2017年02月12日

ホビーセンターKATOで開催しているGフェスに行ってきました!

鉄道模型メーカKATOのショールーム「ホビーセンターKATO」で行われた
Gフェス2に行ってきました。

Gフェスの「G」の意味がよく分からないのですが、
鉄道模型クラブの方々のジオラマが展示されていました。


KATOショールームは、既に何回も行ったので軽〜く。

DSC_0368.JPG

一階の店舗フロア。新製品の紹介コーナー。

DSC_0414.JPG


DSC_0415.JPG

フロアの一階はNゲージ、HOゲージのジオラマが展示されています。

DSC_0419.JPG


DSC_0371.JPG


DSC_0378.JPG


DSC_0382.JPG

ここからがGフェスの様子となります。
JAMだったかな。以前にも見かけましたが、京急線のジオラマは、すんごく細かく丁寧です。

DSC_0384.JPG

架線も張られています。

DSC_0385.JPG


DSC_0386.JPG

屋上庭園も良い感じですね。こういう所まで作り込めるのが凄いです。

DSC_0403.JPG

次は、かなり濃密です。こじんまりとしていますが詰め込まれている感じがたまりません。

DSC_0405.JPG


DSC_0407.JPG


DSC_0406.JPG

坂が凄い。かなり急な坂道ですがバス(バスコレかな?)がすいすい進んでいきます。
街灯や駅の中の照明も綺麗です。

DSC_0408.JPG


DSC_0391.JPG


お次は長いプラットフォームのレイアウト。

DSC_0410.JPG


DSC_0411.JPG


DSC_0413.JPG


そのほか、皆さん色々な展示会で出展されているだけあって、素晴らしく見てて楽しいです。

DSC_0401.JPG


DSC_0398.JPG


DSC_0399.JPG


DSC_0397.JPG


DSC_0392.JPG


DSC_0393.JPG


DSC_0389.JPG


DSC_0394.JPG


DSC_0420.JPG


DSC_0387.JPG


最後に、本日ホビーセンターKATOに行ってきたもう一つの目的は、
「KATO Nゲージ生誕50周年記念誌」を頂きに行く事です。

KATOのNゲージ50周年記念作品C50の購入で付いてきたハガキを持って行くと
無料で記念誌を頂くことが出来るのです。

DSC_0423.JPG

体裁はかなり豪華。表紙は厚紙でしっかりしています。

DSC_0430.JPG

表紙の裏も凝っています。

DSC_0431.JPG


DSC_0433.JPG

中は、結構文章が多めで読み応えがありそうです。

DSC_0432.JPG


DSC_0434.JPG

厚い本なので、しおりの役割をする糸?が付いています。立派です。

DSC_0435.JPG








posted by もひょ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ヨコハマ鉄道模型フェスタ(2017年)に行ってきました

今年も横浜のランドマークで開催された「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」に行ってきました!!


思えば、随分行ってるもんだ。。

まぁ、正直、去年、一昨年とそんなに変わらないですねぇ。
でも、このイベントは無料ですしジオラマの夜景物楽しめるし、やっぱり行きたくなっちゃいますね。



DSC_0287.JPG

今年は土曜日の15時頃に入ったので、かなり会場は混雑していました。

DSC_0288.JPG

まずは、大ジオラマでは無く、各社の個別ブース。
グリーンマックスはいつもの電車このジオラマ。
出来が良いんですよね。

DSC_0295.JPG


DSC_0293.JPG

このジオラマもジオコレをふんだんに使用していますが良く出来ていますよね。
お手軽に(といったら失礼かな)これだけの物が出来るのだから凄い。

DSC_0290.JPG

次は、各メーカの大ジオラマ。

いつものKATOのジオラマ。
ヨコハマ鉄道模型フェスタは、お子様も多いので展示物にはロープが張られて少し遠くからしか見れないのが残念です。

DSC_0298.JPG

続いてグリーンマックス。こいつは、出来が良いですね。
いつも写真撮っちゃいますけど。。。毎回同じ写真なんですよね。
「いいな」って思うところが同じなんですよね。(^_^)

DSC_0307.JPG


DSC_0305.JPG


DSC_0306.JPG


DSC_0304.JPG

続いてTOMIXです。

こちらは、以前の全日本模型ホビーショーでも展示されていた車載カメラのデモを行っていました。

既存の商品はアナログですし、画像の乱れも多いですがこちらは、そんなことはありません。
ただ、VGA画質って少し小さい感じですよね。もう少し大きければなぁ〜
でも、カメラは外から見ても分からないくらい車両の中に内蔵していましたから凄いです。

トミックスは、その他にスピーカーが内蔵された島式ホームもアピールしていました。
久野知美さん司会のイベント(各社の新製品発表などのトーク)があるのですが、
その中で「出発進行」とか、発車ベルなどを鳴らしたデモを行っていました。
うーん。駅のアナウンス入らないかなぁ〜。これならKATOの走行音や運転音の方が自分にとっては楽しめそう。



DSC_0310.JPG


DSC_0308.JPG


DSC_0309.JPG


DSC_0347.JPG


DSC_0334.JPG


カツミのHOゲージのレイアウトも展示されていました。
こちらもいつも通りですね。

うーん。写真がイマイチでした。

DSC_0337.JPG

ストラクチャはNゲージの物ですが、やっぱり、ただ電車が走っているより、風景があった方が良いですよね。

DSC_0312.JPG

続いて、ヨコハマ鉄道模型フェスタの、目玉?、照明を落とした夜景です。

グリーンマックスのジオラマが一番綺麗、照明をふんだんに盛り込んでいます。

DSC_0302.JPG


DSC_0350.JPG


DSC_0353.JPG


DSC_0301.JPG


DSC_0351.JPG

メイン会場の外には販売ブースがあります。
こちらも混んでる〜

DSC_0317.JPG

「江ノ電はカツミ」と、力が入っていました。
でも、お高いんでしょう〜16万か〜。カツミは真鍮ですよね。高いのはしょうが無い。。

DSC_0318.JPG

グリーンマックスは、車両メインなんですがジオラマも良いですよね。
車両も映えます。

DSC_0324.JPG

DSC_0326.JPG

DSC_0327.JPG

TOMIXの販売ブース。

前述の新島式ホームと音声ユニットが展示されていました。

DSC_0328.JPG

こちら、以前の物からマイナーバージョンアップのようです。

DSC_0330.JPG

音声ユニット。

DSC_0329.JPG

最後にバンダイブースのBトレです。
今年は水戸岡さん押し。(^_^)

DSC_0332.JPG


DSC_0331.JPG

ヨコハマ鉄道模型フェスタはここで終了。
その後、隣の隣にあるカツミのショップに寄り道。

DSC_0358.JPG

ショップ前にHOゲージのレイアウトがあるんです。

DSC_0354.JPG


DSC_0356.JPG

ストラクチャは、おそらくHOの自作とNの既製品を良い感じに組み合わせています。

DSC_0357.JPG

DSC_0355.JPG

最後に、本日の戦利品。
マグネットとメモ帳程度で済みました。
その他は、パンフたくさん。

DSC_0359.JPG





posted by もひょ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

九州鉄道記念館に行ってきました〜!

前回の四国鉄道文化館に続き、門司港駅付近にある九州鉄道記念館に行ってきました!

関東からなので鉄道で行くのも遠く、時間がかかるので飛行機で、しかも日帰りという日程です。
といっても、飛行機のチケットは、二ヶ月前にとったので料金的には片道、
一万円程度と新幹線なら東京から名古屋に行く程度。

飛行機の旅は、それはそれでテンション上がりますね。

DSC_9946.JPG

窓際なので空からの羽田空港が丸見え。とっても見晴らしが良いです。

DSC_9953.JPG

関西付近は雪景色。東京〜北九州空路なのですが陸地の上が多く外の景色が楽しいです。

DSC_9959.JPG

北九州空港に到着後、バスで小倉駅に行きます。
小倉駅でモノレールを見かけちゃいました。

DSC_9982.JPG

乗りたいですが、残念ながら時間の関係で好き勝手に乗るわけにも行かず。。。写真のみです。

DSC_9980.JPG

電車で小倉から門司港駅に移動。長〜いホームの立派な駅です。
柱は木材とレールで作られていました。

DSC_9989.JPG

こちらも前回遊びに行った四国の高松駅と同じく頭端のホームなので電車が取りやすい。

DSC_9994.JPG

風流〜。

DSC_9990.JPG

0マイル碑もありました

DSC_9995.JPG

ホームがもの凄〜く長い!! 昔は長い編成の列車が到着していたのかな。

DSC_9998.JPG

まずは腹ごしらえ。朝早くに家を出たのでおなかが空きました。
門司は焼きカレーが有名だそうです。うーん。カレーを焼いた上にチームズが掛かっていてドリアみたい。

DSC_0014.JPG

九州鉄道記念館に到着。気持ち高まるエントランス。

DSC_0032.JPG

最初は96がお出迎え。

DSC_0040.JPG


DSC_0027.JPG

建物に入る前に、実車がドーンとお出迎え。
全車一列に並んでいます。

DSC_0046.JPG


DSC_0048.JPG

581は中も見学が出来ました。但し改造後なのでベットは畳まれたままです。

DSC_0059.JPG


DSC_0050.JPG

14系、こちらも寝台が2階になったものです。

DSC_0065.JPG

こちらが室内展示のある本館です。旧九州鉄道本社社屋とのこと。

DSC_0079.JPG

まずは、お目当ての鉄道模型ジオラマから。HOゲージです。

DSC_0082.JPG

まぁ、大きさはそんなに大きくありませんが施設の規模から言うと、悪くはありません。
ただ、下記のように椅子に座って見るのですが、ちょっと遠いい。
子供さんなんかはガラスの直前に張り付いてみることが出来ても良いと思うんですけどね。

DSC_0135.JPG

全景はこんな感じ。
背面のスクリーンに、ジオラマで走る列車の実施者映像やジオラマのカメラ映像が映ります。
走っている車両は九州の観光列車が多かったです。

DSC_0083.JPG

一時間に一回、演出走行がされます。

DSC_0087.JPG


DSC_0092.JPG


DSC_0091.JPG


DSC_0096.JPG


DSC_0097.JPG

ループ、スイッチバックも配置されています。
その中央はメンテナンス用の穴ですね。

DSC_0099.JPG


DSC_0102.JPG


DSC_0150.JPG


DSC_0154.JPG


DSC_0143.JPG


DSC_0151.JPG


DSC_0141.JPG


DSC_0132.JPG


建物の一階はジオラマの他にシミュレーションやお土産屋さんがあります。

DSC_0134.JPG


DSC_0137.JPG

続いて建物の二階に上がってジオラマ展示以外です。
お客さんは、多くないのでノビノビ見れます。

DSC_0114.JPG

九州を走る車両のパネルなど。

DSC_0084.JPG

鉄道模型(HOゲージ)を使用した展示もあります。

DSC_0105.JPG


DSC_0104.JPG

こちらはNゲージの展示。線路はKATOですね。
「つばめ」押しが凄いです。

DSC_0108.JPG

「つばめ」の名前を九州新幹線につけれたことがうれしかったのかな。

DSC_0116.JPG


DSC_0115.JPG

建物の外には実車展示の他に、ミニ列車が走っていました。
大宮の鉄道博物館にもあるやつですね。

DSC_0172.JPG


DSC_0167.JPG

これで九州鉄道記念館は終了。

再び門司港駅に帰ってきました。

DSC_0177.JPG

門司港駅の直ぐ近くは海です。

DSC_0213.JPG


DSC_0242.JPG

夜になって北九州空港に戻ってきました。

DSC_0250.JPG

飛行機からの夜景もとても綺麗でした。

DSC_0273.JPG

かなりの、駆け足でしたが九州を堪能できました。
ここ最近、随分遊びすぎたので、当分、遠出は控え得ます。(^_^)









posted by もひょ at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

サンライズ瀬戸で高松〜伊予西条の鉄道文化館見学

サンライズ出雲に続き、サンライズ瀬戸に乗ってきました。

目的地はサンライズ瀬戸の終点の高松から1時間半程度行った伊予西条にある四国鉄道文化館です。

この時期は、サンライズ瀬戸は高松・琴平行きです!

DSC_9383.JPG


DSC_9388.JPG

行き先幕もちゃんと高松・琴平。

DSC_9392.JPG

寝台列車の旅なので、前回同様ちゃんとお弁当を買って車内で頂きました。

DSC_9482.JPG

ぼーっと車窓を見ていると、スーピービュー踊り子が!
車内灯がついていたけど、回送列車だと思うんだけど。。。進行方向が同じ下り方向だったし。

DSC_9490.JPG

夜は興奮して中々寝なかったので朝は眠い。翌朝は早くに瀬戸大橋通過で四国に突入。

DSC_9531.JPG

7:27に高松駅到着。
自分はここで降りましたが、列車は折り返しで琴平まで行きます。

DSC_9544.JPG

関東人の自分には不思議な2ショット。

DSC_9555.JPG

高松駅は9面もプラットフォームがあるんですね。
しかも櫛形の頭端式。終着駅にふさわしいです。

DSC_9548.JPG

駅を外から。よくよく見ると、目と口があり何かのキャラに見えます。

DSC_9560.JPG

到着は7時台なので、四国鉄道文化館に行く前にお風呂に行って身支度することにしました。
前回は車内でシャワーを浴びましたが、今回は浴びなかったので。。

というわけで、「ことでん」に乗ってみました。こちらも頭端式フォームです。

DSC_9565.JPG


DSC_9586.JPG

天然温泉きららにとうちゃく。ひとっ風呂。

DSC_9575.JPG

高松駅周辺に戻り朝ご飯。せっかくだから讃岐うどん。
まぁ、チェーン店なんですけどね。

DSC_9591.JPG

でも、美味しかったです。

DSC_9593.JPG

再び高松駅に戻り、特急いしづちで伊予西条までいきます。

DSC_9595.JPG

隣にアンパンマン列車も停車していました。

DSC_9597.JPG

高松から出る特急って、途中で岡山から来た列車と連結するので前後で車両の形が違うんですね。

DSC_9599.JPG

伊予西条駅に到着。途中は殆ど寝ちゃってました。

DSC_9898.JPG

周辺は「鉄道歴史パーク in SAIJO」と言うらしく、北館、十河信二記念館、北館、観光交流センター(お土産屋さん)の
建物があります。

DSC_9744.JPG

それでは、駅の出口から直ぐには入れる北館からスタート。

DSC_9611.JPG

まず、多くの人のお目当てである新幹線0系とDF50の1番機。

DSC_9689.JPG

DF50は車内も丸見えで、自分としては結構楽しめました。
エンジン、発電機、コンプレッサーなど電気機関車より複雑です。
特に発電機は、こんなに大きいんだ〜というくらい大きい!

DSC_9662.JPG


ちょっと、気に入ってしまったので動画でぐるっと取ってしまいました。
興味のある人は、殆どいないでしょうけど。。。


運転室の床は木なんですね!!そこにちょっとびっくり。

DSC_9910.JPG

その他、こういうところにある、ちょっとした鉄道模型。
こちらはBトレとジオコレですね。

DSC_9641.JPG

HOゲージとNゲージ。

DSC_9631.JPG

こちらもミニレイアウト。TOMIX系のストラクチャ、レールで構成されていました。
おそらく、どなたか鉄道模型好きが作成した物なんでしょうね。
見慣れたTOMIXの田舎の駅舎も存在。

DSC_9648.JPG


DSC_9646.JPG

四国というと鉄道路線の交差が有名ですね。

DSC_9639.JPG


DSC_9640.JPG

駅弁のサンプルもありました。

DSC_9638.JPG

ちなみに、自分が目的の一つとして見たかったジオラマは北館にあるので、
ここは、さらっとみて、とっとと北館に行こうと思ったのですが。。。。

南館の片隅に追いやられていたレイアウトを見つけてしましました。寄贈品とのことです。

DSC_9621.JPG

ちょっとピンぼけですが、上からはこんな感じ。

DSC_9626.JPG

かなりボロボロですし、当然動かないのですが、じーっくり見ると、以外と出来が良いことに気がつきました。
左の立体交差は、作るのは中々大変だと思います。

DSC_9622.JPG

このビル群、殆ど紙で出来た手作りです。これだけのストラクチャを手作りするのは大変だったと思います。

DSC_9623.JPG

線路にはバラストはなく、剥がれているカ所もあり、もうボロボロですが、この高速道路などは良い感じです。

DSC_9695.JPG

ポイント切り替え機でしょうか。制御盤も自作されていました。

DSC_9625.JPG

全体の構成は右が都市部、左が山間部と理想的な作り。

DSC_9693.JPG

線路の配置は複雑で目で追ってもよく分からないところもあります。
走らせても楽しいレイアウトだったと思います。

写真ではわかりにくいですが路面電車の軌道も有り、真ん中の奥には、お城のような「レオマワールド」もあります。

DSC_9627.JPG

高架下も作り込みがされています。
左の駅舎もKATO製品に似ていますが自作だと思います。

DSC_9699.JPG

レイアウト正面の手前には長い直線の駅が配置されており列車がよく見えるつくりです。
ジオラマ作成に手慣れた方が作成したとお見受けしました。

DSC_9697.JPG


DSC_9696.JPG

立体的なレイアウトなので制作も大変だったと思います。

DSC_9701.JPG

川底、真ん中の路面軌道の道路、その上の線路、その上の高架線と立体的です。
写真ではよく見えませんが、建物の土台の足の部分が崖の面や、湖の面に突き出すなど
丁寧に作られています。

DSC_9710.JPG

上面からみると線路を縦横無尽に引いていル事が分かります。
但し、高さのあるストラクチャで隠していたりするので、全体の印象として
線路ばっかりという感じにはなっていません。

DSC_9911.JPG

右側は頭端のホームがありました。
制作者はこちらをヤードとして利用していたのかもしれませんね。

DSC_9703.JPG

ポイントはTOMIXの3線式のタイプでした。
といってもスイッチ形状を見ると一番古いタイプでも無いですね。

DSC_9706.JPG

古いレイアウトですが、この立体感と線路配置、自作ストラクチャに惚れました。

DSC_9914.JPG


DSC_9917.JPG

と、思いの外、気に入ってしまい、時間をかけてみてしまいました。
続いて、十河信二記念館です。
十河信二さんは、国鉄の総裁として新幹線の実現に尽力した方です。
お生まれが、この地、西条市という事で紹介されていました。

DSC_9610.JPG


DSC_9620.JPG


さて、ついにジオラマがある北館に移動です。
移動は線路を渡る為、上から全景を見渡せます。

DSC_9737.JPG

こちらが北館。作りが古民家のようで良い雰囲気です。

DSC_9894.JPG

北館の敷地内、駐車場を廻るような形で5インチ、3.5インチの線路が三線軌条により!!引かれています。
イベント時には、ミニ列車が走るでしょうね。これだけコースが広いと面白そうです。

DSC_9896.JPG

室内には実車の展示がされています。
C57とキハ、DE10となります。

DSC_9855.JPG


DSC_9857.JPG


DSC_9835.JPG

本物の石炭が置いてありました。

DSC_9843.JPG

各メータやバルブの名前が分かるように札が貼ってあるので親切です。

DSC_9841.JPG

外には信号機や標識などが展示されています。
DSC_9862.JPG


DSC_9863.JPG

室内はHOゲージの模型が沢山。

DSC_9786.JPG


DSC_9787.JPG

で、ここからがお目当てのジオラマです。
HOゲージ、KATOのユニトラックが使用されていました。
30分間隔で自動運転によるデモンストレーションが行われています。

動画も撮ってきましたので、雰囲気はこちらからどうぞ。


写真撮り過ぎました。取捨選択面倒くさいのでばーーーっと張っていきます。
大きすぎず、小さすぎず、ジオラマの直前まで行けるので見やすいです。

DSC_9750.JPG


DSC_9745.JPG

背面はプロジェクターでお月様や流れ星、花火などが映し出されます。

DSC_9747.JPG


DSC_9753.JPG


DSC_9754.JPG

ここら辺の木はKATOでも代理店販売しているNOHHOの木の様な気もします。

DSC_9748.JPG


DSC_9755.JPG


DSC_9758.JPG

伊予西条の駅前は、かなり忠実に再現されていました。

DSC_9765.JPG

よく見ると、気づいてしまう面白いシーンなどもあり、見つける楽しみもあります。

DSC_9774.JPG


DSC_9773.JPG


DSC_9768.JPG


DSC_9759.JPG

瀬戸大橋や伊予西条駅など、キーとなる建物は、既製品では無くこのジオラマの為に作成されています。

DSC_9763.JPG


DSC_9772.JPG


DSC_9761.JPG


DSC_9795.JPG


DSC_9794.JPG


DSC_9784.JPG


DSC_9792.JPG


DSC_9779.JPG

演出走行の合間は、見学者が運転出来る様でしたが、調整中のようでした。

DSC_9791.JPG

ここは、だんじりが有名なようで、だんじりのシーンが再現されています。

DSC_9781.JPG


DSC_9788.JPG


DSC_9813.JPG


DSC_9811.JPG

奥の小さい建物はNゲージ用の既製品が使われているようです。

DSC_9797.JPG


DSC_9801.JPG


DSC_9805.JPG


DSC_9796.JPG


DSC_9804.JPG


DSC_9798.JPG


DSC_9881.JPG


DSC_9875.JPG


DSC_9867.JPG


DSC_9823.JPG


DSC_9821.JPG


DSC_9870.JPG


DSC_9826.JPG


DSC_9817.JPG


DSC_9888.JPG


DSC_9887.JPG


DSC_9931.JPG


DSC_9928.JPG


DSC_9892.JPG


DSC_9921.JPG


DSC_9893.JPG


DSC_9920.JPG

伊予西条駅近くの喫茶店で遅い昼食を頂きました。

DSC_9900.JPG

観光支援センター内には、お土産や、鉄道グッズ、だんじりの展示があります。

DSC_9902.JPG


DSC_9905.JPG

高松駅に帰ってきたときには、もうまっくらです。

DSC_9939.JPG


DSC_9943.JPG

朝サンライズで到着した、その日の21:26に東京に帰りました。
0泊3日、但し車内泊2日といった感じです。

DSC_9946.JPG


DSC_9944.JPG


いつもの通り、写真が全然整理できませんでしたが、アクセスして頂きありがとうございました。





posted by もひょ at 17:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

KATOのNゲージ50周年 記念製品 C50を買っちゃいました

KATOのNゲージC50を買っちゃいました。

最初はC50のフォルムはあまり好きでは無いので買う気は無かったのですが、
アマゾンで15,000円まで下がっていたことと、KATOのNゲージ生誕50周年記念誌も、
もらえるので、良いかなぁと思い買っちゃいました。

C50が43系客車を牽引している動画。一緒に走っているのはトワイライトエクスプレスです。


パッケージはこんな感じ。重厚感がありGOODです。

DSC_9367.JPG

小冊子は、これまでのNゲージの歴史が紹介されています。

DSC_9369.JPG

DVDも付属してます。基本は小冊子の内容の動画版で、KATOとNゲージの歴史の紹介となります。

DSC_9368.JPG

もちろん、走らせてみました。
蒸気機関車は一面黒なので写真には撮りにくいですね。

DSC_9333.JPG


DSC_9337.JPG

今回、客死として引っ張ってもらったのはマイクロエース製品の43系客車です。
通常はKATOのD51が牽引していますが、今日はC50です。
牽引している様子は動画でどうぞ。

DSC_9366.JPG






posted by もひょ at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする