2018年02月09日

Lゲージ(レゴの鉄道模型)購入&作成

以前、国際鉄道模型コンベンション(JAM)や、池袋鉄道模型芸術祭で
展示されていたレゴを使用した鉄道模型(Lゲージ?)が面白そうだったので、
基本的なセットを購入して作成してみました。

DSC_5590.JPG

購入したものは、車両、線路、コントローラが含まれたセットです。
価格は1万2千円くらい。。。

パッケージはこんな感じ。中々大きいです。

DSC_5390.JPG

DSC_5391.JPG

部品は。。。大人にとっては大したことが無い量。
作りやすいように、作成説明書は車両や駅など、大きな「括り」に別れており、
ブロックも、説明書に対応してビニール袋に別れています。

DSC_5416.JPG

組み立て説明書は、こんな感じで簡単です。
よく考えられていて、文字が全くありませんが、難なく組み立てが出来ます。

DSC_5588.JPG

DSC_5589.JPG


まずは、駅舎を作成してみました。もちろん、あっという間に完成。

DSC_5436.JPG

車両も次々作成。こちらも、あっという間。
なんか、もう少し長い間楽しみたいなという気分になってしまう。

DSC_5577.JPG

先頭車にモーター、電源、赤外線の受信部分などが搭載されます。

DSC_5578.JPG

中間車は中に座席があります。

DSC_5579.JPG


DSC_5580.JPG

出来た!
でも、線路が少ないので少し悲しい。

DSC_5574.JPG

DSC_5575.JPG

本格的に楽しみたいなら、線路は追加で買った方が良さそうです。
もしくは、プラバンや木材で作れるかも。。。

赤外線だと思いますが、リモコンで操作できるのも楽しいです。
スピードは、かなり早い速度まで出るので、最高速度にすると
このRでは遠心力で外側に吹っ飛びました。笑 (動画では撮りませんでしたけど)



車両はNゲージより遙かに大きいので、モノとしての存在感があります。
この大きさが結構な速さで走るので中々の迫力です。

自分で作ってみると、国際鉄道模型コンベンション(JAM)や、
池袋鉄道模型芸術祭で見たレイアウトのすごさが、より一層分かります。

このレベルにするには相当、大変そう。時間も費用も。。。笑

DSC_8535.JPG



それでは、アクセスありがとうございました。






posted by もひょ at 13:14 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

卓上レイアウトのホコリよけ(カバー)作成

以前から作成している卓上のNゲージレイアウト用のホコリよけカバーを作成してみました。

元々は↓こんな感じで、使わない時にはホコリよけとして黒い布をかぶせていました。

DSC_5408.JPG

アフター、四角いカバーを作成しました。

DSC_5407.JPG

骨組みは段ボールです。笑
加工しやすい木材を考えましたが、軽量化とコスト削減ということで。

DSC_5410.JPG

カバーの上には京都鉄道博物館で購入したタオルを利用。

DSC_5409.JPG

押入の中を走っている感じになりました。
受ける印象も少し変わって楽しいです。

DSC_5414.JPG


おまけ。ホコリの発生元。笑

DSC_2377.JPG





posted by もひょ at 12:10 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

木製Bトレ? 株式会社ウッディジョー「木の電車シリーズ」を作ってみました!

先日行われた全日本模型ホビーショーで購入した木の電車を作成してみましたので紹介します。

木製キット「懐かしの木造電車」です。

ちょうどBトレと同じくらいの大きさですが、材料は木材となり風合いが気に入ったので
購入して作成してみました。



マニュアルはカラー印刷です。元々、作り方は難しくありませんが、
さらにカラーなので凄くわかりやすいです。

DSC_4429.JPG

超簡単。木工用ボンドで部品を接着していくだけです。

DSC_4440.JPG

屋根の灰色部分はシールとなります。側面は茶色の薄い木の板を張っています。
ビューゲルっていうんですかね。パンタグラフは金属パーツです。
出入り口の下の梯子も付属の金属パーツです。

DSC_4442.JPG

動力はKATOの動力ユニットを使用します。
元々、キットメーカがKATOの動力ユニットを使用することを想定しているので
ぴったりとはまります。

DSC_4444.JPG

完成。ボンドを乾かす時間含めて2〜3時間といったところです。

DSC_4445.JPG


それでは、自宅のジオラマに乗せて撮影タイム。
毎度おなじみ、お試しで走らせる時はこのジオラマです。

DSC_4488.JPG

うーん。ジオラマの景色には、そこそこマッチしてイメージ的には悪くないかも。(^_^)

DSC_4455.JPG


DSC_4456.JPG


DSC_4457.JPG


DSC_4461.JPG


DSC_4463.JPG


DSC_4464.JPG


DSC_4466.JPG


DSC_4469.JPG


DSC_4476.JPG


DSC_4477.JPG


DSC_4478.JPG


ところで、このジオラマも少しずつ手を入れてまして。。。
ここからは新旧比較。どうでも良いことばかりですが。。。笑

ビフォー

a1.JPG

アフター。フィギュアと電信柱、小物を追加してみました。
色々、悩んで追加する割には、改めてみると、あまり変わり映えしない。。。

a2.JPG


ビフォー

b1.JPG

アフター。桜並木にフェンスが出来ました。フィギュアと軽トラ、自転車も配置。

b2.JPG

ビフォー

c1.JPG

アフター。レイアウト右側は未だに未完成。
どう処理しようかと思いましたが、結局は上に上がる小道とお参り所にしてしまいました。
うーん。少し変かなぁ。

c2.JPG

最後に駅前。ビフォー

e1.JPG

アフター。フィギュアの追加と、駅前や隊、バス停、電信柱、桜の木を追加。
少しは賑やかなイメージになったかと。

e2.JPG

あと、今回の撮影時には後ろにバックボードを立ててみました。
ディアゴスティーニだったか、マガジンに付いてくる付録でNゲージのジオラマが作成できるという奴の付録ですね。

DSC_4489.JPG






posted by もひょ at 14:54 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

アオシマのプラモデル DD51 完成しました! (T_T)


約2ヶ月掛かって、ついに完成させましたので報告します。

ただ、同じくDD51を作成されている方々と比べると。。。
かなり酷いもんでして。笑

その辺りは、素人が作るとこんなモンかという感じで見て頂ければと思います。

真横から見るとこんな感じ。
塗装、デカールがボロボロなのでアップには耐えませんが。。引きで見るとそこそこ。

DSC_3118.JPG

このプラモデルは内部構造も再現されています。
本物のメンテナンス時と同様にカバーが外れます。

DSC_3199.JPG


DSC_3098.JPG


DSC_3201.JPG


DSC_3120.JPG


DSC_3203.JPG

ちなみに、スケールは1/45のOJゲージとなっており、
Nケージと比べると大きさの差が凄い!!

DSC_3207.JPG


DSC_3206.JPG


ここらかはメイキング画像。
エンジンや台車も殆ど実車通りの構造。

DSC_2174.JPG

台車はブレーキロッドを動かして緩急させることが出来ます。
実車もバネの所はバネで再現。

DSC_2168.JPG

このプラモを組み立てて良かったことは、実車の構造が本当によく分かったこと。

DSC_2188.JPG

黒色のパーツもあるのに、なぜか台車は青色パーツやグレーパーツなので自分で塗る必要が。

DSC_2215.JPG

台枠もパーツの組み立て、色塗りが必要でした。

DSC_2210.JPG

この冷却の羽根はDD51らしい部分ですね。

DSC_2334.JPG

ここまで来ると別に作成した部品をのっけて、それらしくなってきます。
ちょっとうれしい。

DSC_2373.JPG


DSC_2337.JPG


DSC_2352.JPG

液体変速機、エンジン、油圧ポンプ、空気圧縮などが縦に綺麗に並んでいたんですね。
特に一番先頭部分って何が入っているのかと思いましたが、油圧や冷却系などだったんですね。
このプラモで初めて分かりました。

DSC_2358.JPG

エプロン部分は金属のパーツも使用します。

DSC_2403.JPG


DSC_2452.JPG

次は運転台。ここはへたくそには大変。
デカールは破けるし、塗り分けも難しいし。というか、細かいところは諦めたし。

DSC_2821.JPG

運転台の真ん中にあるのはスチームジェネレーターとのことでした。
夏は暑くて大変では?

DSC_2839.JPG


DSC_2842.JPG


DSC_2835~01.JPG

運転台や、今まで作成したパーツを取り付けて、ほぼ完成。

DSC_2455.JPG


DSC_2453~01.JPG

デカール張る前ですね。ここくらいが一番よかったのかも。。。

DSC_3011.JPG


DSC_3024.JPG


DSC_3023.JPG

最後にデカールを張ります。
破れるし、ちぎれるし、ずれるし、細かい部品(特に手すり)がポロポロ取れ出すし、も〜大変。
近くで見るとかなり、酷い状況。でも、遠目で見ればまぁまぁかな。笑


DSC_3099.JPG


DSC_3101.JPG


DSC_3108.JPG


DSC_3205.JPG


DSC_3110.JPG

DSC_3122.JPG

そこそこ大変でしたし、出来は「自分なりの出来」ですが、、完成させることが出来て良かったです。
なんといっても、内部の構造や仕組みが知れた事が良かったです。







posted by もひょ at 15:35 | Comment(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

久しぶりの卓上ジオラマ手入れ

走らせて遊べるようになってしまった為、すっかり更新をしなくなった卓上ジオラマに
桜を植えてみました。

桜はフォーリッジで作成してみたのですが、今ひとつかっこわるいので
ポポンデッタ製品を買ってしまいました。

財力に物を言わす。。。

DSC_1248.JPG

ビフォー

DSC_1250.JPG

アフターです。どこに桜が咲いたか分かりますでしょうか。。。

DSC_1258.JPG

レイアウト左隅。

DSC_1257.JPG

少し桜を入れてみました。

DSC_1262.JPG

ビフォー

DSC_1255.JPG

アフター

DSC_1261.JPG

ビフォー

DSC_1256.JPG

アフター

DSC_1263.JPG

ビフォー

DSC_1251.JPG

アフター

DSC_1259.JPG

連休初日はこんな感じでした。

行ってこようかな。。。






posted by もひょ at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

KATOのサウンドボックスを購入しちゃいました

久しぶりに鉄道模型グッズを購入しました。
以前にこのブログでも紹介した、かねてから欲しかったKATOのサウンドホックスです。
カードは付属の蒸気機関車のカードのみ。笑い

走らせたのはKATOのD51です。



Amazonで1万7000円。。開封の儀。

DSC_1205.JPG


DSC_1206.JPG


DSC_1207.JPG

完成。でも、これだけだと運転できない。
1〜6まであるボタンの意味はカードに付いているのですが、
ボタンの上にかぶせるようなシートがあればわかりやすかったのに。

DSC_1208.JPG

サウンドボックスと接続する為だけにKATOのパワーパックをヤフオクで落としました。
TOMIXのパワーパックとも接続できるらしいのですが、
今までKATOのパワーパックは入手したことが無いので一台ゲットしました。
中古だった為か、TOMIXと比較してハンドルが軽い。

DSC_1231.JPG

がっちゃんこ。接続。
いつものシャーという音ではなく、しゅっぽしゅっぽと、出る音を聞きながらの運転は、
汽笛の音と相まって、とっても良い感じです。

DSC_1235.JPG

本来はDCCにして機関車そのものから音が出れば良いのですが。。
Nゲージの大きさでは厳しそうですし、改造の腕もそこまで無いので。
手元から音が出る本システムはうれしいアイテムです。

今は出てないようなのですが、ディーゼル機関車の音も欲しいですね。






posted by もひょ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

KATOのNゲージ50周年 記念製品 C50を買っちゃいました

KATOのNゲージC50を買っちゃいました。

最初はC50のフォルムはあまり好きでは無いので買う気は無かったのですが、
アマゾンで15,000円まで下がっていたことと、KATOのNゲージ生誕50周年記念誌も、
もらえるので、良いかなぁと思い買っちゃいました。

C50が43系客車を牽引している動画。一緒に走っているのはトワイライトエクスプレスです。


パッケージはこんな感じ。重厚感がありGOODです。

DSC_9367.JPG

小冊子は、これまでのNゲージの歴史が紹介されています。

DSC_9369.JPG

DVDも付属してます。基本は小冊子の内容の動画版で、KATOとNゲージの歴史の紹介となります。

DSC_9368.JPG

もちろん、走らせてみました。
蒸気機関車は一面黒なので写真には撮りにくいですね。

DSC_9333.JPG


DSC_9337.JPG

今回、客死として引っ張ってもらったのはマイクロエース製品の43系客車です。
通常はKATOのD51が牽引していますが、今日はC50です。
牽引している様子は動画でどうぞ。

DSC_9366.JPG






posted by もひょ at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

第17回 国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきました

東京ビックサイトで行われた日本で一番大きな鉄道模型のイベント、
国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきましたので様子をアップします。

夏の鉄道模型三大イベント(鉄道模型ショウ鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンション)の
最後のイベントで、この3つが終わると今年の夏も終わった。。。という感じです。

DSC_8406.JPG

ちなみに、去年の第16回、一昨年の第15回、その前の第14回はそれぞれこちらで紹介しています。

今年も写真盛りだくさん・・というか、どれもこれも素晴らしいので取捨選択できないのです。(^_^)
写真は若干、各グループが入り交じってしまっているかもしれません。ごめんなさい。

今回もスマホで撮った動画をくっつけた行った気になる動画を作成しました。

行った気になる動画その1


行った気になる動画その2



アメリカ型など日本以外の車両も多いのがJAMの特徴ですね。

DSC_8408.JPG

車両の編成も大量に展示されていましたが。
HOも多いですね。ただ、自分は元々、ジオラマが好きなので写真はジオラマ中心です。

DSC_8409.JPG


DSC_8412.JPG


DSC_8421.JPG

↑を横から見たモノです。

DSC_8422.JPG

このような小さくて可愛らしいミニジオらも沢山展示されていました。

DSC_8413.JPG


DSC_8417.JPG

目線を下に持って行くとこんな感じです。
細かく作り込まれていると、ずっと見ていても飽きませんね。

DSC_8416.JPG


DSC_8427.JPG


DSC_8423.JPG


DSC_8426.JPG


DSC_8454.JPG

中心にあるケーブルカーも自動で上下に動いていました。
ちなみにゲージは6.5mmとのことですが、とてもスムーズに動いていました。

DSC_8436.JPG


DSC_8437.JPG


DSC_8450.JPG


DSC_8440.JPG


DSC_8449.JPG


DSC_8451.JPG


DSC_8453.JPG


次は、去年も展示されていたのですがお気に入りのジオラマです。
あまり大きくない面積に、色々な要素が詰め込まれていて、見ていて飽きないですね。

DSC_8441.JPG


DSC_8446.JPG


DSC_8720.JPG


DSC_8445.JPG


DSC_8722.JPG


DSC_8721.JPG


DSC_8444.JPG


DSC_8723.JPG





DSC_8443.JPG


DSC_8442.JPG


DSC_8456.JPG


DSC_8466.JPG


DSC_8467.JPG


DSC_8470.JPG


DSC_8462.JPG


DSC_8458.JPG


DSC_8476.JPG


DSC_8472.JPG


DSC_8482.JPG


DSC_8479.JPG

江ノ電をモチーフにしたジオラマは2つ出ていたと思います。
やはり、ジオラマの題材としても絵になるので人気ですね。

DSC_8521.JPG



DSC_8498.JPG


DSC_8518.JPG


DSC_8495.JPG


DSC_8499.JPG

こちらも素晴らしい。大きなアクリルのケースに入っているので上から全体を写すことは
出来なかったのですが(光って白っぽくなってしまう)、とても細かく丁寧に作られていて
見入ってしまう一品でした。

DSC_8491.JPG


DSC_8490.JPG


DSC_8488.JPG


DSC_8725.JPG


DSC_8728.JPG

御茶ノ水駅付近のジオラマですが、この面積を川にしてしまうとは、かなりの度胸です。

DSC_8527.JPG


DSC_8531.JPG


DSC_8528.JPG

今年も展示があったレゴで作成されたレイアウト。Lケージとのこと。
自分はあまりよく知らないのですがレールがプラスチックなので、おそらくバッテリーで走るんでしょうね。
リモコンみたいなモノで操作していました。
スピードはスケールから考えると少し速い感じですが、スムーズに気持ちよく走っていました。
動画にはモノレールが走る姿も少し入っています。

DSC_8535.JPG


DSC_8536.JPG


去年に続き、今年も展示されていた「木こり鉄道 しまなみライン」です。今年は少し拡張されていました。
ヨーロッパのリゾート風のイメージで世界観が統一されており見事。
LEDもふんだんに使われており、とても綺麗です。
海やプールもブルー光っており、是非夜景でも見たい作品です。

DSC_8508.JPG


DSC_8506.JPG


DSC_8516.JPG


DSC_8739.JPG


DSC_8514.JPG


DSC_8507.JPG


DSC_8510.JPG


DSC_8513.JPG


DSC_8743.JPG


DSC_8740.JPG


DSC_8741.JPG



DSC_8546.JPG


DSC_8549.JPG


DSC_8543.JPG


DSC_8541.JPG

次は、HOゲージのエンドレスに大阪の街並みが再現されているレイアウトです。

DSC_8553.JPG


DSC_8552.JPG


DSC_8554.JPG


DSC_8556.JPG


DSC_8555.JPG

次も江ノ電のレイアウトですね。

DSC_8565.JPG


DSC_8562.JPG



DSC_8564.JPG


DSC_8558.JPG


DSC_8560.JPG


DSC_8566.JPG

こちらのレイアウトは架線が素晴らしい。
ここまで張り巡らせるのは相当の気力が必要だと思います。

DSC_8599.JPG


DSC_8592.JPG


DSC_8591.JPG


DSC_8580.JPG


DSC_8575.JPG


DSC_8606.JPG


DSC_8577.JPG


DSC_8570.JPG


DSC_8576.JPG



DSC_8607.JPG


DSC_8617.JPG


DSC_8618.JPG


DSC_8616.JPG


DSC_8615.JPG

お〜この工場地帯は素晴らしい。ここまで密集して配置されていると気持ちいいです。

DSC_8627.JPG


DSC_8620.JPG


DSC_8628.JPG



DSC_8621.JPG

なんと、Nゲージオラマの中に5インチ(でしょうか?)の鉄道模型が!!
もの凄い小さいです。これを作成した作者は凄い。

DSC_8625.JPG


DSC_8626.JPG


DSC_8644.JPG


DSC_8643.JPG


DSC_8637.JPG


DSC_8638.JPG

列車の中にもちゃんとフィギュアが居ます。

DSC_8631.JPG


DSC_8632.JPG


DSC_8633.JPG

次は、今回初めて展示されたようです。
自分も初めて見ました。ベースは「昭和の鉄道模型を作る」とのことですが。。。全く別物。

DSC_8767.JPG

ちなみに、自分が作成した「昭和の鉄道模型」はこんな感じ。もちろん国際鉄道模型コンベンション非出展作品です。笑
参考までに講談社が出した「昭和の鉄道模型」を普通に作成した記事はこちら。

IMG_2658.JPG


で、展示された作品はこちら。全然違う〜。腕の差でここまで違っちゃうんですね。
確かにベースとなるレール配置は同じかも。笑


DSC_8752.JPG

出展されていた作品は横に拡張されていて、元のレイアウトの3倍程度の面積になっていました。
その中に、これまた統一された世界観のストラクチャが配置されています。
船とか廃屋とか、も〜凄すぎます。

DSC_8756.JPG

DSC_8770.JPG


DSC_8759.JPG


DSC_8765.JPG


DSC_8762.JPG


DSC_8758.JPG


DSC_8763.JPG


DSC_8760.JPG


DSC_8806.JPG


DSC_8773.JPG


DSC_8805.JPG


DSC_8802.JPG


DSC_8804.JPG


DSC_8800.JPG


DSC_8771.JPG


DSC_8770.JPG


DSC_8651.JPG


DSC_8648.JPG


DSC_8657.JPG


DSC_8656.JPG

豚さん。

DSC_8658.JPG


DSC_8659.JPG


DSC_8682.JPG


DSC_8662.JPG



DSC_8676.JPG


DSC_8677.JPG


DSC_8675.JPG


DSC_8674.JPG


DSC_8668.JPG


DSC_8673.JPG


DSC_8671.JPG


DSC_8669.JPG


DSC_8670.JPG


DSC_8667.JPG


DSC_8678.JPG


DSC_8701.JPG


DSC_8697.JPG


DSC_8696.JPG


DSC_8693.JPG


DSC_8685.JPG


DSC_8716.JPG


DSC_8684.JPG


DSC_8689.JPG


DSC_8681.JPG


DSC_8708.JPG


DSC_8729.JPG


DSC_8732.JPG


DSC_8733.JPG


DSC_8717.JPG



DSC_8775.JPG


DSC_8774.JPG


DSC_8796.JPG


DSC_8789.JPG


DSC_8810.JPG


DSC_8791.JPG


DSC_8778.JPG

ポケモンGOか?

DSC_8776.JPG


DSC_8814.JPG

次はメーカのブースです。こちらは軽〜くご紹介。
バンダイのBトレ。

DSC_8782.JPG

あら。連接車も出すんですね。凄い。

DSC_8783.JPG


DSC_8781.JPG

Zケージの展示。車両も増えてきました。
ただ、HOゲージの展示が多いここではNゲージですら小さく見えてしまい。。。
自分としてはサイズ的にはNが最小かな。

DSC_8788.JPG


DSC_8786.JPG

お子様に向けて空気で膨らましたSLも用意されていました。
この中には行って暴れることが出来る様です。

DSC_8532.JPG

これまでは物販エリアはまとまっていたのですが、
今年は物販エリアと展示エリアが入れ子的に配置されていました。
物販エリアが混雑するので、これはこれで良いような気がします。
ただ、ぽぽんでったのブースが「10%引き〜!!」と、叫んでおり実感うるさい。。。そんなに叫ばなくても人は入るでしょうに。
隣では模型に浸っている人も居るので少し気持ちを分かって欲しいのですが。。。

DSC_8815.JPG

今年はあまり買いませんでした。タオル一枚が戦利品です。
また、入場の印は去年に引き続きバッチとなりました。

DSC_8816.JPG





posted by もひょ at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

夏休みなので自宅でジオラマを広げてみた!! その3

夏休みに広げたジオラマ最終形態。(^_^)


片付けを意識して少しちっさくしました。

DSC_8370.JPG


最後に成田エクスプレスとスカイライナーを仲良く併走させてみました。



名残惜しい。。列車を片付ける前の最後の一周。

DSC_8375.JPG


DSC_8372.JPG


DSC_8371.JPG


列車を全てどけると意外と線路が多い。。この状態で線路をクリーニングします。

DSC_8388.JPG


最後はお片付けの為にバラバラに。

DSC_8390.JPG



この後は、ジオラマ収納用に構築したルミナススチールラックに綺麗に収まりました。


20140614_004201.jpg





posted by もひょ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

夏休みなので自宅でジオラマを広げてみた!! その2

前回に引き続き自宅のNゲージジオラマの紹介です。

前回から右下手前にヤードを追加しました。
これでも、持っている列車をドンドン走らせようとすると列車置き場が足りないんですよね。
右下に5両、中央左に4両を止めることが可能です。

DSC_8352.JPG

今回もLED化した室内灯を楽しむ為、夜景を撮影してみました。
暗がりで撮るとこんな感じです。
待避中の車両も室内灯を光らせれば良いのですが、TOMIXの完全切り替え形のポイントなので走行可能な車両しか光りません。

DSC_8334.JPG


昼間の明るい時の様子です。



少し夕暮れ、室内灯もLEDパワー炸裂で綺麗に見えています。




かなり暗い状況です。目立ちすぎ(^_^)ですが、イルミネーションみたいで好きです。



583系が若干ちらついちゃっているかな。。。。
結構頑張ってメンテナンスしてるんですけどね。
ちなみに、特急ゆけむりは連接台車なので(台車の数が半分なので)、そのままでは
ちらつきが半端ない為、4両を内部で結線してどの台車からでも給電出来る様にしています。


DSC_8347.JPG


DSC_8340.JPG


DSC_8346.JPG


DSC_8350.JPG


DSC_8343.JPG


DSC_8368.JPG


DSC_8363.JPG


DSC_8364.JPG


DSC_8317.JPG


DSC_8324.JPG


DSC_8355.JPG


DSC_8353.JPG


今回はこんなところで。次回最終形態になります。笑






posted by もひょ at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする