね。(;.;)
ただ、花嫁のれんは観光列車としては、破格の安さです。\(^_^)/
乗車券と特急券で2,750円、お食事券が2,500円ですから併せても5,250円、
超お得としか思えません。

後は、消化試合みたいなモノです。
金沢に降りて軽〜く金沢観光をしました。

金沢と行ったら、まずコレですね。

DSC_0079.JPG

その他、兼六園や、金沢城公園、

000.gif

観光客が好きそうな、金箔が貼られたアイスも食べました。

DSC_0105.JPG

さらに、観光客向けの金箔が散らされた海鮮丼的なものも食べました。
美味しかったです。

DSC_0110.JPG

雪月花で頂いた、パンフ、記念カード、スタンプ、お品書きなど。

DSC_0003 (2).JPG

雪月花で頂いた、記念乗車券(というか、本当の乗車券を保存できる台紙)、お品書きなど。
この乗車券を保存できる台紙は良いアイディアですね。

DSC_0005 (2).JPG

偶然ですが、お土産として、雪月花でもお米とカステラを、
花嫁のれんでも(JRではなく地元の羽咋市の方からですけど)お米を頂きました。
美味しいお米が頂けてで良かったです。

DSC_0006 (2).JPG

以上、お付き合い頂きありがとうございました。





posted by もひょ at 23:59 | Comment(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]