2016年12月23日

祐天寺にある鉄道ムードのカレー店ナイアガラに行ってきました

祐天寺にある鉄道模型がカレーを運んでくれるお店、ナイアガラに行ってきました。

テレビなどで紹介されていたので、いつかは行ってみたいなと思っていましたが、
ついに行ってきました。


駅前から少し離れた住宅街に入るかな〜というところにあるのですが、もの凄く目立ちます。
しかも、踏切がかんかん鳴っていました。

DSC_9238.JPG

ど真ん中に踏み切り、右の入り口のドアは、なんとブルトレ客車のドアで真ん中から折り曲がる奴です。

DSC_9242.JPG

店内は大きくないので、お客が多いときは外で待つことになりますが、待合室が「みどりの窓口」です。

DSC_9240.JPG


DSC_9239.JPG

代表的なメニューはこんな感じ。カレーだけではなくナポリタンもありました。

DSC_9243.JPG

店内は鉄道グッズで埋め尽くされています。

DSC_9249.JPG

お食事は鉄道模型が運んできてくれます。Gゲージかな。

DSC_9256.JPG


DSC_9263.JPG

我々は、カツカレーと野菜カレーを頼みました。どちらも美味しく頂きました。

DSC_9264.JPG

こちらはカウンター席。ボックス席が3つとカウンターがありました。
お一人様でもカウンターで食事することが出来ます。

DSC_9272.JPG



DSC_9273.JPG


DSC_9280.JPG


DSC_9279.JPG


とにかく鉄道グッズに溢れたお店で見ているだけでも楽しいです。






posted by もひょ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ホビーセンターカトーで行われた、ホビセンフェスティバルに行ってきました!

鉄道模型メーカーのKATOの東京ショールームで行われた、ホビセンフェスティバルに行ってきました。

内容は、KATOが主催している鉄道模型コンテンスとのプレゼンや新製品の紹介といったところです。


まずは、KATO東京ショールームの目印。

DSC_9089.JPG

会長さん、お亡くなりになったのですね。お花が添えられていました。

DSC_9090.JPG

買いたかったけど、結局買っていないKATO50周年記念品。

DSC_9091.JPG

ショールーム入り口付近にクリスマスのジオラマが展示されていました。

DSC_9092.JPG


DSC_9094.JPG


DSC_9093.JPG

催し物の会場は二階です。結構人が居ました。

DSC_9136.JPG

こんな感じで、上位入賞校が作成したジオラマのエピソードなどをプレゼンしていました。

DSC_9165.JPG

開発中の気動車のサウンドカードのデモ。

DSC_9128.JPG

最優秀賞のモジュール。選考にはかなり悩んだというお話も聞けました。
なお、このモジュールはその後にアメリカのコン点ストに出展されて、そこでも一位を取ったそうです。

DSC_9119.JPG


DSC_9122.JPG


DSC_9121.JPG

一畳レイアウト部門のトトロ。

DSC_9123.JPG


DSC_9125.JPG


DSC_9126.JPG

いつも上位に入る灘高校。作り込みの細かさが凄いです。

DSC_9114.JPG


DSC_9110.JPG


DSC_9115.JPG


DSC_9111.JPG


DSC_9118.JPG


DSC_9113.JPG

2階のHOレイアウトにも、結構列車が走っていました。


HOゲージを見ると、Nは小さいなぁ。。とHOゲージに惚れてしまい困ってしまう。

DSC_9185.JPG


DSC_9183.JPG


DSC_9130.JPG


DSC_9171.JPG

一階のNゲージレイアウトは、相変わらず凄いです。



DSC_9198.JPG


DSC_9138.JPG


DSC_9143.JPG


DSC_9139.JPG


DSC_9142.JPG


DSC_9140.JPG


DSC_9195.JPG


DSC_9152.JPG


DSC_9197.JPG


DSC_9149.JPG


一階の売り場も見せ方が楽しいです。

DSC_9141.JPG

TOMIXの商品も売っているんですよね。コレは凄いです。

DSC_9156.JPG


DSC_9145.JPG


DSC_9144.JPG


本日の戦利品。
クリアファイルはエヴァとKATOのコラボ商品。
右側の本はKATOではなく、通常の本屋で買ったのですが福島尚さんという方が書いた絵なのですが、
めちゃくちゃ緻密で写真と言われれば、そうかなぁ〜と思ってしまうクオリティです。

DSC_9228.JPG

ちなみに、中はこんな感じです。

DSC_9233.JPG

う〜ん。繊細です。

DSC_9232.JPG





posted by もひょ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

西新宿にあるHOゲージが走る喫茶店 KASHIWAGI CAFE に行ってきました

西新宿にあるHOゲージが走る珍しい喫茶店。
KASHIWAGI CAFE に行ってきました。




外観は中々おしゃれな感じ。テラス席もあります。

DSC_9206.JPG

喫茶店なので、ケーキセットもありますが、
意外としっかりした、パスタ系、アメリカンドックのようなサンドイッチ系などもあります。
もちろん、美味しい。

DSC_9208.JPG

EF66が走っていました。動画にもあるとおり、かなーりゆっくりで喫茶店の雰囲気にマッチしています。

DSC_9227.JPG

自分の列車を持って行って走らせることも出来る様です。
コースは楕円のエンドレスですが、飲み物を飲みながらゆったり目の前を走る姿を眺められるのは
いいですね。

DSC_9224.JPG


DSC_9212.JPG


DSC_9215.JPG

電車好きの為かな。何両かディスプレイされていました。

DSC_9221.JPG





posted by もひょ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

近鉄の観光特急しまかぜに乗ってきました

近鉄の観光特急しまかぜに乗って賢島に行ってきました。
しまかぜといえば、TOMIXからNゲージが出ていますが、今回は鉄道模型ネタは無しです。

まずは、近鉄名古屋駅で写真撮影。お〜ついに乗るぜ〜!

DSC_9108.JPG

座席は残念ながら先頭では無いのですが、先頭から二番目のシートです。

DSC_9140.JPG

席から立ち上がって写真を撮るとこんな感じ。

DSC_9135.JPG

正直なところ、前面展望は今ひとつかなぁ。
椅子が大きいし、運転席もガラスとガラスの間のフレームが太いのいで、
思った感じよりかはよく見えない。これは残念でした。

DSC_9127.JPG

乗り心地は快適。走りもスムーズで振動も少ないです。
自慢の本皮、マッサージ機能つきの椅子もゆったり座れて疲れません。
リクライニング、フットレストもボタンで電動で上下するし、カーテンまでボタンで電動で上下します。

DSC_9125.JPG

シートには車内販売のパンフや設備のご紹介のパンフがささっていました。

DSC_9142.JPG


DSC_9120.JPG

座席は、一つ一つが大きく座席の間隔も広くて気持ちいいです。

DSC_9145.JPG

名古屋からだと、宇治山田を超えるとかなり空いて、ガラガラと言っても良い状態。
鉄ちゃんなら、宇治山田から賢島まででも良いかも。撮影もし放題。

DSC_9149.JPG

先頭車両もガラガラです。賢島は人気が無いのか。。。。

DSC_9159.JPG

人が減ったので食堂車に行ってみました。先客は居ましたが、空いています。

DSC_9151.JPG

往路は松阪牛カレーを食べました。
うーん。美味しいんだけど、お肉はそんなに大きくないし値段は少し高いかなぁ。
まぁ、車内で食べるというプレミアム価格ですね。

DSC_9156.JPG

車窓はどうかというと、悪くは無いのですが、
時々、凄く近い位置に林や、住宅が現れて、目の前をぶっ飛んでいきます。
少し遠くを眺められるときは良いんですけどね。

DSC_9152.JPG

食堂車を出る頃には誰も居なくなっていました。

DSC_9157.JPG

そうこうしているうちに終点の賢島に到着。
賢島駅は近鉄の車両がいろいろ止まっていた素人が写真撮るのに最適。
しかも、終点の駅なので「くし型」。車両も正面からばっちり取れます。

DSC_9161.JPG


DSC_9166.JPG


DSC_9167.JPG

こんな写真が撮れるのも、終着駅ならではですね。


DSC_9170.JPG


DSC_9314.JPG


DSC_9324.JPG

賢島駅は、観光地としての特徴はあんまり無い普通の駅。

DSC_9173.JPG

折角なので、賢島では外からしまかぜを撮ってみました。

DSC_9308.JPG


DSC_9215.JPG


DSC_9211.JPG


賢島では一泊して帰りもしまかぜです。
帰りは一番最後尾でしたのでカーブでは窓から先頭車両を撮ることが出来ました。

DSC_9330.JPG

帰りはピラフです。松阪牛カレーとピラフを食べれれば満足。

DSC_9335.JPG

食堂車はダブルデッカーで自分は往復とも二階を利用したのですが一回もあります。ちょっと狭い感じ。

DSC_9332.JPG

今回の戦利品。パンフレットと乗車記念証はただ。キーホルダーは社内で購入してしまいました。

DSC_9340.JPG

最後に、賢島について。観光船の海賊船。

DSC_9231.JPG

宿泊したお宿からの風景。海は良いですね。

DSC_9256.JPG

お宿の食事。夕飯。

DSC_9291.JPG

お宿の食事。朝ご飯。

DSC_9297.JPG


以上、近鉄の観光特急しまかぜでした。





posted by もひょ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

湯河原にある西村京太郎記念館に行ってきました!

湯河原にある西村京太郎記念館に行ってきました。
西村京太郎さんとは、トラベルミステリーが有名な作家さんです。

湯河原にある記念館にはジオラマも展示されていると聞いていたので機会があれば行ってみたいなと思っていました。


DSC_9066.JPG

一階は喫茶店、二階が記念館となっています。
入館すると一階の喫茶店で飲み物が一杯分、頂けます。

DSC_9068.JPG

側面にはNゲージのコレクションが飾ってあります。

DSC_9072.JPG


DSC_9071.JPG


フロアの中心にNゲージのレイアウトが展示されています。
残念ながらガラスケース越しとなります。ホコリよけでしょうかね。

DSC_9077.JPG

台座にボタンがあって、押すと中の列車が走り出します。

DSC_9074.JPG

レイアウトは、山、湖、トンネル、街、とオーソドックスな作りです。

DSC_9080.JPG


DSC_9081.JPG


DSC_9082.JPG


DSC_9090.JPG


DSC_9093.JPG


DSC_9091.JPG


DSC_9107.JPG


DSC_9110.JPG


DSC_9116.JPG


DSC_9100.JPG

ストラクチャは見慣れたTOMIX中心。駅もレールもTOMIXですね。

DSC_9098.JPG

壁面には作品がずら〜っと並べられています。

DSC_9097.JPG

こんなに作品があったとは。凄いです。

DSC_9094.JPG

いろんな列車で事件をおこなしますからね。中々楽しいマップです。

DSC_9106.JPG


DSC_9102.JPG

踊り子、乗った〜

DSC_9104.JPG

カシオペア。乗れなかった〜

DSC_9103.JPG

館内には変なロボットがいます。
このロボットは床の上を動くことが可能で、お話をしながら移動して館内を案内をしてくれます。

DSC_9115.JPG

二階から一階を見下ろすと。。。殺人現場のようなオブジェが。

DSC_9117.JPG

ちなみに、湯河原までは往きは東海道線231系かな。但しグリーン車です。

DSC_9038.JPG

二階建てグリーン車に乗ると必ず二階にいきます。良い眺め。

DSC_9042.JPG


DSC_9055.JPG

帰りは185系。もうそろそろ引退しちゃうという噂なので記念に乗ってみました。
関東にずーっと住んでいるけど、一回も乗ったこと無かったので。

DSC_9179.JPG


DSC_9181.JPG

中は、やはり古い特急。笑
通勤電車のグリーンの方が乗り心地も良いですね。

DSC_9184.JPG

小田原駅で小田急ロマンスカーVSE発見。

DSC_9185.JPG


最後に湯河原グルメを。
初日の昼は駅前の一福庵で、湯河原が頑張って名物にしようとしているたんたん焼きそばを。
うーん。これはこれで美味しいけど、自分は普通のソース焼きそばの方が好きかな。笑

DSC_9057.JPG

夜はグリーン荘さん。舟盛りが1人1人にちゃんとあるのがうれしい。
ご飯は、おかわりし放題だけどおかずの量は普通かな。でも、お安いので十分納得、コスパ良好な宿です。

DSC_9146.JPG

翌日はグリーン荘近くの魚繁さんでお魚三昧。建物の一階が魚屋さんで下のメニューは2000円。
安いと思いますよ!

DSC_9170.JPG







posted by もひょ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする