2016年10月02日

京都鉄道博物館に行ってきました

今年の4月にオープンした京都鉄道博物館に行ってきました!
鉄道模型やジオラマ関連を中心に紹介していきます。
まずはエントランス。格好いいです。

DSC_8428.JPG

このカットは雑誌やテレビでも紹介されていました。ついに自分もその場所に〜!

DSC_8429.JPG


DSC_8430.JPG

悲運?の液体式ディーゼル機関車DD54です。ご苦労様でした。

DSC_8436.JPG

このアングルは有名ですね。

DSC_8716.JPG

581/583系は大好きです。Nゲージも持っていますが実車は良いですねぇ。展示されているのは581でした。

DSC_8449.JPG

まずは、お目当ての大ジオラマです。



ジオラマブースの横に全体のレイアウトが図示されています。見どころが分かってうれしいです。

DSC_8571.JPG

右側面から。なが〜いです。スケールはもちろんHOです。

DSC_8572.JPG

右側面には貨物駅があります。

DSC_8574.JPG

おぉっ。JR系列の博物館にしては珍しく私鉄駅があります。
大宮のてっぱくも、名古屋のリニア・鉄道館もJRばかりで私鉄は無かったような。。。

DSC_8580.JPG

おぉっ。近鉄しまかぜ、いつかは乗りたい列車の一つです。

DSC_8583.JPG


DSC_8578.JPG

後で、もう少しアップの写真がありますが既製品のNゲージ用の建物も多く使われています。

DSC_8584.JPG

レイアウト左側には転車台も完備。
京都鉄道博物館を模しているというわけではなさそうです。

DSC_8594.JPG


DSC_8614.JPG


DSC_8587.JPG

カシオペアもいるのですが、なんでEF81なてんでしょう。。今年作成したならEF510なのでは?
しかも、京都鉄道博物館一押しのコンテンツ、トワイライトエクスプレスはいないし。。。悲しいです。

DSC_8585.JPG

やはり、博物館のジオラマは長さがとれるので駅が長く実感的です。
大宮てっぱくは関東付近を、名古屋リニア・鉄道館は関西〜関東をぎゅっと入れ込んだジオラマでしたが、
ここのジオラマは、どこかの場所を表しているという事はなさそうです。

DSC_8586.JPG


DSC_8588.JPG


DSC_8589.JPG


DSC_8591.JPG

残念ながらジオラマとの間にはアクリル板があります。

DSC_8596.JPG


DSC_8595.JPG

模型鉄として気になるのは制御盤。もちろん専用の制御盤で操作していました。
見ると大きく5系統あるみたいですね。

DSC_8598.JPG

次は少しアップの映像。
駅も少し寂しいですね。フィギュアも少なめです。左上のJRのビルもよくよく見ると、結構おおざっぱ。(^_^)

DSC_8604.JPG


DSC_8605.JPG

おぉ〜見覚えのあるKATOのビルですね。
Nゲージのスケールですが、これだけ大きなジオラマだと全く気になりません。
車のスケールと若干あってないですけどね。

DSC_8607.JPG

KATOとTOMIXの建物混在ですね。ジオコレもあますね。

DSC_8603.JPG


DSC_8602.JPG


DSC_8599.JPG

ショーが始まると照明が暗くなったり、明るくなったり、シーンに沿って列車を動かしてくれます。

DSC_8640.JPG

中央部分には見どころとなるシーンが映し出されます。

DSC_8643.JPG

駅付近のライトアップは綺麗。

DSC_8726.JPG

鑑賞の仕方として床が階段状になってお、前列はそこにお座り、最後尾はたってみるというスタイルです。
アナウンスもされていましたが、床に座る為、大人は目線がジオラマの地面少し上になりますが
お子様によっては見えにくいという事もあるようです。

DSC_8652.JPG


DSC_8644.JPG


DSC_8649.JPG


DSC_8727.JPG


DSC_8728.JPG


DSC_8729.JPG


さて、京都鉄道博物館の大ジオラマですが、とても広いです。
横から見ることが出来るところは大宮てっぱくとは違いますね。

ジオラマ大好き人間なのでショーは2回見てしまいました。\(^_^)/

ですが、他の施設と比べると、少し寂しい感じです。
若干、大きく作りすぎたのか、これといったランドマーク的な建物も見当たりませんし、
フィギュア、自動車も少なく街に賑やかさがありません。
架線はもちろん架線柱も無いので見晴らしは良いのですが、どこか寂しい感じです。


どうしても比較してしまうのですが、大宮てっぱくの方が、建物などはもう少し華やかです。
フィギュアや乗り物も、たくさん配置されていましたし地下に入っていくシーンも楽しめました。
また、側面からは見れませんが駅の屋根を透明のアクリルにするなど工夫もされていました。
また、こちらは床にぺたっと座りますが、大宮は椅子がありました。

大宮てっぱくの写真ですが、このように駅前は賑やかで駅屋根が透明なので車両も見やすいです。
DSC_7942.JPG

また、名古屋のリニア・鉄道館は、東京タワーやスカイツリー、
名古屋駅付近のビル(すいません名前は分からない)、大阪城、通天閣、グリコの看板など、
実物に似せたストラクチャーを多く配置して、あれはなんだとか、知っている建物を見つけるなど家族で楽しめる要素があります。
サンタクロースや、交通事故シーン、犬にかまれているシーンなど、よ〜く見ると笑えるシーンも豊富です。
また、海には沈没船があったり、夜景の演出も花火が上がるなど凝っていました。

名古屋リニア・鉄道館の写真 架線が張っているのも3大鉄道博物館ではここだけ。
DSC_8534.JPG

DSC_8591.JPG


ただ、名古屋のリニア・鉄道館は車両が新幹線が多く、車両好きには少し物足りない感じですけどね。
京都鉄道博物館は私鉄も含め色々な車両が出てきた点は◎です。
(ジオラマ後ろにサンライズも止まっていたのですが、ショーの間は何故か動かしてくれなかった。。残念。)

ジオラマ好きにとって、どこが一番かというと、3博物館の中では名古屋リニア・鉄道館かなと思いますが、
博物館以外を考えると敦賀赤レンガ倉庫だと思います。
ここは、博物館では無いので、沢山の車両を走らせるという宿命がなく条件が違うのですが、
敦賀の昔のイメージをかなり忠実に再現しつつ鉄道が楽しめるジオラマです。
自然物やストラクチャなどもかなり作り込まれていますのでジオラマ好きな方にはお勧めです。

敦賀赤レンガ倉庫のジオラマの写真。敦賀ジオラマのブログでの報告ページはこちら。
IMG_6352.JPG



さて、京都鉄道博物館に戻ります。
次は、ジオラマ的展示。お子様が運転出来る様になっている鉄道模型です。
ゲージは不明ですが大きさからOゲージのようでした。皆さん楽しそう。。

DSC_8569.JPG


DSC_8713.JPG


DSC_8715.JPG


DSC_8566.JPG


DSC_8568.JPG


この小さいジオラマと、一般展示されている蒸気機関の動く様子、
ED75のカットモデルの動画はこちらです。


ここからは、一般展示の内容となります。

まずは連絡線の展示。連絡線といえば青函連絡船が思いつくのですが、
さすが関西。宇高連絡船でした。Nゲージより小さいサイズなので列車は自作かなぁ。。。
もしくはZやTゲージ流用かなぁ。とても丁寧に作られています。

DSC_8491.JPG


DSC_8492.JPG


DSC_8493.JPG

この模型も内装まで作り込まれており、じっくり見たくなるジオラマです。

DSC_8479.JPG


DSC_8475.JPG


DSC_8486.JPG

DD51は実車展示されていますが、作りがわかりやすいように模型も展示されていました。

DSC_8513.JPG




DSC_8502.JPG

DMH17のカットモデルも展示。

DSC_8505.JPG


EF66も実社と模型の展示です。

DSC_8538.JPG

こういうカットモデル大好きです。

DSC_8531.JPG


DSC_8524.JPG


DSC_8525.JPG

電源車カニのカットモデル。趣味が分かるなぁ。。。

DSC_8482.JPG


DSC_8483.JPG


さらにED75のカットモデル。
これは動画にもいれましたが外枠?が上に上がって中が見えるようになるというギミック付きです。

DSC_8526.JPG


DSC_8527.JPG


DSC_8528.JPG

その他、説明の為に展示している車両は1/20が多かったです。
大好きなキハ82。

DSC_8481.JPG


DSC_8546.JPG


DSC_8542.JPG


DSC_8556.JPG


DSC_8545.JPG


HOゲージ、Nゲージを利用した展示もありました。
HOはきちんと1/80と、1/87の表記を使い分けていました。
このあたりは、さすが博物館?

西日本を走る車両はNゲージで紹介。

DSC_8496.JPG

新幹線はHO、縮尺は1/87。

DSC_8658.JPG

こちらもHOですが縮尺は1/80と表記されています。

DSC_8657.JPG


DSC_8629.JPG


DSC_8624.JPG


最後に、こんな展示も。

DSC_8461.JPG


DSC_8433.JPG


DSC_8553.JPG


なんと、鉄道模型としての展示も。
鉄道の趣味として、ライブスチームや、各ゲージの鉄道模型も展示。TOMIXやKATOのパッケージも!!

DSC_8615.JPG


DSC_8617.JPG


次は、第二の目的。
ついに乗れなかったトワイライトエクスプレスの見学です。

DSC_8697.JPG


DSC_8687.JPG

こちらは電源車。

DSC_8674.JPG


DSC_8675.JPG


DSC_8682.JPG


DSC_8693.JPG


最後は蒸気機関車の扇形車庫です。
まずは外を通って扇形車庫に向かいます。
この線路は壮観です。奥に京都タワーも見えて素晴らしい。

DSC_8672.JPG


DSC_8667.JPG

扇形車庫に到着。ここはリニュアール前、20年くらい前に一度来たことがあります。
すっかり忘れちゃってますけどね。
蒸気機関車好きにはたまらないと思います。

DSC_8730.JPG

これだけの蒸気機関車がそろっているのはここだけでしょう。


DSC_8738.JPG


DSC_8745.JPG


DSC_8739.JPG

DSC_8741.JPG


DSC_8746.JPG


DSC_8750.JPG


扇形車庫の中に梅小路機関区のジオラマが有り、中々出来が良いので沢山写真を撮ってしまいました。

DSC_8753.JPG


DSC_8756.JPG

扇形車庫って1本だけ後ろ側にも線路が延びていたんですね。

DSC_8757.JPG


DSC_8760.JPG


DSC_8755.JPG


DSC_8759.JPG


DSC_8761.JPG


DSC_8763.JPG


続いて旧二条駅舎に向かいます。
お土産屋さんだけかと思いきやす、少しですが展示物もありました。
梅小路蒸気機関車館時代からの展示品なのかもしれませんね。

DSC_8778.JPG


DSC_8774.JPG

好きなので、特にこれだけ別に写真を撮ってしまいました。

DSC_8777.JPG

そして、最後にあった蒸気機関車のジオラマ。
こちらはNゲージスケールでした。

DSC_8779.JPG


DSC_8781.JPG

線路はKATOのユニトラックっぽいですね。もう少し上手に処理して欲しかったです。

DSC_8785.JPG

から拭き屋根の建物は良い雰囲気です。

DSC_8784.JPG

跨線橋も良い感じです。

DSC_8780.JPG

ここで最後、お土産を買って旧二条駅を出ました。
とっても楽しかったです。

DSC_8788.JPG


さて、ここからは戦利品のお話。
今回はかなり買ってしまいました。
なんといってもトワイライト好きなのでトワイライトグッズ沢山です。

DSC_8825.JPG

風呂敷は、卓上レイアウトのホコリよけにしました。

DSC_8826.JPG

扇形車庫のみで販売しているという海洋堂作成のフィギュアです。
トワイライトもあるので、当たるように2つ買ってしまいました。1つ400円です。

DSC_8827.JPG

ぎゃ〜。なんてこった。EF58が二つ。。。。。

DSC_8828.JPG

その他、キーホルダーや置物、さらに大宮鉄道博物館で買った小物も一緒において写真を撮りました。

DSC_8834.JPG


今回も、写真が沢山になってしまいましたが、
アクセスして頂きありがとうございました。





posted by もひょ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

いすみ鉄道&小湊鐵道&房総中央鉄道館を巡って来ました

千葉県の大多喜にある「房総中央鉄道館」に行ってきました。
鉄道グッズやレイアウトがあるとHPにあったので以前から機会があったら寄ってみたいなと思っていました。

ルートは時計回りで、東京〜大原〜大多喜〜上総中野〜五井〜東京といった感じです。

まずは、外房線のわかしお号に乗り大原まで行きます。京葉線ホームから出発なので地下です。
ちなみに、自由席でしたがガラガラ。。。

DSC_8429.JPG

大原駅でいすみ鉄道ムーミン列車とご対面。

DSC_8460.JPG

地方鉄道なので乗る人は少ないのかなと思ったら、いすみ鉄道はかなりの混雑具合。
立っている人も居ました。車両も内装はとても綺麗です。
トイレも完備していました。いすみ鉄道はレストランキハというレストラン列車もあるからですかね。

先頭車から前面を撮った写真です。天気も良いし絶好の乗り鉄日より。

DSC_8462.JPG

ムーミン列車は社内にもムーミンのイラストがありました。

DSC_8464.JPG

この写真の中央付近にムーミンが居るらしいのですが。。。
肉眼ではスナフキンらしきものしか確認出来ませんでした。
列車はゆっくり走ってくれるのですが、車窓から見える範囲が広いので「どこだどこだ」で大変でした。

DSC_8469.JPG

風景は自然たっぷりです。
一口に自然と行っても色々な表情があるので車窓も開きません。

DSC_8471.JPG


DSC_8476.JPG

駅にもムーミンが。

DSC_8483.JPG

車窓に見とれていると大多喜駅に到着。

DSC_8486.JPG

こちらはレストランキハですかね。ムーミンではない列車もいらっしゃいました。

DSC_8490.JPG

駅舎外観。

DSC_8539.JPG


DSC_8548.JPG

房総中央鉄道館の外観は中々風情がある建物です。
大多喜は、このような風情のある建物が多く残っていて観光の一つになっているようです。

DSC_8497.JPG

房総中央鉄道館の中は、思った通りな感じで(^_^)、鉄道好きな方が趣味でやっているような所です。
鉄道グッズの販売と、レイアウトがあり、レイアウトは手前にNゲージ、奥にHOゲージでした。
ただ、奥は販売していないグッズの展示も有り写真は撮れないので見たい方は実際行ってみてください。




おぉ。TOMIXの初期のパワーパックがこんなにたくさん。。。

DSC_8500.JPG

メインのレイアウトのコースは長〜い楕円です。模型好きの人が趣味で遊んでいる感じ。(^_^)

DSC_8510.JPG


DSC_8509.JPG


DSC_8517.JPG


DSC_8501.JPG


DSC_8514.JPG


DSC_8502.JPG


DSC_8505.JPG


DSC_8503.JPG


DSC_8508.JPG

一通り楽しんだので小湊鐵道との乗換駅、上総中野に向かいます。今度はムーミンではない列車です。

DSC_8576.JPG

中は綺麗で新しいです。

DSC_8555.JPG


DSC_8556.JPG

相変わらず車窓は素晴らしい。大多喜から上総中野までは最後尾を陣取ることが出来たので後方展望がとれました。

DSC_8566.JPG


DSC_8562.JPG


DSC_8570.JPG


DSC_8565.JPG




上総中野駅に到着。この駅も良い駅ですね。ヤクルトの自動販売機がちょっと邪魔。(;.;)

DSC_8581.JPG


DSC_8583.JPG

ここで小湊鐵道に乗り換えです。
小湊鐵道は、車両の中は以前のままで扇風機+窓開け、綺麗とはいえませんが味はあります。

DSC_8578.JPG

DSC_8585.JPG

いすみ鉄道も、小湊鐵道も気動車なのでエンジン音が良い感じです。
両方とも揺れますね。鉄道に乗っているいう感じたっぷりです。
さらに、ガタンゴトンとちゃんと音がします。

小湊鐵道は扇風機なので少し熱いのですが、トンネルに入ると窓から涼しい風が入り込んで気持ちよいです。

DSC_8588.JPG

途中で小湊鐵道のトロッコ列車を発見。

DSC_8593.JPG

五井駅に到着。小湊鐵道の列車基地もあります。

DSC_8608.JPG

五井駅からは横須賀線直通・総武快速線に乗車。しかもグリーン。
最近の首都圏を走る通勤電車はロングレール化もあり、ガタンゴトンとは音がせずシューという音だけです。
でも、それはそれで気持ちいい。

DSC_8612.JPG


今日も一日、お疲れ様でした〜





posted by もひょ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

2016年 全日本模型ホビーショーに行ってきました

東京ビックサイトで開催されている全日本模型ホビーショーに行ってきました。

基本的には模型メーカーが多いんですが、鉄道模型メーカも出展しています。
事前に公開されている展示ブースの情報でTOMIXのブースが大きいなとは
思っていたのですが、かなり力を入れた展示をしていたので良い意味で驚きました。


それでは、まずはバンダイブースから。
バンダイといえばガンプラなのですがBトレも展示されていました。

DSC_8429.JPG


DSC_8431.JPG

ロマンスカーはちゃんと連接台車も再現していたんですね。

DSC_8432.JPG


MODEMOのブースはいつも通りの展示。(^_^)

DSC_8437.JPG


DSC_8438.JPG


DSC_8439.JPG


目玉?のTOMIXのブースで目を引いたのは40周年の記念展示。
考えてみるとKATOは50周年で負けているんですけどね。

このセットとか懐かしすぎる!! 子供の頃実際に店頭で売っていた時代を知っていますからね。欲しかった。。。

DSC_8458.JPG


緑のパワーパックは今でも持っています。

DSC_8456.JPG

今から30年前くらいに買った115系湘南電車を今でも走らせていますから、
鉄道模型って大事に使うとかなり持ちますよね。編成はKATO、TOMIX混成ですけど。

DSC_8462.JPG


DSC_8461.JPG


ネクストシリーズは高くてとても買えなかった。バブル期の商品ですね。

DSC_8460.JPG


新商品の情報も公開されていました。
商品そのものは、まだこれからのようですが、どうやら自動運転に関連するようです。

DSC_8488.JPG

下記を見ると、自動運転だけど、手動での運転も出来る様な書きっぷりです。
ただ、センサーによると書いているところがかなり不安。。。
TOMIXの踏切でセンサーを使いましたが感度が悪いというか安定しない。。。
感知してくれないときがあるんですよね。踏切が閉じっぱなしになったりとか。

DSC_8489.JPG


こちらは実際に開発中の商品が組み込まれたホームが展示されていました。
ただ、善し悪しといいますか。。。踏切もそうですが小さなレイアウトだと頻繁に鳴ってしまうので
結構うるさいんですよね。それで、そのうちOFFで使用する羽目になるという。。。

DSC_8490.JPG


こちらは車載カメラです。
TOMIXは今までアナログの商品だけでしたので、これはありがたいです。
動画データはwifiで飛ばすとのこと。

ページの上に方にリンクがある動画にも少し録画しているので、そちらも参考にしてみてください。
映像はVGA画質とのことです。あれ、640x480ってことでしょうか。ちょっと低すぎる気がしますが。。。

DSC_8479.JPG

こちらも参考出展されていた新ホーム。
LEDライト組み込みとのことです。オプションなのか、元々組み込まれているのかは不明です。

DSC_8478.JPG

少し前から常に展示されているコレですが、鉄コレの商品でした。
あれ、今までも書いてあったかな。1/80でHOナローということで9mmのNゲージの線路で走らせることが出来ます。

DSC_8470.JPG


DSC_8472.JPG


DSC_8469.JPG

うーん。ここらへんは実際に出すんですかね。売れるのかなぁ。。

DSC_8467.JPG


DSC_8466.JPG

展示会やショーがあると必ず出てくるレイアウトもありました。
今回は低い位置を走っていたので、ほぼ真上から見る形になります。

DSC_8451.JPG


DSC_8450.JPG

KATOのブースでは飯田線のジオラマがあったので社員に納めました。
動いている姿も動画に入っています。

DSC_8514.JPG

良いですねぇ。この眺め。

DSC_8515.JPG


マイクロエースはいつものジオラマで、いつも通り、高速で車両を走らせていました。(^_^)
気になったのは、ゆふいんの森ですね。欲しい〜というか、実車に乗りたい!

DSC_8508.JPG

年々増えてくるのがZけーじです。
周りには、やっている人はあまり居ないのですが、商品としてはラインナップも充実してきていますね。

DSC_8545.JPG

Zゲージでさらにショーティーという。。。

DSC_8552.JPG


DSC_8553.JPG


DSC_8556.JPG


DSC_8557.JPG

試作品とのことですがこれだけ、そろっているのは凄い。

DSC_8558.JPG

それでは、今日の戦利品です。
まずはパンフ沢山。歩いていると手渡されるのも多いです。

DSC_8563.JPG

そして、TOMIXの40年という記念本。1800円です。
トートバッグ?とシールも付いてきました。
実はAmazon で予約していたのですが先行発売していたのでキャンセルして入手してしまいました。

DSC_8422.JPG

中身をちらっと。
これまでのカタログに使われていたレイアウト写真なども入っており、文章と写真と、それぞれ楽しめました。

DSC_8565.JPG


DSC_8567.JPG

最初期製品パンフレットという事で、最初のパンフレットなのかな。
なかなか、面白かったです。

DSC_8566.JPG



ここからは、せっかくホビーショーに行ってきたので、鉄道とは関係ない写真を。

お城のプラモも好きです。意外とジオラマに通じるところがありますよね。
池とか、木とか、作り方は同じですからね。

DSC_8448.JPG

ホビーショーといえばガンブラ。

DSC_8428.JPG

これも昔ありましたね。懐かしいです。色塗りで失敗してこんなにかっこよく作れないんですよね。

DSC_8491.JPG

艦これネタ。実はゲームはやりこんでいるので。

DSC_8496.JPG


DSC_8493.JPG


DSC_8498.JPG


ここから4つは情景氏アラーキーさんの特別展示です。

DSC_8524.JPG


DSC_8528.JPG


DSC_8522.JPG


DSC_8526.JPG

スケールモデルなのかキャラクター商品なのか。。ガルパンもありました。

DSC_8539.JPG


DSC_8562.JPG

これは写真がうまく撮れなかったのですが潜水艦のスケルトンモデルで、船内も再現されていました。

DSC_8501.JPG


艦これの影響。。とうか、艦これ前からで戦艦、空母なども大好き。

DSC_8549.JPG


DSC_8551.JPG


DSC_8542.JPG


以上、ホビーショー訪問記でした。




posted by もひょ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ユーカリが丘線に乗ってきました!!

今回は鉄道模型ネタではありません。
千葉のユーカリが丘を走っているユーカリが丘線に乗ってきました。
不動産会社が運行している珍しい新交通システム?です。


料金は一律200円。駅の間は1.5分から2分という短さ。

DSC_8413.JPG


ユーカリが丘駅は起点駅なので車止めがあります。「σ」の字のような路線ですね。

DSC_8414.JPG


起点となるユーカリが丘駅はそこそこ広いですが、人が殆どおらずちょっと寂しい。

DSC_8423.JPG


DSC_8415.JPG


1時間に3本くらいです。いよいよ入線〜。

DSC_8417.JPG


DSC_8420.JPG


運転席はワンハンドルマスコンでした。
新交通システムっぽいですが、有人運転なんですね。


DSC_8422.JPG


駅前はショッピングセンターなどが並んでいますが、少し行くと住宅街、さらにいくと緑地が広がっています。
スピードもあんまり出さないので、のんびりのどかな感じ。

DSC_8428.JPG

乗っているとアップダウンもあり、モノレールみたいな感覚です。

DSC_8430.JPG

基本的に反時計回りで始発駅に帰ってくるので左カーブが多いです。

DSC_8431.JPG


始発駅の次のセンター駅ですが、駅は無人で結構幅が狭い。でもホームの柵は完備されています。

DSC_8433.JPG

高架線の上を走る区間は外から見るとモノレール。

DSC_8435.JPG


DSC_8436.JPG


お昼頃に乗りましたが乗客は数名、正直、バスでも良いのではと思えます。
路線が短いので、若者は自転車、買い物はマイカーを利用してしまうのかもしれません。

このままだと、かなり運営は厳しそうですが、不動産会社経営という事で街作りで得た利益で解消できているのかも
しれませんが、若干、行き先不安な感じでした。

珍しいし、面白いので、このままずっと走り続けて欲しいと思います。

DSC_8438.JPG











posted by もひょ at 13:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行(鉄道写真) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

第17回 国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきました

東京ビックサイトで行われた日本で一番大きな鉄道模型のイベント、
国際鉄道模型コンベンション(JAM)に行ってきましたので様子をアップします。

夏の鉄道模型三大イベント(鉄道模型ショウ鉄道模型コンテスト、国際鉄道模型コンベンション)の
最後のイベントで、この3つが終わると今年の夏も終わった。。。という感じです。

DSC_8406.JPG

ちなみに、去年の第16回、一昨年の第15回、その前の第14回はそれぞれこちらで紹介しています。

今年も写真盛りだくさん・・というか、どれもこれも素晴らしいので取捨選択できないのです。(^_^)
写真は若干、各グループが入り交じってしまっているかもしれません。ごめんなさい。

今回もスマホで撮った動画をくっつけた行った気になる動画を作成しました。

行った気になる動画その1


行った気になる動画その2



アメリカ型など日本以外の車両も多いのがJAMの特徴ですね。

DSC_8408.JPG

車両の編成も大量に展示されていましたが。
HOも多いですね。ただ、自分は元々、ジオラマが好きなので写真はジオラマ中心です。

DSC_8409.JPG


DSC_8412.JPG


DSC_8421.JPG

↑を横から見たモノです。

DSC_8422.JPG

このような小さくて可愛らしいミニジオらも沢山展示されていました。

DSC_8413.JPG


DSC_8417.JPG

目線を下に持って行くとこんな感じです。
細かく作り込まれていると、ずっと見ていても飽きませんね。

DSC_8416.JPG


DSC_8427.JPG


DSC_8423.JPG


DSC_8426.JPG


DSC_8454.JPG

中心にあるケーブルカーも自動で上下に動いていました。
ちなみにゲージは6.5mmとのことですが、とてもスムーズに動いていました。

DSC_8436.JPG


DSC_8437.JPG


DSC_8450.JPG


DSC_8440.JPG


DSC_8449.JPG


DSC_8451.JPG


DSC_8453.JPG


次は、去年も展示されていたのですがお気に入りのジオラマです。
あまり大きくない面積に、色々な要素が詰め込まれていて、見ていて飽きないですね。

DSC_8441.JPG


DSC_8446.JPG


DSC_8720.JPG


DSC_8445.JPG


DSC_8722.JPG


DSC_8721.JPG


DSC_8444.JPG


DSC_8723.JPG





DSC_8443.JPG


DSC_8442.JPG


DSC_8456.JPG


DSC_8466.JPG


DSC_8467.JPG


DSC_8470.JPG


DSC_8462.JPG


DSC_8458.JPG


DSC_8476.JPG


DSC_8472.JPG


DSC_8482.JPG


DSC_8479.JPG

江ノ電をモチーフにしたジオラマは2つ出ていたと思います。
やはり、ジオラマの題材としても絵になるので人気ですね。

DSC_8521.JPG



DSC_8498.JPG


DSC_8518.JPG


DSC_8495.JPG


DSC_8499.JPG

こちらも素晴らしい。大きなアクリルのケースに入っているので上から全体を写すことは
出来なかったのですが(光って白っぽくなってしまう)、とても細かく丁寧に作られていて
見入ってしまう一品でした。

DSC_8491.JPG


DSC_8490.JPG


DSC_8488.JPG


DSC_8725.JPG


DSC_8728.JPG

御茶ノ水駅付近のジオラマですが、この面積を川にしてしまうとは、かなりの度胸です。

DSC_8527.JPG


DSC_8531.JPG


DSC_8528.JPG

今年も展示があったレゴで作成されたレイアウト。Lケージとのこと。
自分はあまりよく知らないのですがレールがプラスチックなので、おそらくバッテリーで走るんでしょうね。
リモコンみたいなモノで操作していました。
スピードはスケールから考えると少し速い感じですが、スムーズに気持ちよく走っていました。
動画にはモノレールが走る姿も少し入っています。

DSC_8535.JPG


DSC_8536.JPG


去年に続き、今年も展示されていた「木こり鉄道 しまなみライン」です。今年は少し拡張されていました。
ヨーロッパのリゾート風のイメージで世界観が統一されており見事。
LEDもふんだんに使われており、とても綺麗です。
海やプールもブルー光っており、是非夜景でも見たい作品です。

DSC_8508.JPG


DSC_8506.JPG


DSC_8516.JPG


DSC_8739.JPG


DSC_8514.JPG


DSC_8507.JPG


DSC_8510.JPG


DSC_8513.JPG


DSC_8743.JPG


DSC_8740.JPG


DSC_8741.JPG



DSC_8546.JPG


DSC_8549.JPG


DSC_8543.JPG


DSC_8541.JPG

次は、HOゲージのエンドレスに大阪の街並みが再現されているレイアウトです。

DSC_8553.JPG


DSC_8552.JPG


DSC_8554.JPG


DSC_8556.JPG


DSC_8555.JPG

次も江ノ電のレイアウトですね。

DSC_8565.JPG


DSC_8562.JPG



DSC_8564.JPG


DSC_8558.JPG


DSC_8560.JPG


DSC_8566.JPG

こちらのレイアウトは架線が素晴らしい。
ここまで張り巡らせるのは相当の気力が必要だと思います。

DSC_8599.JPG


DSC_8592.JPG


DSC_8591.JPG


DSC_8580.JPG


DSC_8575.JPG


DSC_8606.JPG


DSC_8577.JPG


DSC_8570.JPG


DSC_8576.JPG



DSC_8607.JPG


DSC_8617.JPG


DSC_8618.JPG


DSC_8616.JPG


DSC_8615.JPG

お〜この工場地帯は素晴らしい。ここまで密集して配置されていると気持ちいいです。

DSC_8627.JPG


DSC_8620.JPG


DSC_8628.JPG



DSC_8621.JPG

なんと、Nゲージオラマの中に5インチ(でしょうか?)の鉄道模型が!!
もの凄い小さいです。これを作成した作者は凄い。

DSC_8625.JPG


DSC_8626.JPG


DSC_8644.JPG


DSC_8643.JPG


DSC_8637.JPG


DSC_8638.JPG

列車の中にもちゃんとフィギュアが居ます。

DSC_8631.JPG


DSC_8632.JPG


DSC_8633.JPG

次は、今回初めて展示されたようです。
自分も初めて見ました。ベースは「昭和の鉄道模型を作る」とのことですが。。。全く別物。

DSC_8767.JPG

ちなみに、自分が作成した「昭和の鉄道模型」はこんな感じ。もちろん国際鉄道模型コンベンション非出展作品です。笑
参考までに講談社が出した「昭和の鉄道模型」を普通に作成した記事はこちら。

IMG_2658.JPG


で、展示された作品はこちら。全然違う〜。腕の差でここまで違っちゃうんですね。
確かにベースとなるレール配置は同じかも。笑


DSC_8752.JPG

出展されていた作品は横に拡張されていて、元のレイアウトの3倍程度の面積になっていました。
その中に、これまた統一された世界観のストラクチャが配置されています。
船とか廃屋とか、も〜凄すぎます。

DSC_8756.JPG

DSC_8770.JPG


DSC_8759.JPG


DSC_8765.JPG


DSC_8762.JPG


DSC_8758.JPG


DSC_8763.JPG


DSC_8760.JPG


DSC_8806.JPG


DSC_8773.JPG


DSC_8805.JPG


DSC_8802.JPG


DSC_8804.JPG


DSC_8800.JPG


DSC_8771.JPG


DSC_8770.JPG


DSC_8651.JPG


DSC_8648.JPG


DSC_8657.JPG


DSC_8656.JPG

豚さん。

DSC_8658.JPG


DSC_8659.JPG


DSC_8682.JPG


DSC_8662.JPG



DSC_8676.JPG


DSC_8677.JPG


DSC_8675.JPG


DSC_8674.JPG


DSC_8668.JPG


DSC_8673.JPG


DSC_8671.JPG


DSC_8669.JPG


DSC_8670.JPG


DSC_8667.JPG


DSC_8678.JPG


DSC_8701.JPG


DSC_8697.JPG


DSC_8696.JPG


DSC_8693.JPG


DSC_8685.JPG


DSC_8716.JPG


DSC_8684.JPG


DSC_8689.JPG


DSC_8681.JPG


DSC_8708.JPG


DSC_8729.JPG


DSC_8732.JPG


DSC_8733.JPG


DSC_8717.JPG



DSC_8775.JPG


DSC_8774.JPG


DSC_8796.JPG


DSC_8789.JPG


DSC_8810.JPG


DSC_8791.JPG


DSC_8778.JPG

ポケモンGOか?

DSC_8776.JPG


DSC_8814.JPG

次はメーカのブースです。こちらは軽〜くご紹介。
バンダイのBトレ。

DSC_8782.JPG

あら。連接車も出すんですね。凄い。

DSC_8783.JPG


DSC_8781.JPG

Zケージの展示。車両も増えてきました。
ただ、HOゲージの展示が多いここではNゲージですら小さく見えてしまい。。。
自分としてはサイズ的にはNが最小かな。

DSC_8788.JPG


DSC_8786.JPG

お子様に向けて空気で膨らましたSLも用意されていました。
この中には行って暴れることが出来る様です。

DSC_8532.JPG

これまでは物販エリアはまとまっていたのですが、
今年は物販エリアと展示エリアが入れ子的に配置されていました。
物販エリアが混雑するので、これはこれで良いような気がします。
ただ、ぽぽんでったのブースが「10%引き〜!!」と、叫んでおり実感うるさい。。。そんなに叫ばなくても人は入るでしょうに。
隣では模型に浸っている人も居るので少し気持ちを分かって欲しいのですが。。。

DSC_8815.JPG

今年はあまり買いませんでした。タオル一枚が戦利品です。
また、入場の印は去年に引き続きバッチとなりました。

DSC_8816.JPG





posted by もひょ at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅ジオラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする