2017年09月17日

アオシマのプラモデル DD51 完成しました! (T_T)


約2ヶ月掛かって、ついに完成させましたので報告します。

ただ、同じくDD51を作成されている方々と比べると。。。
かなり酷いもんでして。笑

その辺りは、素人が作るとこんなモンかという感じで見て頂ければと思います。

真横から見るとこんな感じ。
塗装、デカールがボロボロなのでアップには耐えませんが。。引きで見るとそこそこ。

DSC_3118.JPG

このプラモデルは内部構造も再現されています。
本物のメンテナンス時と同様にカバーが外れます。

DSC_3199.JPG


DSC_3098.JPG


DSC_3201.JPG


DSC_3120.JPG


DSC_3203.JPG

ちなみに、スケールは1/45のOJゲージとなっており、
Nケージと比べると大きさの差が凄い!!

DSC_3207.JPG


DSC_3206.JPG


ここらかはメイキング画像。
エンジンや台車も殆ど実車通りの構造。

DSC_2174.JPG

台車はブレーキロッドを動かして緩急させることが出来ます。
実車もバネの所はバネで再現。

DSC_2168.JPG

このプラモを組み立てて良かったことは、実車の構造が本当によく分かったこと。

DSC_2188.JPG

黒色のパーツもあるのに、なぜか台車は青色パーツやグレーパーツなので自分で塗る必要が。

DSC_2215.JPG

台枠もパーツの組み立て、色塗りが必要でした。

DSC_2210.JPG

この冷却の羽根はDD51らしい部分ですね。

DSC_2334.JPG

ここまで来ると別に作成した部品をのっけて、それらしくなってきます。
ちょっとうれしい。

DSC_2373.JPG


DSC_2337.JPG


DSC_2352.JPG

液体変速機、エンジン、油圧ポンプ、空気圧縮などが縦に綺麗に並んでいたんですね。
特に一番先頭部分って何が入っているのかと思いましたが、油圧や冷却系などだったんですね。
このプラモで初めて分かりました。

DSC_2358.JPG

エプロン部分は金属のパーツも使用します。

DSC_2403.JPG


DSC_2452.JPG

次は運転台。ここはへたくそには大変。
デカールは破けるし、塗り分けも難しいし。というか、細かいところは諦めたし。

DSC_2821.JPG

運転台の真ん中にあるのはスチームジェネレーターとのことでした。
夏は暑くて大変では?

DSC_2839.JPG


DSC_2842.JPG


DSC_2835~01.JPG

運転台や、今まで作成したパーツを取り付けて、ほぼ完成。

DSC_2455.JPG


DSC_2453~01.JPG

デカール張る前ですね。ここくらいが一番よかったのかも。。。

DSC_3011.JPG


DSC_3024.JPG


DSC_3023.JPG

最後にデカールを張ります。
破れるし、ちぎれるし、ずれるし、細かい部品(特に手すり)がポロポロ取れ出すし、も〜大変。
近くで見るとかなり、酷い状況。でも、遠目で見ればまぁまぁかな。笑


DSC_3099.JPG


DSC_3101.JPG


DSC_3108.JPG


DSC_3205.JPG


DSC_3110.JPG

DSC_3122.JPG

そこそこ大変でしたし、出来は「自分なりの出来」ですが、、完成させることが出来て良かったです。
なんといっても、内部の構造や仕組みが知れた事が良かったです。







posted by もひょ at 15:35 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

第18回 国際鉄道模型コンベンションに行ってきました

今年も東京ビックサイトで行われた国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。

夏の鉄道模型好きイベントとして、松屋銀座の鉄道模型ショウ(今年は会場の都合で中止)、
鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンションがありますが、いよいよ最後のイベントです。

2016年の第17回鉄道模型コンベンションはこちら。
2015年の第16回鉄道模型コンベンションはこちら。
2014年の第15回鉄道模型コンベンションはこちら。
2013年の第14回鉄道模型コンベンションはこちら。


今年も写真を撮りまくりで大量になってしまったのですが、どれもこれも素晴らしいです。
特に動画冒頭のモノレールは感動しました。



入って直ぐは企画展示の「宮下洋一ジオラマワールド」の作品が並んでいました。
HOゲージのジオラマで、どれもこれも素晴らしい。細部まで凄い丁寧です。

DSC_2488.JPG


DSC_2489.JPG


DSC_2497.JPG


DSC_2484.JPG


DSC_2486.JPG

次は、今回一番凄いなと思ったジオラマ。
なんとNゲージスケールのモノレールです。スムーズにすいすいと気持ちよく走っていました。
動画も撮影したので見てみてください。3Dプリンターで出したと説明がありました。
モノレールの桁もリアルです。

DSC_2600.JPG


DSC_2602.JPG

走る様子は動画にもしっかり納めていますので良かったら見てください。

DSC_2599.JPG


DSC_2597.JPG

このマンションも丁寧に作られていて見ごたえ十分。

DSC_2603.JPG


DSC_2605.JPG


DSC_2606.JPG


DSC_2810.JPG

次は多階層のレイアウト。
こっちにもある、あっちにもある。。。といった感じで見ていて楽しいです。
持っている車両の展示も出来るし、アイディアが良いですよね。

DSC_2675.JPG


DSC_2679.JPG


DSC_2680.JPG


DSC_2682.JPG


DSC_2676.JPG


DSC_2677.JPG


お次は鎌倉をベースとしたNゲージのジオラマです。
何年か前のJAMで見たような。。最近見ていなかったのでお久しぶりな感じでした。

凄いのが、サイズもそこそこ大きいですが、ギュッと鎌倉・藤沢・江ノ島の風景が
納められています。

あ〜これこれという風景を、よくぞ、ここまで詰め込んだなと、
さらに線路のコースが秀逸で、このレイアウトをチョコチョコと
縦横無尽に走って行きます。

DSC_2551.JPG


DSC_2553.JPG


DSC_2550.JPG

写真ではわかりにくいですが、本物の江ノ電もびっくり、グニョングニョンにレールがひかれています。

DSC_2549.JPG


DSC_2552.JPG


DSC_2556.JPG


DSC_2555.JPG

次は、昨年も絶賛した、木こり鉄道のしまなみラインさん。Nゲージです。
鑑賞していた皆さんも話していましたがセンスが素晴らしい。
ストラクチャなどは市販の物も多く見られるのですが、ここまで統一感をだしたレイアウトは作れません。

DSC_2523.JPG

青いLEDで海の下から照らすという演出もすばらしいです。

DSC_2525.JPG


DSC_2531.JPG


DSC_2532.JPG


DSC_2530.JPG


DSC_2528.JPG


DSC_2534.JPG


DSC_2535.JPG


DSC_2766.JPG


DSC_2536.JPG

次は温泉街のような街並みのレイアウト。
高低差もあり、渓谷やトンネルなど見どころも沢山ありました。

DSC_2726.JPG


DSC_2724.JPG


DSC_2786.JPG


DSC_2729.JPG


DSC_2783.JPG

こちらは、確か去年のJAMでは普通に明るい展示でしたが、
今年は囲って暗くした夜景での展示となっていました。

明かりの色も商店街は白っぽく、まわりは黄色い色のように見えました。
とっても綺麗です。

DSC_2737.JPG


DSC_2735.JPG


DSC_2734.JPG

お次は、こぢんまりとしたレイアウトですが建物や木々の小物などがうまいです。
また、列車が通り過ぎると、線路に人が出てくるギミックなど、良く出来ていました。
ギミックについては動画にも撮っています。

DSC_2641.JPG


DSC_2806.JPG


DSC_2805.JPG


DSC_2801.JPG


DSC_2803.JPG


ここからは、「おっ、これは」と思った作品を紹介していきます。

こちらはTケージです。写真ではわかりにくいですが、めちゃめちゃ小さい。。。

DSC_2542.JPG

こちらはでかい。ゲージは3.5インチくらいかな。木と紙で作成しているそうです。
こういうのが見られるところもJAMの面白いところですね。
ただ、ゲージとしては年々Nゲージが多くなっている気がします。

DSC_2521.JPG

額縁の中に作成されたジオラマを車両が通っていきます。

DSC_2546.JPG


DSC_2559.JPG


DSC_2558.JPG

お堀のような水路が綺麗です。

DSC_2560.JPG


DSC_2562.JPG

この山はでかい。会場に持ち込む苦労が忍ばれます。迫力満点。

DSC_2580.JPG

例年通りプラレールも元気よく走っていました。

DSC_2566.JPG

レゴで作成されたLゲージもあります。

DSC_2714.JPG


自然と人工の造形物がとても綺麗。

DSC_2585.JPG

駅の中の細かいところまで作り込まれています。

DSC_2614.JPG


DSC_2613.JPG


DSC_2615.JPG


DSC_2617.JPG

実際にある風景をベースにすると人工物の作成が難しいんですよね。
木々や緑は、何となくそれっぽく見えるけど。

DSC_2620.JPG


DSC_2621.JPG

HOゲージのジオラマです。
このクロス、大変だったんじゃ無いでしょうか。
もちろん、ちゃんとカタカタ良い音を立ててスムーズに車両が通過していきます。

DSC_2624.JPG


DSC_2628.JPG

ほんわかした昭和の情景と、照明が素敵です。

DSC_2632.JPG


DSC_2634.JPG


DSC_2630.JPG

こちらは去年も見させて頂きましたが、今年見てもやっぱり好きです。
コースとしては1本道の行ったり来たり何ですよね。自動運転されていました。

DSC_2646.JPG

日本以外の風景を統一感を出して、纏めるって凄いですよね。
確かストラクチャはスクラッチだったんじゃないかと。去年説明聞いたのに。。。すいません。

DSC_2647.JPG

こちらは日本の田園の風景ですが、細かいところまで作り込まれているのでじっくり見てしまう作品です。

DSC_2650.JPG


DSC_2651.JPG


DSC_2653.JPG

ここまでアップで撮っても全く問題ない。
逆に細かさが引き立ちます。

DSC_2652.JPG

碓氷峠かな。めがね橋っぽいジオラマです。

DSC_2659.JPG

通信用?のケーブルとか芸が細かいですね。

DSC_2663.JPG


DSC_2662.JPG

ジブリ映画「風立ちぬ」の関東大震災のシーン。

DSC_2669.JPG

このフィギュア凄い。しかも震災から逃れる為に、皆さん荷物を担いでいて。。。
市販品のフィギュアでは無いですよね。。。

DSC_2670.JPG


DSC_2684.JPG


DSC_2688.JPG

この作品も好きです。
この色彩で統一されていて、少し寂しい感じというか。。。乾いた感じというか。
やはり、上手な人は塗装がうまいですよね。まねできないです。(;.;)
もちろん、架線もはっているし細かいところまでの作り込みも凄いです。

DSC_2773.JPG

こちらはHOナロー、軽便でしょうか。
最近は池袋鉄道模型芸術祭が出来たので、JAMでは、こういう作品は減ってしまった感じがします。

DSC_2689.JPG


DSC_2690.JPG


DSC_2691.JPG


DSC_2695.JPG


DSC_2696.JPG

そういえば海外型の模型も少なくなったような。。。

DSC_2716.JPG


DSC_2717.JPG


DSC_2795.JPG

少し前にJAMパンフの表紙となったレイアウトですね。
こちらも独特の世界観です。特に草木はパウダーでは無く、ちゃんと生えていますね。
その昔、パウダーで誤魔化せるのはNまでという話をされたことを思い出してしまいました。。。

DSC_2746.JPG


DSC_2747.JPG

こちらは去年初めて見て感動したジオラマ。複線×2つが上下にぐるぐる走っています。

DSC_2704.JPG


DSC_2705.JPG

こちらは写真ではわかりにくいですが、煙突から煙を吐いていました。

DSC_2761.JPG


DSC_2654.JPG


DSC_2673.JPG


DSC_2666.JPG


DSC_2668.JPG


DSC_2672.JPG


DSC_2658.JPG



DSC_2698.JPG


DSC_2700.JPG


DSC_2720.JPG


DSC_2699.JPG


DSC_2674.JPG


DSC_2710.JPG


DSC_2796.JPG


DSC_2740.JPG


DSC_2741.JPG


DSC_2745.JPG


DSC_2722.JPG


DSC_2721.JPG


DSC_2798.JPG


次はメーカのブースの紹介です。

まずはTOMIXの新製品。
GENBI新幹線です。自宅のレイアウトでは設計ミスにより新幹線が走れないという情けない状況ですが、
コレクションとしてちょっと欲しいです。

DSC_2571.JPG

TOMIXからHOゲージの115系。自分にとっては懐かしい車両です。

DSC_2570.JPG

ストラクチャの自作が出来ない自分としては建物のバリエーションが増えてくれるのはとってもありがたい。

DSC_2569.JPG

TOMIXが力を入れている新制御システム。
ギャップにより閉塞区間を作り、それぞれの区間を制御することにより何両もの車両を
走らせるシステムです。

DSC_2573.JPG

ただですねぇ〜
このシステムは大量の閉塞区間を作成する必要があることと、
ポイントも自動制御となる為、どうしてもフィーダー、ポイント、センサーの結線が大量になるという欠点が。。。
TOMIXの人も、2日目の朝最初は少なからず、あれ〜おかしいな〜といった感じで苦労されていたように見えました。

さらに、線路に細工をするので既に作成したレイアウトを、このシステム用に組み替えるのはかなり大変かと。
逆に、お座敷レイアウトでは運転しようと思ってから走らせるまでに今まで以上に時間がかかってしまいます。

さらにさらに、個人的な意見ですがTOMIXのセンサーは今ひとつ信頼が無くて。。。
過去に自分のレイアウトに踏切を組み込みましたが、センサーが反応しない状況が多く泣かされました。
反応しなくて踏切が閉まらないのは、まだ良いのですが、踏切が閉まったまま開かないことも有り、
延々と「カンカンカン音」が鳴り響くという寂しい状況でした。

ただ、国際鉄道模型コンベンションのような展示会、見せる為のレイアウトでは
人がレイアウトに張り付きで運転することも出来ませんし、良いのかもしれません。

DSC_2574.JPG


ミニチュア人形やさん。凄い人です。

DSC_2575.JPG

Zゲージで、さらにショーティーって。。
Zゲージ自体が小さいので、どうしてもディティールが弱いイメージがあるので、
さらにショーティーにすると、消しゴムみたい。失礼(_ _) 

DSC_2750.JPG


DSC_2751.JPG

DDFさんからソニーのアクションカムをのせる車両と、その車両を制御できるキット。
Android端末からブルートゥースでパワーパックを制御、映像はwifiでスマホに飛ばします。

DSC_2754.JPG

今回の展示で気になったのは、Wifiなりブルートゥースで制御するパワーパックが
そこそこ目に付いたこと。少なくとも4製品の企画が動いていそう。

@先日の鉄道模型コンテストで紹介したKATOさんのスマホから無線で制御するパワーパックの参考出展。
A先ほど紹介したDDFさん(こちらはパワーパック機能もありますが映像の方がメインか)のジオラマエクスプローラー。
B下の写真の中央、ロクハンさんから「e−コントローラー」。こちらはDCC、アナログ両方に対応。
C下の写真の一番右、ZAIZENさんから「トレインテック」。こちらはアナログ専用、運転画面を色々変えられるらしい。


DSC_2812.JPG

細かい仕様は違いますが、どの製品が来るのか、ユーザとしては楽しみです。









posted by もひょ at 14:18 | Comment(2) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

久しぶりの卓上ジオラマ手入れ

走らせて遊べるようになってしまった為、すっかり更新をしなくなった卓上ジオラマに
桜を植えてみました。

桜はフォーリッジで作成してみたのですが、今ひとつかっこわるいので
ポポンデッタ製品を買ってしまいました。

財力に物を言わす。。。

DSC_1248.JPG

ビフォー

DSC_1250.JPG

アフターです。どこに桜が咲いたか分かりますでしょうか。。。

DSC_1258.JPG

レイアウト左隅。

DSC_1257.JPG

少し桜を入れてみました。

DSC_1262.JPG

ビフォー

DSC_1255.JPG

アフター

DSC_1261.JPG

ビフォー

DSC_1256.JPG

アフター

DSC_1263.JPG

ビフォー

DSC_1251.JPG

アフター

DSC_1259.JPG

連休初日はこんな感じでした。

行ってこようかな。。。






posted by もひょ at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

KATOのサウンドボックスを購入しちゃいました

久しぶりに鉄道模型グッズを購入しました。
以前にこのブログでも紹介した、かねてから欲しかったKATOのサウンドホックスです。
カードは付属の蒸気機関車のカードのみ。笑い

走らせたのはKATOのD51です。



Amazonで1万7000円。。開封の儀。

DSC_1205.JPG


DSC_1206.JPG


DSC_1207.JPG

完成。でも、これだけだと運転できない。
1〜6まであるボタンの意味はカードに付いているのですが、
ボタンの上にかぶせるようなシートがあればわかりやすかったのに。

DSC_1208.JPG

サウンドボックスと接続する為だけにKATOのパワーパックをヤフオクで落としました。
TOMIXのパワーパックとも接続できるらしいのですが、
今までKATOのパワーパックは入手したことが無いので一台ゲットしました。
中古だった為か、TOMIXと比較してハンドルが軽い。

DSC_1231.JPG

がっちゃんこ。接続。
いつものシャーという音ではなく、しゅっぽしゅっぽと、出る音を聞きながらの運転は、
汽笛の音と相まって、とっても良い感じです。

DSC_1235.JPG

本来はDCCにして機関車そのものから音が出れば良いのですが。。
Nゲージの大きさでは厳しそうですし、改造の腕もそこまで無いので。
手元から音が出る本システムはうれしいアイテムです。

今は出てないようなのですが、ディーゼル機関車の音も欲しいですね。






posted by もひょ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

KATOのNゲージ50周年 記念製品 C50を買っちゃいました

KATOのNゲージC50を買っちゃいました。

最初はC50のフォルムはあまり好きでは無いので買う気は無かったのですが、
アマゾンで15,000円まで下がっていたことと、KATOのNゲージ生誕50周年記念誌も、
もらえるので、良いかなぁと思い買っちゃいました。

C50が43系客車を牽引している動画。一緒に走っているのはトワイライトエクスプレスです。


パッケージはこんな感じ。重厚感がありGOODです。

DSC_9367.JPG

小冊子は、これまでのNゲージの歴史が紹介されています。

DSC_9369.JPG

DVDも付属してます。基本は小冊子の内容の動画版で、KATOとNゲージの歴史の紹介となります。

DSC_9368.JPG

もちろん、走らせてみました。
蒸気機関車は一面黒なので写真には撮りにくいですね。

DSC_9333.JPG


DSC_9337.JPG

今回、客死として引っ張ってもらったのはマイクロエース製品の43系客車です。
通常はKATOのD51が牽引していますが、今日はC50です。
牽引している様子は動画でどうぞ。

DSC_9366.JPG






posted by もひょ at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

第17回 国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきました

東京ビックサイトで行われた日本で一番大きな鉄道模型のイベント、
国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきましたので様子をアップします。

夏の鉄道模型三大イベント(鉄道模型ショウ鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンション)の
最後のイベントで、この3つが終わると今年の夏も終わった。。。という感じです。

DSC_8406.JPG

ちなみに、去年の第16回、一昨年の第15回、その前の第14回はそれぞれこちらで紹介しています。

今年も写真盛りだくさん・・というか、どれもこれも素晴らしいので取捨選択できないのです。(^_^)
写真は若干、各グループが入り交じってしまっているかもしれません。ごめんなさい。

今回もスマホで撮った動画をくっつけた行った気になる動画を作成しました。

行った気になる動画その1


行った気になる動画その2



アメリカ型など日本以外の車両も多いのがJAMの特徴ですね。

DSC_8408.JPG

車両の編成も大量に展示されていましたが。
HOも多いですね。ただ、自分は元々、ジオラマが好きなので写真はジオラマ中心です。

DSC_8409.JPG


DSC_8412.JPG


DSC_8421.JPG

↑を横から見たモノです。

DSC_8422.JPG

このような小さくて可愛らしいミニジオらも沢山展示されていました。

DSC_8413.JPG


DSC_8417.JPG

目線を下に持って行くとこんな感じです。
細かく作り込まれていると、ずっと見ていても飽きませんね。

DSC_8416.JPG


DSC_8427.JPG


DSC_8423.JPG


DSC_8426.JPG


DSC_8454.JPG

中心にあるケーブルカーも自動で上下に動いていました。
ちなみにゲージは6.5mmとのことですが、とてもスムーズに動いていました。

DSC_8436.JPG


DSC_8437.JPG


DSC_8450.JPG


DSC_8440.JPG


DSC_8449.JPG


DSC_8451.JPG


DSC_8453.JPG


次は、去年も展示されていたのですがお気に入りのジオラマです。
あまり大きくない面積に、色々な要素が詰め込まれていて、見ていて飽きないですね。

DSC_8441.JPG


DSC_8446.JPG


DSC_8720.JPG


DSC_8445.JPG


DSC_8722.JPG


DSC_8721.JPG


DSC_8444.JPG


DSC_8723.JPG





DSC_8443.JPG


DSC_8442.JPG


DSC_8456.JPG


DSC_8466.JPG


DSC_8467.JPG


DSC_8470.JPG


DSC_8462.JPG


DSC_8458.JPG


DSC_8476.JPG


DSC_8472.JPG


DSC_8482.JPG


DSC_8479.JPG

江ノ電をモチーフにしたジオラマは2つ出ていたと思います。
やはり、ジオラマの題材としても絵になるので人気ですね。

DSC_8521.JPG



DSC_8498.JPG


DSC_8518.JPG


DSC_8495.JPG


DSC_8499.JPG

こちらも素晴らしい。大きなアクリルのケースに入っているので上から全体を写すことは
出来なかったのですが(光って白っぽくなってしまう)、とても細かく丁寧に作られていて
見入ってしまう一品でした。

DSC_8491.JPG


DSC_8490.JPG


DSC_8488.JPG


DSC_8725.JPG


DSC_8728.JPG

御茶ノ水駅付近のジオラマですが、この面積を川にしてしまうとは、かなりの度胸です。

DSC_8527.JPG


DSC_8531.JPG


DSC_8528.JPG

今年も展示があったレゴで作成されたレイアウト。Lケージとのこと。
自分はあまりよく知らないのですがレールがプラスチックなので、おそらくバッテリーで走るんでしょうね。
リモコンみたいなモノで操作していました。
スピードはスケールから考えると少し速い感じですが、スムーズに気持ちよく走っていました。
動画にはモノレールが走る姿も少し入っています。

DSC_8535.JPG


DSC_8536.JPG


去年に続き、今年も展示されていた「木こり鉄道 しまなみライン」です。今年は少し拡張されていました。
ヨーロッパのリゾート風のイメージで世界観が統一されており見事。
LEDもふんだんに使われており、とても綺麗です。
海やプールもブルー光っており、是非夜景でも見たい作品です。

DSC_8508.JPG


DSC_8506.JPG


DSC_8516.JPG


DSC_8739.JPG


DSC_8514.JPG


DSC_8507.JPG


DSC_8510.JPG


DSC_8513.JPG


DSC_8743.JPG


DSC_8740.JPG


DSC_8741.JPG



DSC_8546.JPG


DSC_8549.JPG


DSC_8543.JPG


DSC_8541.JPG

次は、HOゲージのエンドレスに大阪の街並みが再現されているレイアウトです。

DSC_8553.JPG


DSC_8552.JPG


DSC_8554.JPG


DSC_8556.JPG


DSC_8555.JPG

次も江ノ電のレイアウトですね。

DSC_8565.JPG


DSC_8562.JPG



DSC_8564.JPG


DSC_8558.JPG


DSC_8560.JPG


DSC_8566.JPG

こちらのレイアウトは架線が素晴らしい。
ここまで張り巡らせるのは相当の気力が必要だと思います。

DSC_8599.JPG


DSC_8592.JPG


DSC_8591.JPG


DSC_8580.JPG


DSC_8575.JPG


DSC_8606.JPG


DSC_8577.JPG


DSC_8570.JPG


DSC_8576.JPG



DSC_8607.JPG


DSC_8617.JPG


DSC_8618.JPG


DSC_8616.JPG


DSC_8615.JPG

お〜この工場地帯は素晴らしい。ここまで密集して配置されていると気持ちいいです。

DSC_8627.JPG


DSC_8620.JPG


DSC_8628.JPG



DSC_8621.JPG

なんと、Nゲージオラマの中に5インチ(でしょうか?)の鉄道模型が!!
もの凄い小さいです。これを作成した作者は凄い。

DSC_8625.JPG


DSC_8626.JPG


DSC_8644.JPG


DSC_8643.JPG


DSC_8637.JPG


DSC_8638.JPG

列車の中にもちゃんとフィギュアが居ます。

DSC_8631.JPG


DSC_8632.JPG


DSC_8633.JPG

次は、今回初めて展示されたようです。
自分も初めて見ました。ベースは「昭和の鉄道模型を作る」とのことですが。。。全く別物。

DSC_8767.JPG

ちなみに、自分が作成した「昭和の鉄道模型」はこんな感じ。もちろん国際鉄道模型コンベンション非出展作品です。笑
参考までに講談社が出した「昭和の鉄道模型」を普通に作成した記事はこちら。

IMG_2658.JPG


で、展示された作品はこちら。全然違う〜。腕の差でここまで違っちゃうんですね。
確かにベースとなるレール配置は同じかも。笑


DSC_8752.JPG

出展されていた作品は横に拡張されていて、元のレイアウトの3倍程度の面積になっていました。
その中に、これまた統一された世界観のストラクチャが配置されています。
船とか廃屋とか、も〜凄すぎます。

DSC_8756.JPG

DSC_8770.JPG


DSC_8759.JPG


DSC_8765.JPG


DSC_8762.JPG


DSC_8758.JPG


DSC_8763.JPG


DSC_8760.JPG


DSC_8806.JPG


DSC_8773.JPG


DSC_8805.JPG


DSC_8802.JPG


DSC_8804.JPG


DSC_8800.JPG


DSC_8771.JPG


DSC_8770.JPG


DSC_8651.JPG


DSC_8648.JPG


DSC_8657.JPG


DSC_8656.JPG

豚さん。

DSC_8658.JPG


DSC_8659.JPG


DSC_8682.JPG


DSC_8662.JPG



DSC_8676.JPG


DSC_8677.JPG


DSC_8675.JPG


DSC_8674.JPG


DSC_8668.JPG


DSC_8673.JPG


DSC_8671.JPG


DSC_8669.JPG


DSC_8670.JPG


DSC_8667.JPG


DSC_8678.JPG


DSC_8701.JPG


DSC_8697.JPG


DSC_8696.JPG


DSC_8693.JPG


DSC_8685.JPG


DSC_8716.JPG


DSC_8684.JPG


DSC_8689.JPG


DSC_8681.JPG


DSC_8708.JPG


DSC_8729.JPG


DSC_8732.JPG


DSC_8733.JPG


DSC_8717.JPG



DSC_8775.JPG


DSC_8774.JPG


DSC_8796.JPG


DSC_8789.JPG


DSC_8810.JPG


DSC_8791.JPG


DSC_8778.JPG

ポケモンGOか?

DSC_8776.JPG


DSC_8814.JPG

次はメーカのブースです。こちらは軽〜くご紹介。
バンダイのBトレ。

DSC_8782.JPG

あら。連接車も出すんですね。凄い。

DSC_8783.JPG


DSC_8781.JPG

Zケージの展示。車両も増えてきました。
ただ、HOゲージの展示が多いここではNゲージですら小さく見えてしまい。。。
自分としてはサイズ的にはNが最小かな。

DSC_8788.JPG


DSC_8786.JPG

お子様に向けて空気で膨らましたSLも用意されていました。
この中には行って暴れることが出来る様です。

DSC_8532.JPG

これまでは物販エリアはまとまっていたのですが、
今年は物販エリアと展示エリアが入れ子的に配置されていました。
物販エリアが混雑するので、これはこれで良いような気がします。
ただ、ぽぽんでったのブースが「10%引き〜!!」と、叫んでおり実感うるさい。。。そんなに叫ばなくても人は入るでしょうに。
隣では模型に浸っている人も居るので少し気持ちを分かって欲しいのですが。。。

DSC_8815.JPG

今年はあまり買いませんでした。タオル一枚が戦利品です。
また、入場の印は去年に引き続きバッチとなりました。

DSC_8816.JPG





posted by もひょ at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

夏休みなので自宅でジオラマを広げてみた!! その3

夏休みに広げたジオラマ最終形態。(^_^)


片付けを意識して少しちっさくしました。

DSC_8370.JPG


最後に成田エクスプレスとスカイライナーを仲良く併走させてみました。



名残惜しい。。列車を片付ける前の最後の一周。

DSC_8375.JPG


DSC_8372.JPG


DSC_8371.JPG


列車を全てどけると意外と線路が多い。。この状態で線路をクリーニングします。

DSC_8388.JPG


最後はお片付けの為にバラバラに。

DSC_8390.JPG



この後は、ジオラマ収納用に構築したルミナススチールラックに綺麗に収まりました。


20140614_004201.jpg





posted by もひょ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

夏休みなので自宅でジオラマを広げてみた!! その2

前回に引き続き自宅のNゲージジオラマの紹介です。

前回から右下手前にヤードを追加しました。
これでも、持っている列車をドンドン走らせようとすると列車置き場が足りないんですよね。
右下に5両、中央左に4両を止めることが可能です。

DSC_8352.JPG

今回もLED化した室内灯を楽しむ為、夜景を撮影してみました。
暗がりで撮るとこんな感じです。
待避中の車両も室内灯を光らせれば良いのですが、TOMIXの完全切り替え形のポイントなので走行可能な車両しか光りません。

DSC_8334.JPG


昼間の明るい時の様子です。



少し夕暮れ、室内灯もLEDパワー炸裂で綺麗に見えています。




かなり暗い状況です。目立ちすぎ(^_^)ですが、イルミネーションみたいで好きです。



583系が若干ちらついちゃっているかな。。。。
結構頑張ってメンテナンスしてるんですけどね。
ちなみに、特急ゆけむりは連接台車なので(台車の数が半分なので)、そのままでは
ちらつきが半端ない為、4両を内部で結線してどの台車からでも給電出来る様にしています。


DSC_8347.JPG


DSC_8340.JPG


DSC_8346.JPG


DSC_8350.JPG


DSC_8343.JPG


DSC_8368.JPG


DSC_8363.JPG


DSC_8364.JPG


DSC_8317.JPG


DSC_8324.JPG


DSC_8355.JPG


DSC_8353.JPG


今回はこんなところで。次回最終形態になります。笑






posted by もひょ at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

夏休みなので自宅でNゲージのジオラマを広げてみた!!

夏休みに入ったので、時間もあるし、Nゲージのマイジオラマを広げてみました。

フルに広げるとこんな感じに立体交差で8の字になるのですが、
ちょっと大変なので今回は大きな楕円形止まりとしました。(^0^;)

LED照明化は過去の記事で紹介していますがブルトレとトワイライトをテープLEDを使用して改造しています。
動画を見てもらうと分かりますがブルトレは絶好調なのですがトワイライトはかなりちらついてしまっていました。
LEDを貼り付けた上部と、台車と床面の下部の間はバネで導通するようにしているのですが、少し甘かったようです。




レイアウト全体はこんな感じです。
八の字よりコースの長さが短いのですが何とか1トラックに2編成動かしても直ぐには追いつかない距離を確保できます。
手前右側にもヤードが接続できるのですが、まずは疲れたのでこの状態で遊びます。(^^;)

DSC_8312.JPG

今回は室内灯の光具合を見たかったので夜景中心に写真を撮ってしまいました。
手持ちの車両は変わり映えしないので、いつもの列車たちですいません。

DSC_8333.JPG

ブルートレインとスカイライナー。どちらもLEDなのでかなりはっきりと光っています。
実物と比較すると明るすぎると思いますが、イルミネーションみたいで綺麗なので気に入ってます。

DSC_8330.JPG


DSC_8329.JPG

はやとの風は少しオレンジ掛かった光です。
最近は3両では無く2両運用のみになっちゃったんだっけカナ?

DSC_8331.JPG


とりあえずレイアウトを作ったら持っている車両を制揃えさせてみます。

DSC_8323.JPG


DSC_8326.JPG


DSC_8316.JPG




DSC_8315.JPG





DSC_8314.JPG


DSC_8327.JPG






posted by もひょ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

鉄道コレクション(鉄コレ)にLED室内灯をつけてみました。めっちゃ明るいです。

去年のJAMで購入した鉄コレ用の動力ユニットがやっと再販されたので動力化してみました。
12m級の車両の動力ユニットは長い間、品切れでなかなか再販がなかったんですよ。
これでNゲージのジオラマで走らせることができるようになりました。

そのついでに室内灯もつけてみました。
といっても鉄コレ用の室内灯ユニットはないので前回、
ブルートレインの室内灯をLED化した時に使用したテープLEDを使用しました。

こんな感じでよい感じに光ってくれました。

DSC_8206.JPG


昼間の撮影ですが、ジオラマの地下部分なので室内灯が光っていることはよくわかります。


こちらは夜間の撮影+ブルーのライトアップバージョンです。



鉄コレ12m級列車用の動力はTM−03です。
コレがなかなかなかった。。。

DSC_8169.JPG


まぁ、中はモータと重り、集電もスプリングではないし、
たいしたことはないんですけどね。失礼。。

DSC_8176.JPG


テープLEDを使用した室内灯はこんな感じで自作しました。
スプリングはTOMIXのものです。
意外と簡単なので皆さんも試してみてください。

DSC_8189.JPG



自作のBとれようレイアウトにおいてみるとビッカリ。
なかなか、よい感じです。


DSC_8207.JPG

モータや重りなど動力部分が見えてしまうのは致し方なし。


DSC_8214.JPG




posted by もひょ at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする